Attention:

Certain features of Sigma-Aldrich.com will be down for maintenance the evening of Friday August 18th starting at 8:00 pm CDT until Saturday August 19th at 12:01 pm CDT.   Please note that you still have telephone and email access to our local offices. We apologize for any inconvenience.

誘導体化試薬

アルキルエステル化試薬

アルキル化とは、アルキル基(脂肪族又はアルキル芳香族)が試料の活性化官能基(-H)と置換する反応です。この置換反応により、誘導体化する前の化合物に比べ誘導体化した化合物の方が極性が低くなることが重要です。アルキル化試薬は、カルボン酸やフェノール類のような酸性の活性水素を持つ化合物の誘導体化に使用されます。

製品一覧

試薬選択ガイド

製品一覧

 

製品名 CAS No. 容量 Cat. No. 使用方法
BCl3 -2-Chloroethanol, 10% (w/w)
10% BCl3-2-クロロエタノール
  10 x 1mL  33056-U PDF (335 KB)
BCl3-Methanol, 12 % (w/w)
BCl3-メタノール
  20x1mL
20x2mL
400mL
33353
33089-U
33033
PDF (332 KB)
BF3-Methanol, 10 % (w/w)
BF3-メタノール
  19x2mL 
20x1mL
10x5mL
400mL
33020-U
33356
33040-U
33021
PDF (332 KB)
BF3-Ethanol (Boron trifluoride [~10% (~1.3 M)] in ethanol) 
BF3-エタノール
  10mL
100mL
05576-10ML-F
05576-100ML-F
 
BF3-Butanol, 10 % (w/w)
BF3-ブタノール
7637-07-2 10x5mL
100mL
33126-U
33125-U
PDF (337 KB)
Derivatizing agents, Set for GC: Alcohols with BF3 set contains: 
GC 用誘導体化剤 BF3アルコールセット
BF3-Methanol [~10% (~1.3 M)] 
BF3-Ethanol [~10% (~1.3 M)] 
BF3-1-Propanol [~14% (~2 M)] 
BF3-Butanol [~10% (~1.3 M)] 
  各10mL 69534-1SET-F  
Methanolic Base, 0.5N
メタノール性塩基
  30mL 
100mL
33352
33080
PDF (340 KB)
Methanolic HCl, 0.5N
メタノール塩酸(0.5N)
  20 x 1mL
10 x 5mL
33354
33095
PDF (329 KB)
Methanolic HCl  3 N, (HCl in methanol)
メタノール塩酸
7647-01-0  20x1mL
10x3mL
400mL
33355
33051
33050-U
PDF (329 KB)
Methanolic H2SO4, 10%, (H.SO. in methanol)
メタノール硫酸
7664-93-9  6x5mL  506516 PDF (329 KB)
HCl - ethanol solution 1.25M
エタノール塩酸
123864-74-4  50mL 
250mL
17934-50ML
17934-250ML
 
HCl - 1-Butanol solution 3 M
ブタノール塩酸
7647-01-0  50mL 
250mL
87472-50ML-F
87472-250ML-F
 
HCl . 2-propanol solution 1.25M
2-プロパノール塩酸
  50mL 
250mL
17933-50ML
17933-250ML
 
TMAH (Trimethylphenylammonium hydroxide), 0.2 M in methanol
0.2M 水酸化トリメチルアンモニウム,メタノール溶液
1899-02-1  10x1mL 
10mL
33358-U
33097-U
PDF (339 KB)
DMP (2,2-Dimethoxypropane)
2,2-ジメトキシプロパン
77-76-9  25g  33053  
Esterate M, (N,N-Dimethylformamide dimethyl acetal)
(DMF-DMA), 25% in pyridine
N,N-ジメチルホルムアミドジメチルアセタール,25% ピリジン溶液
4637-24-5  25mL  33140 PDF (330 KB)
18-Crown-6 (1,4,7,10,13,16-Hexaoxacyclooctadecane)
ヘキサオキサシクロオクタデカン
17455-13-9  25g  33003-U PDF (367 KB)
Methoxyamine HCl
メトキシアミン塩酸塩
593-56-6  5g  33045-U  
PFBBr (2,3,4,5,6-Pentafluorobenzoyl bromide)
ペンタフルオロベンゾイルブロマイド
1765-40-8  5g  33001 PDF (367 KB)
FID Alkyation Sampler Kit, (FID Alkyation サンプラーキット)
BF3-Methanol 3 × 1mL
Methanolic Base 3 × 1mL
Methanolic HCl (0.5N) 3 × 1mL
Methanolic HCl (3N) 3 × 1mL
TMAH, 0.2M in Methanol 3 × 1mL 
    505854 PDF (336 KB)

その他のアルキル化試薬

 

製品名 CAS No. 容量 Cat. No. 使用方法
PFBC (Pentafluorobenzyl chloride) ≧98.5%
ペンタフルオロベンジルクロライド
2251-50-5 1mL 76732-1ML  
PFBHA-HCl
(O-(2,3,4,5,6-Pentafluorobenzyl)hydroxylamine hydrochloride)
O-( 2,3,4,5,6-ペンタフルオロベンジル)ヒドロキシルアミン塩酸塩
57981-02-9  250mg
1g
76735-250MG
76735-1G
 
MBHFBA (N-Methyl-bis-heptafluorobutyramide)
N-メチル-bis-ヘプタフルオロブチルアミド 
73980-71-9 1mL 78268-1ML-F  
Butylboronic acid
ブチルボロン酸
4426-47-5 1g
5g
19667-1G
19667-5G
 
Pentafluoropropionic acid
ペンタフルオロプロピオン酸
422-64-0 10mL 77290-10ML  
(+/-)-α-Methoxy-α-trifluoromethylphenylacetic acid
(+/-)-α -メトキシ-α-トリフルオロメチルフェニル酢酸 
81655-41-6 5g 65371-5G  
HFIP (1,1,1,3,3,3-Hexafluoro-2-propanol)
1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロ-2-プロパノール 
920-66-1 10mL
50mL
52517-10ML
52517-50ML
 
2-Bromoacetophenone
2-ブロモアセトフェノン
70-11-1  10g
50g
77450-10G
77450-50G
 
Ethyl trifluoromethanesulfonate
エチルトリフルオロメタンスルホン酸
425-75-2 5mL 91734-5ML  
4-Bromophenacyl trifluoromethanesulfonate
4-ブロモフェナシル トリフルオロメタンスルホン酸塩
93128-04-2 50mg
250mg
41392-50MG-F
41392-250MG-F
 
2,2,6,6-Tetramethyl-3,5-heptanedione
2,2,6,6,-テトラメチル-3,5-ヘプタンジオン
1118-71-4 5mL 
25mL
87851-5ML
87851-25ML
 
2-Thenoyltrifluoroacetone
2-テノイルトリフルオロアセトン
326-91-0 5g
25g
88300-5G
88300-25G
 
2,3-Dihydroxy-biphenyl
2,3-ジヒドロキシ-ビフェニル
1133-63-7 100mg 17403-100MG  
TMSH (Trimethylsulfonium hydroxide),
水酸化トリメテルスルホニウム
0.25 M in methanol
17287-03-5 10 X 1ML 92732-10X1ML  

試薬選択ガイド

 

試薬名 用途・特長                                               対応官能基
ROH ArOH RCOOH RCC=OOR' R2NH O=RCCHR2 RSH
BCl3-2-Chloroethanol (10% w/w)    CAS No. BCl3 :10294-34-5  2-Chloroethanol :107-07-3
カルボン酸類のエステル化、ECD感度向上
カルボン酸エステル類のエステル交換、クロロエチルエステル化
フェノキシ酢酸系除草剤のクロロエチルエステル化
反応副生成物:水またはアルコール+BCl3
    (1) (1)      
BCl3-Methanol (12 % w/w)     CAS No. BCl3 :10294-34-5  Methanol :67-56-1  
短鎖脂肪酸のメチルエステル化
カルボン酸エステルのエステル交換によるメチル化
反応副生成物:水またはアルコール+BCl3
    (1) (1)      
BF3-Butanol (10% w/w)    CAS No. BF3 :7637-07-2  Butanol :71-36-3
短鎖(C1~C10)モノカルボン酸、ジカルボン酸類のn-ブチルエステル化
反応副生成物:水またはアルコール+BCF3
    (1) (2)      
BF3-Methanol  (10% w/w)    CAS No. BF3 :7637-07-2  Methanol :67-56-1  
最も汎用されているメチル化試薬。
脂肪酸及びカルボン酸エステルのメチルエステル化
反応副生成物は揮発性が高い
反応副生成物:水またはアルコール+BCF3
    (1) (1)      
Methanolic Base (0.5N)     Base=Na    CAS No. Na :7440-23-5  Methanol :67-56-1
グリセライド(モノ-、ジ-、トリ-)、糖脂質、スフィンゴ脂質等のエステル交換によるメチル化
反応副生成物:アルコール+NaOH(塩析必要)
    (2) (1)      
Methanolic HCl (0.5N + 3.0N)     CAS No. HCl :7647-01-0  Methanol :67-56-1  
C9以上の脂肪酸メチルエステル化
油脂(トリグリセライド)のエステル交換によるメチル化
反応副生成物:アルコール+HCl
    (1)        
Methanolic H2SO4  (10% v/v)     CAS No. H2SO4 :7664-93-9  Methanol :67-56-1  
脂肪酸類のエステル化
水道水塩素消毒副生成物のハロ酢酸類のメチルエステル化
(US EPA 552.1及び552.2手法指定法)
反応副生成物:アルコール+硫酸
    (1) (2)      
Esterate M DMF-Dimethylacetalの調製済みピリジン溶液    CAS No. DMF-DMA :4637-24-5  Methanol :110-86-1
脂肪酸のメチル化
フェノール類のメチルエーテル化
一級アミンのN,N'-ジメチルアミノメチレン誘導体化
チオール類の二硫化物化
水酸基とは反応しない
反応終了後、反応液をそのままGCに注入できる
反応副生成物:メタノール+DMF
(1) (1)   (1)   (1)  
TMAH (Trimethylphenylammonium hydroxide), 0.2 M in methanol
エステル交換によるメチル化、オンカラムメチル化が行える
置換可能なプロトンを持つ窒素分子をメチル化する
バルビタール酸のN-メチル誘導体生成に多用されている
ピリジン塩基や各種鎮静剤成分、アルカロイドのメチル化
フェノール、脂肪酸のメチルエステル化
油脂(トリグリセライド)構成脂肪酸のエステル交換、メチル化
反応副生成物:水、メタノール、アルコール
(1) (1) (1) (1) (1)   (1)
PFBBr  2,3,4,5,6-Pentafluorobenzoyl bromide    CAS No.1765-40-8
フェノール、カルボン酸、スルホンアミド、メルカプタン類のECD検出用誘導体化。   (1) (1)   (1)   (1)
18-Crown-6 1,4,7,10,13,16-Hexaoxacyclooctadecane    CAS No.17455-13-9
PFBBrと共にフェノールのペンタフルオロベンジルフェノール誘導体調製に使用。
(US EPA 604手法記載) 
  (2)'          

(1) 単独、あるいは適切な溶媒、触媒との共用で誘導体化が可能
(2) 触媒や他の誘導体化試薬との共用で誘導体化が行えるが、反応性や収率の面から多用されていない
(2)' 触媒や他の誘導体化試薬との共用で誘導体化が行える
(3) GC分析用試料の誘導体化には殆ど用いられない

その他のアルキル化剤(カップリング剤、硼素化剤、オキシム化剤)

   

試薬名 用途・特長                                                対応官能基
ROH ArOH RCOOH RCC=OOR' R2NH O=RCCHR2 RSH
DMP (2,2-Dimethoxypropane)  カップリング剤
カップリングによるメチル化、その他カップリング剤として用いるカルボン酸のメチル化(DIMSOを溶媒としている)   (1) (1)   (1)   (1)
NBB (n-ButylBronic acid) 硼素化剤
アミノ酸、ヒドロキシ酸、ジオール等のα、β-位を有する化合物の感情硼素誘導体による熱安定性の向上、単一ピークの確保   (1) (1)        
O-Methoxyamine HCl  オキシム化剤
シリル化に先立ち、ケトステロイド、コルチコステロイド中のケト基保護の為のオキシム化、エノール生成の防止     (1)     (1)  
その他 PFBBr (2,3,4,5,6-Pentafluorobenzoyl bromide) 、18-Crown-6 (1,4,7,10,13,16-Hexaoxacyclooctadecane) アシル化参照

(1) 単独、あるいは適切な溶媒、触媒との共用で誘導体化が可能

back to top