Attention:

Certain features of Sigma-Aldrich.com will be down for maintenance the evening of Friday August 18th starting at 8:00 pm CDT until Saturday August 19th at 12:01 pm CDT.   Please note that you still have telephone and email access to our local offices. We apologize for any inconvenience.

カビ毒の分析

カビ毒の分析 分析

TOPIX
 

多機能カラム Supel TOX 無料サンプル配布中!
多機能カラムのメリットを、無料サンプルで是非お試しください。
サンプル請求の方限定の特別キャンペーンもご案内中です。

サンプルお申し込みはこちら

 
 

 

HPLCカラム

Fused-Core(コアシェルカラム)の Ascentis Express® HPLCカラムを使用することにより、高分離能で低背圧にて高速分析を実現します。HPLC、UHPLCのどちらの装置でも使用が可能です。

Fused-Core 「Ascentis Express®」とは?

Ascentis Express C18

製品名/サイズ CAT.NO.
10 cm x 2.1 mm I.D., 2.7 μm 53823-U
15 cm x 2.1 mm I.D., 2.7 μm 53825-U

Ascentis Express RP-Amide

製品名/サイズ CAT.NO.
10 cm x 2.1 mm I.D., 2.7 μm 53913-U
15 cm x 2.1 mm I.D., 2.7 μm 53914-U

Ascentis Express F5

製品名/サイズ CAT.NO.
10 cm x 2.1 mm I.D., 2.7 μm 53569-U
15 cm x 2.1 mm I.D., 2.7 μm 53571-U

 

GCカラム

シリル化剤の影響および耐熱性の観点より、Poly(Diphenyl 35% / Dimethylsiloxane 65%) のような中極性の液相のカラムを用い、高速の昇温プログラムで、T-2 toxin およびHT toxinの良い分離が得られました。SIM モードでのMS 検出により、複雑なマトリックス中のT-2 toxin およびHT toxin の2 ~ 5 ppb の検出限界を可能とします。EU Guideline 96/23/EG に要求されているように、カビ毒の定性を保持時間からだけでなく、3 種のSIMイオンによっても行いました。ピーク純度を決定するため、各内部標準のqualifier ion を測定しました。

0.25mm I.D. Fused Silica

長さ(m) 膜厚(μm) BETA CAT. NO.
30 0.25 250 24092
60 0.25 250 28568-U

0.32mm I.D. Fused Silica

長さ(m) 膜厚(μm) BETA CAT. NO.
30 0.25 320 24094

0.53mm I.D. Fused Silica

長さ(m) 膜厚(μm) BETA CAT. NO.
30 1 133 25335

 

アプリケーション

"13C- 標識化マイコトキシンを用いた新しいマイコトキシンのGC-MS 分析法

Andreas Breidbach とWolfgang Brodacz は、T-2 toxin および HT-2 toxin の13C- 標識化体を用いて、2 ~ 5 ppb の濃度まで測れる新しいGC-MS 分析法を開発しました。
同位体希釈質量分析( IDMS) は、13C- 標識化体の化学的・物理的特性が非標識体とほぼ一致するという利点があります。よって、分析の過程において13C- 標識化体の挙動は非標識体と基本的に同じでありながら、質量分析法によって両者を識別することが可能です。

  • 標識化されたマイコトキシンはIDMSを用いることが可能
  • 正確さと精度の向上
  • 試料の取り扱いが容易になる
  • 試料抽出後の標準品添加でマトリックス効果や不正確さの排除"

T-2 ToxinおよびHT-2 Toxinの非標識体および13C標識化TMS誘導体のEI-MSスペクトル

  アプリケーション マトリックス 対象物質 テクニック
アフラトキシン Supel Tox(AflaZea)を使用したコーンミール、小麦全粒粉、ピーナッツペースト原料中のアフラトキシンの分析 コーンミール、小麦全粒粉、ピーナッツペースト原料 Aflatoxin B1, B2, G1, G2 SPE/HPLC
アフラトキシン Supel Tox(AflaZea)を使用し蛍光検出で分析したコーン中のアフラトキシンの分析 コーン Aflatoxin B1, B2, G1, G2 SPE/HPLC
アフラトキシン Supel Tox(AflaZea)を使用しコブラセルで分析した小麦中のアフラトキシンの分析 小麦 Aflatoxin B1, B2, G1, G2 SPE/HPLC
アフラトキシン HPLCカラムAscentisシリーズを用いたアフラトキシンの比較分析 - Aflatoxin B1, B2, G1, G2 SPE/PHRED/HPLC
アフラトキシン 油が多い検体に!Supel QuE Z-Sep+を使⽤した ピーナッツバター・コーンミール中のアフラトキシンの分析  ピーナッツバター,コーンミール Aflatoxin B1, B2, G1, G2 QuEChERS法
アフラトキシンM1 Supel Tox(AflaZea)を使用したミルク中のアフラトキシンM1(低濃度)分析 Aflatoxin M1 SPE/LC-MS
デオキシニバレノール(DON) Supel Tox (DON)を使用した小麦抽出物中のデオキシニバレノールの分析 小麦抽出物 DON SPE/HPLC
フザリウム属 Ascentis Express Phenyl-Hexylを用いたフザリウムトキシンの分析 - DON,NIV,15-AcDON,3-AcDON HPLC
カビ毒一斉 分離を改善!Ascentis Express RP Amide と F5(PFP) を用いたマイコトキシンの分析 - Aflatoxin B1, B2, G1, G2,NIV,DON,15-AcDON,3-AcDON HPLC

Back to top

申込みフォーム
無料サンプルご請求の方限定
特別キャンペーンご案内中
郵送 PDF
カビ毒分析関連製品
詳細はこちら
申込みフォーム
分析でお困りの方
お気軽にご相談ください
申込みフォーム
無料サンプルご請求の方限定
特別キャンペーンご案内中
郵送 PDF
カビ毒分析関連製品
詳細はこちら
申込みフォーム
分析でお困りの方
お気軽にご相談ください