誘導体化試薬

シリル化試薬

シリル化法は、ガスクロマトグラフィー(GC)分析において最も広く利用されている誘導体化法である。シリル化は、標的化合物の活性水素がアルキルシリル基に、多くの場合トリメチルシリル(TMS)に置換される。一般に、シリル化誘導体は、誘導体化前の化合物よりも揮発性が高く、極性が低く、熱的に安定である。
シリル化誘導体は、標的化合物が有する-OH、-COOH、=NH、-NH2及び-SH基中の活性水素の置換によって形成される。

製品一覧

試薬選択ガイド

製品一覧

 

製品名 CAS No. 容量 Cat. No. 使用方法
BSA (N,O-Bis(trimethylsilyl)acetamide)
N,O-ビス( トリメチルシリル)アセトアミド
10416-59-8 144 x 0.1mL
20 x 1mL
25ml
33035-U
33036
33037-U
PDF (346 KB)
BSA+TMCS, 5:1 (SYLON BT)   20X1mL 
25mL
33018
33019-U
PDF (350 KB)
BSA+TMCS+TMSI, 3:2:3 (SYLON BTZ)   144 x 0.1mL
20 x 1mL
25ml
33151
33030
33031-U
PDF (354 KB)
BSTFA (N,O-Bis(trimethylsilyl)trifluoroacetamide) 
N,O-ビス( トリメチルシリル)トリフルオロアセトアミド
25561-30-2  144 x 0.1mL
20 x 1mL
25ml
33084
33024
33027
PDF (347 KB)
BSTFA + TMCS, 99:1 (SYLONBFT)     144 x 0.1mL
20 x 1mL
25mL
50mL
33154-U
33148
33155-U
33149-U
PDF (349 KB)
Silylating mixture III TMSI/BSTFA/TMCS (3:3:2)
  10mL  85433-10ML  
HMDS  999-97-3  30mL
100mL
33350-U
33011
PDF (345 KB)
HMDS+TMCS, 3:1 (SYLON HT)   20 x 1mL  33046 PDF (347 KB)
HMDS+TMCS+PYRIDINE, 3:1:9 (SYLON HTP)   20 x 1mL 
25mL
33038
33039
PDF (349 KB)
MSTFA
(N-Methyl-N-(trimethylsilyl)trifluoroacetamide) ≧98.5% (GC) 
N-メチル-N-(トリメチルシリル)トリフルオロアセトアミド
24589-78-4  5mL 
10mL
25mL
69479-5ML
69480-10ML
69479-25ML
 
MSTFA activated I
(activated with ethanethiol and ammonium iodide)
  5mL 
25mL
50992-5ML-F
50992-25ML-F
 
MSTFA activated II (activated with trimethylsily-ethanethiol)    5mL  44156-5ML-F  
MSTFA activated III (activated with imidazole)     5mL  12124-5ML-F  
MSTFA + TMCS (99:1) 24589-78-4  1mL 
5mL
69478-1ML-F
69478-5ML-F
 
MSHFBA (N-Methyl-N-trimethylsilylheptafluorobutyramide)
N-メチル-N-トリメチルシリルヘプタフルオロブチルアミド
53296-64-3  1mL 
5mL
69484-1ML
69484-5ML
 
MTBSTFA (N-tert-Butyldimethylsilyl-N-methyltrifluoroacetamide) 
N-tert-ブチルジメチルシリル-N-メチルトリフルオロアセトアミド
77377-52-7  1mL 
5mL
25mL
19915-1ML
19915-5ML
19915-25ML
  
MTBSTFA + TBDMSCl (99:1)
(N-tert-Butyldimethylsilyl-N-methyltrifluoroacetamide with 1 % tert- Butyldimethylchlorosilane)
N-tert-ブチルジメチルシリル-N-メチルトリフルオロアセトアミドwith 1% tert-ブチルジメチルクロロシラン
77377-52-7  1mL 
5mL
19918-1ML
19918-5ML
  
TFA (Trifluoroacetic acid) 
トリフルオロ酢酸
76-05-1 10 x 1mL 
25mL
100mL
33077
33075
33076
PDF (328 KB)
TMCS (Chlorotrimethylsilane)
クロロトリメチルシラン
75-77-4  100mL 
500mL
33014
92360-500ML
PDF (344 KB)
TESCl (Chlorotriethylsilane) 
クロロトリエチルシラン
994-30-9  50mL  90383-50ML  
TMSI (Trimethylsilylimidazole) 
トリメチルシリルイミダゾール
18156-74-6  25mL 
250mL
33068-U
92751-250ML
PDF (341 KB)
TMSI+Pyridine, 1:4 (SYLON TP) 
TMSI + ピリジン
8077-35-8  20 x 1mL 
25mL
33159-U
33156-U
PDF (341 KB)
TBDMSIM (tert-Butyldimethylsilylimidazole) in DMF
tert-ブチルジメチルシリル)イミダゾール
54925-64-3  10 x 1mL
1mL
5mL
33092-U
19920-1ML
19920-5ML
PDF (348 KB)
Silylation Sampler Kit, ( シリル化サンプラーキット)
BSA 3 × 1mL
BSTFA 3 × 1mL
BSTFA + TMCS, 99:1 (Sylon BFT) 3 × 1mL
HMDS + TMCS, 3:1 (Sylon HT) 3 × 1mL
TMSI 3 × 1mL
    505846 PDF (337 KB)

その他のシリル化試薬

 

製品名     CAS No. 容量 Cat. No. 使用方法
BSC (N,O-Bis(trimethylsilyl)carbamate)
N,O-ビストリメチルシリルカルバメート
35342-88-2 10g 15236-10G  
BSU (N,N'-Bis(trimethylsilyl)urea)
N,N'-ビストリメチルシリル尿素 
18297-63-7 250g 15248-250G  
N,N-Bis(trimethylsilyl)methylamine
N,N-ビストリメチルシリルメチルアミン
920-68-3 50mL 15235-50ML  
Bis(dimethylamino)dimethylsilane
ビスジメチルアミノジメチルシラン 
3768-58-9 100mL 14755-100ML  
HMDSO (Hexamethyldisiloxane)
ヘキサメチルジシロキサン 
107-46-0 100mL
500mL
52630-100ML
52630-500ML
 
TMSDMA (N,N-Dimethyltrimethylsilylamine)
N,N-ジメチルトリメチルシリルアミン
2083-91-2 10mL
50mL
41720-10ML
41720-50ML
 
TMBS (Bromotrimethylsilane)
ブロモトリメチルシラン
2857-97-8 5mL
25mL
100mL
92337-5ML
92337-25ML
92337-100ML
 
TIPSCl (Chlorotriisopropylsilane)
クロロトリイソプロピルシリル 
13154-24-0 5mL
25mL
92090-5ML
92090-25ML
 
TPDMDS (1,3-Dimethyl-1,1,3,3-tetraphenyldisilazane)
1,3-ジメチル-1,1,3,3-テトラフェニルジシラザン
7453-26-1 10g 41663-10G  
DPTMDS (1,1,3,3-Tetramethyl-1,3-diphenyldisilazane)
1,1,3,3-テトラメチル-1-3-ジフェニルジシラザン
3449-26-1 10mL
50mL
43340-10ML
43340-50ML
 
Chlorodimethyl(pentafluorophenyl)silane
クロロジメチル( ペンタフルオロフェニル)シラン
20082-71-7 5mL 76750-5ML  

ガラス器具およびGC充填剤の不活性化用シリル化試薬

 

製品名 CAS No. 容量 Cat. No. 使用方法
Sylon CT®(5% dimethyldichlorosilane in toluene)
5% ジメチルジクロロシラン in トルエン
75-78-5 400mL 33065-U PDF (329 KB)
Rejuv-8™ Silylating reagent   25mL  33059-U PDF (336 KB)

試薬選択ガイド

【一般的な試薬、官能基の反応の強さ】
TMSI>BSTFA>BSA>TMCS>HMDS
官能基
アルコール>フェノール>カルボン酸>アミン>アミド

【使用溶媒例と特性】
アセトニトリル:アミノ酸反応時期。BSAとの共用
DMF:混合性が悪い、ジオキサン混合で用いる
ピリジン:触媒としても働く。ピーク妨害となる事がある

 

試薬名 用途・特長                     対応官能基
ROH ArOH RCOOH R2NH
DMDCS Dichlorodimethylsilane CAS No. 75-78-5        
ガラス器具やクロマトグラフィー用担体の不活性化、反応時重合する。
反応副生物:HCl
(3)         
HMDS 1,1,1,3,3,3-hexamethyldisilazane CAS No. 999-97-3        
糖類および糖関連物質のシリル化。TMCSと共用する事が多い。
GC担体不活性化にも使用された(HMDS処理)が現在は一般的でない。
反応副生物:NH3
(1) (1)        
BSA N,O-Bis(trimethylsilyl)acetamide CAS No. 10416-59-8        
高い反応性を持ち、アミノ基と水酸基を同時にシリル化できる。
アルコール類、アミン類、カルボン酸、フェノール類、ステロイド、生体アミンや、アルカロイド等のシリル化に用いられる。
一般的には中性反応物質に対して有効。
反応溶媒:ピリジン、DMFが有効反応副生物:CH3CONH2
(1) (1) (1) (2)
BSTFA N,O-Bis(trimethylsilyl)trifluoroacetamide CAS No. 25561-30-2        
反応が高く、試薬及び副生成物はBSAより揮発性が高いため、クロマトグラム上で目的物質ピークの妨害となる事が少ない。
フッ素を含有するため、FIDで弗化水素を生成し、検出器の汚れが少ない。
アルコール、アミン、カルボン酸、フェノール、ステロイド等のシリル化。
TMCSを添加する事で、アミンや立体障害の水酸基の誘導体化も可能となる。
溶媒としての働きも持ち、別途溶媒を必要とせずにシリル化試薬の機能が果せる。
反応副生物:CF3CONH2
(1) (1) (1) (2)
TMCS Chlorotrimethylsilane CAS No. 75-77-4        
温和なシリル化が可能な万能試薬。他のシリル化試薬と併用されることが多い。
大気中で加水分解し、HClを発生。
反応副生物:HCl
(1) (1) (1)    
TMSI Trimethylsilylimidazole CAS No. 18156-74-6        
反応性が高い。障害の有無に関わらず糖類やステロイドを誘導体化。
カルボン酸、水酸基を極めて早く反応するが、アミン類、アミド類とは反応しない。
反応副生物:Imidazole
(1) (1) (1)    
TBDMSIM tert-Butyldimethylsilylimidazole CAS No. 54925-64-3        
誘導体はTMSエーテルより加水分解を起こしにくく、より安定している。
反応時にHClを生成しない。
反応溶媒:DMF(製品はDMF溶液)
反応副生物:Imidazole
     (1) (1)     
TFA  Trifluoroacetic acid CAS No. 76-05-1        
単独で誘導体化剤としては通常用いない。少量をシリル化時の触媒として用いる。
HMDSと共用して糖のシリル化などに多用される。
(2)' (2)' (2)'   
その他
TFA (Trifluoroacetic acid):アシル化剤、糖類のシリル化では触媒として用いる。
MTBSTFA (N-tert-Butyldimethylsilyl-N-methyltrifluoroacetamide)
MSTFA (N-Methyl-N-(trimethylsilyl)trifluoroacetamide)       
 

(1) 単独、あるいは適切な溶媒、触媒との共用で誘導体化が可能
(2) 触媒や他の誘導体化試薬との共用で誘導体化が行えるが、反応性や収率の面から多用されていない
(2)' 触媒や他の誘導体化試薬との共用で誘導体化が行える
(3) GC分析用試料の誘導体化には殆ど用いられない

back to top