ガスクロマトグラフィー

一般分析用キャピラリーカラム

一般分析用キャピラリーカラム

SPB-Octyl
Poly (50% n-octyl / 50% methylsiloxane)
Equity-1701
poly (14% cyanopropylphenl /86% dimethylsiloxane)
SPB-1
poly (dimethylsiloxane)
SPB-225
poly (50% cyanopropylphenl /50% dimethylsiloxane)
Equity-1
poly (dimethylsiloxane)
SP-2330
poly (80% biscyanopropyl /20% cyanopropylphenyl siloxane)
SPB-5
poly (5% diphenyl / 95% dimethylsiloxane)
SP-2380
poly (90% biscyanopropyl /10% cyanopropylphenyl siloxane)
Equity-5
poly (5% diphenyl / 95% dimethylsiloxane)
SP-2340
poly ( biscyanopropyl siloxane)
SPB-20
poly (20% diphenyl / 80% dimethylsiloxane)
PAG
poly ( alkylene glycol)
SPB-35
poly (35% diphenyl / 65% dimethylsiloxane)
SUPELCOWAX10
poly ( ethylene glycol)
SPB-50
poly (50% diphenyl / 50% dimethylsiloxane)
SPB-1000
modified poly ( ethylene glycol)
SP-2250
poly (50% diphenyl / 50% dimethylsiloxane)
Nukol
modified poly ( ethylene glycol)
SPB-1701
poly (14% cyanopropylphenl /86% dimethylsiloxane)
SE-30
poly (dimethylsiloxane)
SE-54
poly (5% diphenyl / 95% dimethylsiloxane)
SPB-Octyl Back to Top
無極性カラム
poly(50% n-octyl/ 50% methylsiloxane)
Phase ) bonded; poly(50% n-octyl/ 50% methylsiloxane)
Temp.Limits ) -60℃ to 280℃ (isothermal)
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 3 14 11 12 11
ポリシロキサン骨格にメチル基とオクチル基を持つ液相が化学結合されたカラム。化学結合型キャピラリーカラムの中で従来最も低極性と言われていたメチルシロキサン(メチルシリコン)系カラムよりさらに低いSqualane に近い極性を持ちます。オクチル基による分散力が高く、炭化水素等にも良好な保持、ピーク形状が得られます。
製品一覧
SPB-1 Back to Top
無極性カラム
bonded; poly(dimethylsiloxane)
Phase ) bonded; poly(dimethylsiloxane)
Temp.Limits ) -60℃ to 320℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 4 58 43 56 38
SE-30、DC-200、OV-1、OV-101等は充填カラム用として多く利用されてきたメチルシリコン液相です。これらと同構造の液相が化学結合されています。一般的に試料は沸点順に溶出します。使用温度範囲が広く厚膜、薄膜のカラムでそれぞれガス状炭化水素、高分子物質の分析も可能です。
製品一覧
Equity-1 Back to Top
無極性カラム
poly(50% n-octyl/ 50% methylsiloxane)
Phase ) bonded; poly(dimethylsiloxane)
Temp.Limits ) ・0.10~0.32mm ID:−60 to 325/350℃
・0.53mm ID:−60 to 300/320℃(≤1.5μm df)
−60 to 260/280℃(>1.5μm df)
弊社独自の化学結合技術によりローブリード分析を可能にしています。
米国薬局方(USP)G1、G2、G9の要件に適合します。
使用条件:水および他の注入溶媒に対して化学的安定性があります。無機強酸および無機強塩基に注意が必要です。カラムは洗浄可能です。
製品一覧
SPB-5 Back to Top
微極性カラム
bonded; ppoly (5% diphenyl / 95% dimethylsiloxane)
Phase ) bonded; ppoly (5% diphenyl / 95% dimethylsiloxane)
Temp.Limits ) -60℃ to 320℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 19 74 64 93 62
ジフェニルシロキサン5%とジメチルシロキサン95%の共重合シリコン液相が化学結合された代表的な微極性カラムです。弱い極性を持つ為、SPB-1に比べて極性化合物の負荷量も大きく、ピーク形状が改善されます。極めて汎用性が高く、農薬や中~高沸点の環境汚染物質一斉分析や各種溶媒分析、生化学や臨床試料分析にも適合します。
製品一覧
Equity-5 Back to Top
微極性カラム
bonded; ppoly (5% diphenyl / 95% dimethylsiloxane)
Phase ) bonded; ppoly (5% diphenyl / 95% dimethylsiloxane)
Temp.Limits ) ・0.10~0.32mm ID:−60 to 325/350℃
・0.53mm ID:−60 to 300/320℃(≤1.5μm df)
−60 to 260/280℃(>1.5μm df)
人気の高い、幅広い用途に使用できるよう製造されているカラムです。弊社独自の化学結合技術により合成したポリ(5%ジフェニル/95%ジメチルシロキサン)相がローブリード分析を可能にしています。幅広い用途にご使用になれるカラムとしてご好評をいただいています。
製品一覧
SPB-20 Back to Top
中極性カラム
bonded; poly(20% diphenyl/ 80% dimethylsiloxane)
Phase ) bonded; poly(20% diphenyl/ 80% dimethylsiloxane)
Temp.Limits ) -25℃ to 300℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 67 116 117 174 131
充填カラム用の液相Silicone DC-550(25% フェニル) に類似した選択性を持ち、若干高い極性とより高い耐熱安定性を持つ液相が化学結合された20%ジフェニル基を持った中極性カラムです。ハロゲン化炭化水素、溶媒、芳香族炭化水素等の分析に一般的に用いられます。厚膜型ではトリハロメタン類やVOCs分析時に混在する水に対して安定なカラムとして用いられます。
製品一覧
SPB-35 Back to Top
中極性カラム
bonded; poly(35% diphenyl/ 65% dimethylsiloxane)
Phase ) bonded; poly(35% diphenyl/ 65% dimethylsiloxane)
Temp.Limits ) 0℃ to 300℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 101 146 151 219 202
ジフェニル基比率が35%で、SPB-20より極性が高いカラムです。立体障害が少ないため、不活性化が完全に行え、農薬分析にも適合します。
製品一覧
SPB-50 Back to Top
中極性カラム
bonded; poly(50% diphenyl/ 50% dimethylsiloxane)
Phase ) bonded; poly(50% diphenyl/ 50% dimethylsiloxane)
Temp.Limits ) 30℃ to 310℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 125 175 183 268 220
ジフェニル基比率が50%とジフェニル基含有のカラムの中で最も極性の高いカラムです。極性化合物の分析に適しています。
製品一覧
SP-2250 Back to Top
中極性カラム
nonbonded; poly(50% diphenyl/ 50% dimethylsiloxane)
Phase ) nonbonded; poly(50% diphenyl/ 50% dimethylsiloxane)
Temp.Limits ) 0℃ to 250℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 119 158 162 243 202
非化学結合型(コーティング型)50%フェニル基含有カラムです。化学結合型は、SPB-50です。
製品一覧
SPB-1701 Back to Top
中極性カラム
poly(14% cyanopropylphenyl/86% dimethylsiloxane)
Phase ) bonded; poly(14% cyanopropylphenyl/86% dimethylsiloxane)
Temp.Limits ) subambient to 280℃
0.53mm ID:40℃ to 260/280℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 67 170 153 228 171
フェニル/シアノプロピルシロキサンとジメチルシロキサンのシリコンポリマー構造ですが極性基の比率が高く、SPB-20より高い極性を持ち、SPB-35に比べてやや低い極性を持つ化学結合型カラムです。シアノ基の作用により独特の選択性を持ちます。シアノ系カラムに共通の温度による極性変化がありますが、農薬のスクリーニング分析の際などには温度条件を変化させて最も適した分離を得る事にも利用できます。
製品一覧
Equity-1701 Back to Top
中極性カラム
bonded; poly(14% cyanopropylphenyl/86% dimethylsiloxane)
Phase ) bonded; poly(14% cyanopropylphenyl/86% dimethylsiloxane)
Temp.Limits ) • 0.10~0.32mm ID:室温 to 280℃
• 0.53mm ID:室温 to 260℃
Equity-1701 カラムは高信頼性のポリ(14%シアノプロピルフェニル/86%ジメチル)シロキサンカラムです。シアノプロピルフェニル基の置換が増えると、固定相の極性は大きくなります。そのため、Equity-1やEquity-5よりも特異的な選択性を示します。洗練された製造技術により、1701タイプ固定相カラムはローブリードで、カラム間の性能差も小さくなっています。ECD、NPD、MSDのいずれかを備えたシステムに適しています。
製品一覧
SPB-225 Back to Top
中極性カラム
bonded; poly(50% cyanopropylphenyl/50% dimethylsiloxane
Phase ) bonded; poly(50% cyanopropylphenyl/50% dimethylsiloxane
Temp.Limits ) 45℃ to 220/240℃
フェニル/シアノプロピルシロキサンとジメチルシロキサンのシリコンポリマー構造ですが極性基の比率が高く、SPB-20より高い極性を持ち、SPB-35に比べてやや低い極性を持つ化学結合型カラムです。シアノ基の作用により独特の選択性を持ちます。シアノ系カラムに共通の温度による極性変化がありますが、農薬のスクリーニング分析の際などには温度条件を変化させて最も適した分離を得る事にも利用できます。
製品一覧
SP-2330 Back to Top
強極性カラム
nonbonded; poly(80% biscyanopropyl/20% cyanopropylphenyl siloxane
Phase ) nonbonded; poly(80% biscyanopropyl/20% cyanopropylphenyl siloxane
Temp.Limits ) subambient to 250℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 382 610 506 710 591
液相にジシアノプロピルシリコンとシアノプロピルフェニルシリコンの共重合体を用いた強極性カラムです。脂肪酸メチルエステルの異性体や芳香族異性体、ダイオキシン異性体の分離に用いられています。
製品一覧
SP-2380 Back to Top
強極性カラム
stabilized poly(90% biscyanopropyl/10% cyanopropylphenyl siloxane)
Phase ) stabilized poly(90% biscyanopropyl/10% cyanopropylphenyl siloxane)
Temp.Limits ) subambient to 275℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 402 629 520 744 623
SP-2330とSP-2340の間に位置する極性のカラムです。液相は化学結合されていませんが、架橋型で熱安定性が改善されており、最高使用温度がSP-2330やSP-2340より高い275℃です。誘導体化糖や脂肪酸メチルエステル等の異性体分離に最適です。
製品一覧
SP-2340 Back to Top
強極性カラム
nonbonded; poly(biscyanopropyl siloxane)
Phase ) nonbonded; poly(biscyanopropyl siloxane)
Temp.Limits ) subambient to 250℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 419 654 541 758 637
一般用のシアノシリコン系のカラムの中では最もシアノ基の比率が高く、最高極性のカラムです。脂肪酸メチルエステルの異性体や芳香族異性体の分離に有効です。
製品一覧
PAG Back to Top
強極性カラム
bonded; poly(alkylene glycol)
Phase ) bonded; poly(alkylene glycol)
Temp.Limits ) 30℃ to 220℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 252 499 310 489 416
末端に-OHが付いたポリプロピレンオキサイドとポリエチレンオキサイドの共重合ポリグリコール化学結合型カラムです。SUPELCOWAX 10に代表されるPEG系カラムに比べてやや低い極性、SPB-50より高い極性を持ち、充填カラム用液相としてUcon Oli に近い特性を持っています。従来のPEG系カラムの極性が高すぎる為、分離が不充分である場合に、問題を解決できる多くの可能性を持つ、スペルコ独自のカラムです。
製品一覧
SUPELCOWAX10 Back to Top
強極性カラム
bonded; CARBOWAX 20M poly (ethylene glycol)
Phase ) bonded; CARBOWAX 20M poly (ethylene glycol)
Temp.Limits ) 35℃ to 280℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 305 551 360 562 484
代表的なGC 用汎用液相の一つであるPEG 20Mと同等の選択性を持つ化学結合型カラムです。スペルコではユニオンカーバイト社と共同研究を行い、化学結合型でCarbowax 20Mと同等の極性、選択性を持つカラム、SUPELCOWAX 10を開発しました。SUPELCOWAX10 はこの特性に加え35~280℃の広い使用温度範囲を持ちます。各種溶媒、アルコール、香料、脂肪酸メチルエステルその他の極性物質等の分析に広く用いる事ができます。
製品一覧
SPB-1000 Back to Top
強極性カラム
bonded; modified poly(ethylene glycol)
Phase ) bonded; modified poly(ethylene glycol)
Temp.Limits ) 60℃ to 200℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 308 565 368 567 511
Nukolより若干極性の低いSP-1000やFFAPに類似した極性傾向を持つNukolの改良型カラムです。
脂肪酸類やフェノール等の酸性物質を誘導体化せずにシャープなピークで溶出できます。
製品一覧
Nukol Back to Top
強極性カラム
bonded; modified poly(ethylene glycol)
Phase ) bonded; modified poly(ethylene glycol)
Temp.Limits ) 60℃ to 200℃
McReynoldsNos. ) x’ y’ z’ u’ s’ = 314 569 372 578 504
PEG-ニトロテレフタル酸エステル化学結合型カラムです。末端のニトロテレフタル酸カルボキシル基の一方は、フリーのまま存在していますので、カラムは酸性雰囲気を持っており、脂肪酸類やフェノール等の酸性物質を誘導体化せずにシャープなピークで溶出できます。
製品一覧
SE-30 Back to Top
無極性カラム
nonbonded; poly(dimethylsiloxane)
Phase ) nonbonded; poly(dimethylsiloxane)
Temp.Limits ) 300℃
選択性は、SPB-1に相当します。コーティングタイプですのでブリードレベルが高い。
製品一覧
SE-54 Back to Top
微極性カラム
nonbonded; poly (5% diphenyl / 95% dimethylsiloxane)
Phase ) nonbonded; poly(5% diphenyl/95%dimethylsiloxane)
Temp.Limits ) 300℃
選択性は、SPB-5に相当します。コーティングタイプですのでブリードレベルが高い。
製品一覧