分析用試薬/溶媒

GCヘッドスペース分析用溶媒&スタンダード

USP及びPh.Eur. の残留溶媒スタンダード

ICHガイドラインに記述されている残留溶媒は、個々のクラス(Ⅰ、ⅡおよびⅢ)により分類された3種の混合物を分析します。
弊社はこの用途のために検量用スタンダードを開発しました。様々な組み合わせと濃度で調整するカスタムスタンダードも製造可能です。

残留溶媒分析用キャピラリーGCカラム[3]

単一のカラムではICHガイドラインに記載されている全61種の溶媒を分離することは不可能です。ここでは、Supelco OVI-G43カラムを用いたときの61の溶媒の溶出順序と分離についてのデータを示します。Supelco GC カラムOVI-G43は、USP 法467及びPh.Eur.一般法の要求を満たすために特別に調製し、試験しています。USP及びヨーロッパ薬局方は不活性化の5 mガードカラムを用いることを明記しています。最適条件下で分析を確保するために、弊社はOVI-G43 カラムと不活性ガードカラム(Cat.No.25339)の併用をお勧めします。

1] Camarasu, C. C. Residual Solvents Determination in Drug Products by Static Headspace-Gas Chromatography. Chromatographia 2002, 56, S137–S143.
2] Lee, C. R.; Nguyen van Dau, C.; Krstulovi, A. M. Artefact formation in the determination of residual solvents according to a method of the European Pharmacopeia. Int. J. Pharm. 2000, 195, 159–169.
3] Supelco Technical Bulletin 933. Capillary GC Column Choices for Residual Solvent Analyses Using Direct Injection or Solid Phase Microextraction (SPME).

 

Figure 1 二種類のグレードのDMSOを用いたヘッドスペースガスクロマトグラム:GC-HSグレード(黒線)及び一般グレード(赤線)

Figure 1 二種類のグレードのDMSOを用いたヘッドスペースガスクロマトグラム:GC-HSグレード(黒線)及び一般グレード(赤線)

 

Figure 2 溶媒 – GCカラムOVI-G43を用いた医薬品溶媒、クラスⅡ、Ⅲ(GC)

Oven : 35 ℃, hold 15 min., 5 ℃/min to 200 ℃
Inj. : 225 ℃
Det. : FID, 250 ℃
Flow : 30 cm/sec (constant) He at 35 ℃
Inject. : 1 μL, 33 : 1 split
Liner : single taper
Sample : Class I : 1000-5000 ppm In DMSO
 
Class 2 Solvents on OVI-G43
Column: 30 m x 0.53 mm ID x 3.0 μm w/5 m
intermediate polarity guard
Cat. no.: 25396
Class 2 Solvents on OVI-G43
 
Class 3 Solvents on OVI-G43
Column: 30 m x 0.53 mm ID x 3.0 μm w/5 m
intermediate polarity guard
Cat. no.: 25396
Class 3 Solvents on OVI-G43

Class 2 Solvents on OVI-G43
Peak # Identification

  1. Methanol
  2. Acetonitrile
  3. Methylene chloride
  4. Nitromethane
  5. Hexane
  6. cis-1,2-Dichloroethylene
  7. Chloroform
  8. 2-Methoxyethanol
  9. 1,2-Dimethoxyethane
  10. Cyclohexane
  11. Ethylene glycol
  12. Formamide
  13. Trichloroethylene
  14. 1,4-Dioxane
  15. 2-Ethoxyethanol
  16. Methylcyclohexane
  17. Pyridine
  18. Toluene
  19. Dimethylformamide
  20. Methyl butyl ketone
  21. Chlorobenzene
  22. Dimethylacetamide
  23. m-Xylene
  24. p-Xylene
  25. o-Xylene
  26. n-Methylpyrrolidone
  27. Tetralin
  28. Sulpholane

Class 3 Solvents on OVI-G43
Peak # Identification

  1. Ethanol
  2. Acetone
  3. 2-Propanol
  4. Pentane
  5. Ethyl ether
  6. Ethyl formate
  7. Methyl acetate
  8. 1-Propanol
  9. Methyl-t-butyl ether
  10. Acetic acid
  11. 2-Butanone
  12. sec-Butanol
  13. Ethyl acetate
  14. Tetrahydrofuran
  15. iso-Butanol
  16. n-Butanol
  17. Isopropyl acetate
  18. Heptane
  19. Propyl acetate
  20. Isoamyl alcohol
  21. 4-Methyl-2-pentanone
  22. n-Amyl alcohol
  23. Isobutyl acetate
  24. Butyl acetate
  25. Dimethyl sulphoxide 2
  26. Anisole
  27. Cumene

 

Table 1 残留溶媒スタンダード

ICH ガイドラインでは、溶媒を3 つのクラスに分けています。毒性や環境影響等から、クラス1 は製造過程で使用を避けるべき溶媒、クラス2 は潜在的な毒性がある為、その残留量が規制されています。クラス3 溶媒は、人体の健康へのリスクが低いとみなされている溶媒です。ICH ガイドラインに記述されている残留溶媒は、各クラスに分類された3 種の混合物を分析します。

Cat.No. 品名 容量 備考
PHR1170 医薬品残留溶媒 - Methanol 3x1.2mL CRM
PHR1171 医薬品残留溶媒 - Methylene chloride 3x1.2mL CRM
PHR1063

医薬品残留溶媒 Mix - Class I

Benzene                  1,2-Dichloroethane
Carbon tetrachloride  1,1-Dichloroethene

3x1.2mL CRM
PHR1064

医薬品残留溶媒 Mix - Class IIa

Acetonitrile                Methylene Chloride
Chlorobenzene           1,4-Dioxane
Cyclohexane              Methanol
1,2-Dichloroethylene   Methylcyclohexane

3x1.2mL CRM
PHR1065

医薬品残留溶媒 Mix - Class IIb

Chloroform                   3-Methyl-2-pentanone
1,2-Dimethoxyethane    Nitromethane
Hexane                       Pyridine

3x1.2mL CRM
PHR1066

医薬品残留溶媒 Mix - Class IIc

N,N-Dimethylacetamide    Ethylene glycol
N,N-Dimethylformamide    Formamide
2-Ethoxyethanol             2-Methoxyethanol

3x1.2mL CRM

※スタンダードのカスタマイズをご希望の場合、またはスタンダードの内容・濃度につきましては、sialjpsp@sial.comにご連絡ください。

 

Table 2 ヘッドスペースGCによる残留溶媒分析用カラム

Cat.No. ブランド 品名 容量
25396 Supelco OVI-G43, L × I.D. 30 m × 0.53 mm, df 3.00 μm  1 each
25339 Supelco OVI-G43 用中極性ガードカラム,L × I.D. 5 m × 0.53 mm  1 each