Attention:

Certain features of Sigma-Aldrich.com will be down for maintenance the evening of Friday August 18th starting at 8:00 pm CDT until Saturday August 19th at 12:01 pm CDT.   Please note that you still have telephone and email access to our local offices. We apologize for any inconvenience.

大気捕集

蒸気侵入モニター

大気捕集用充填チューブ、フィルター等

Supelcoは、蒸気浸入モニターと分析のため、加熱脱離チューブ、テドラーバック、ポンプ、標準試薬、有機溶媒、GCカラム、およびHPLCカラムなどのさまざまな製品を提供します。 Supelcoにより開発された高品質なカーボンなどの吸着剤技術により、蒸気侵入化合物を適切に捕集し分析できる製品を見つけられる事と思います。

目次
蒸気侵入とは
対象汚染化合物
大気捕集用製品と標準試薬
大気捕集アプリケーション
米国EPAメソッドと関係機関の情報
petrochemical-industry1
汚染土壌や汚染水からの蒸気侵入

back to top

蒸気浸入とは

蒸気侵入は、汚染地下水や汚染土壌から揮発性有機化合物(VOCs)や無機化合物が気相移動により屋内空間へ侵入するものと定義されます。 これらの蒸気侵入の問題は、居住者の健康リスクを引き起こします。 蒸気侵入現場の判定は、通常、屋内、周辺空気、土壌ガスおよび、地下水などを試料採取し「総合的に検証」します。


back to top

対象汚染化合物

  • ベンゼン、トルエン、エチルベンゼン、キシレン (BTEX)
  • 揮発性有機化合物(VOCs)-極性、無極性、塩化物-テトラクロロエチレン(PCE –“Perc”)、トリクロロエチレン(TCE)、ビニルクロライド(VC)、シス-1,2-ジクロロエタン(DCE)、トータル石油系炭化水素(TPH)、メチル ターシャリー エーテル(MTBE)
  • 多環芳香族(PAHs)
  • ポリ塩化ビフェニル(PCBs)&農薬
  • 他の一般的な汚染物質: アルデヒド、ケトン、およびアセトン

back to top

大気捕集用製品と標準測定法

製品/対象化合物質および米国EPAメソッド

汚染対象物質 US EPA メソッド 捕集器具 分析用用純物質
BTEX, MTBE and TPH TO-3 テドラーバック, ポンプ EPA Toxic Organic Mix 2A
農薬& PCB’s TO-4 A / TO-10 A ポリウレタンフォーム (PUF) EPA Organochloride Pesticide mix
アルデヒド&ケトン TO-5 / TO-11 インピンジャー EPA Aldehydes & Ketones
低濃度-多環芳香族 TO-13 A ポリウレタンフォーム(PUF) / XAD-2 EPA TCL PAH mix
無極性-VOCs TO-14 A - TO-14 SUMMA Canister Sampling
極性および無極性- VOCs TO-15 / 17 溶媒抽出チューブ TO-15 / 17 Standards
アルデヒド   加熱脱離チューブ
DNPH チューブ
拡散サンプラー (radiello® & DSD)
ORBO-65P, 65M
 
芳香族&塩化  VOC’s 8021B テドラーバック, ポンプ Method 8021 Standards

back to top

大気捕集アプリケーション

室内

住宅やビルの所有者は、一様に室内空気質について感心があります。 室内の空気は汚れていますか? そうだとすれば、蒸気侵入以外にも多くの要素が室内汚染を引き起こす可能性があり、発生源を特定するのは難しい作業です。 蒸気侵入以外のバックグランドにおける潜在的汚染源は、 ビル洗浄剤、絵の具、溶媒、新しいカーペット、建築材料、その他に含まれる化学物質、および、野外の空気などが考えられます。 通常、蒸気が建物に侵入する場合の汚染レベルは非常に低く、即座に危険ではありません。 ただし、一般的に室内の蒸気侵入に関する健康上の問題は、低レベル化学物質の長期被曝が大人達と特に子供にとって危険であると判明している点です。 汚染を評価する標準的は捕集時間は、24時間/住宅と8~12時間/職域です。

蒸気侵入と同様に、シック ビルディング シンドローム(SBS)やビルディング リレーテッド イルネス(BRI)が話題となります。 シック ビルディング シンドロームは、ビル入居者同士が同様の健康問題を経験するが、特異的原因は解明できません。 ビルディング リレーテッド イルネスは、健康問題を空気汚染物質の結果と関連づけ病気を診断します。

Supelcoは蒸気浸入、シック ビルディング シンドローム、ビルディング リレーテッド イルネスのための空気サンプリング製品を供給します。

室内大気捕集における拡散捕集法の利点

  • 操作が簡単、動作音がない
  • 高価な捕集装置が不要
  • SUMMAキャニスター法と同等以上の高感度
    (例: ベンゼンの測定比較 0.18 µg/m3 - radiello®7日間捕集  v.s. 3.4µg/m3 TO-15に従う1Lキャニスター分析)
  • ブレークスルーや飽和の心配が少ない
vapor-intrusion2

拡散サンプラーradiello

環境大気

室内の汚染物質測定に加えて、周囲(野外)の汚染源を特定するため、外部の化学物質濃度測定が必要です。 通常、サンプル捕集は24時間です。 対象の汚染物質は室内と屋外の両方で記録されます。 室内における屋外からの寄与を決定してください、室内濃度から屋外濃度を差し引きます。 このとき屋内濃度に蒸気侵入に関する評価を入れないようにしてください。

土壌ガス/蒸気捕集

土は、蒸気侵入汚染経路であるため蒸気侵入測定に含まれます。 土壌ガスモニターは廃棄物敷地条件の汚染源や土を通して汚染源を特定する迅速評価を提供します。 土壌ガスを抽出するために、ドライブ・ロッドを使い地面に穴を開けます。 そしてプローブを穴に差し込んでください。 このプローブに差し込んだ器具に大気試料を捕集します。

Supelcoは土壌ガスの捕集器具としてテドラーバックやポンプを提供しています。

vapor-intrusion3

土壌ガスのマイクロ ウェル

VOCsのモニターはradielloの拡散捕集サンプラーを穴へ差し込み達成することが出来ます(以下の図を参照してください)。

クロールスペースモニター

radielloの拡散サンプラーは、TO-17のキャニスター法を超える感度で対象汚染物質の低濃度測定が可能です。

土壌ガスのマイクロ ウェル 土壌ガスのクロールスペース
vapor-intrusion4 vapor-intrusion5
(写真提供: DMS Environmental Services, LLC)

back to top