Attention:

Certain features of Sigma-Aldrich.com will be down for maintenance the evening of Friday August 18th starting at 8:00 pm CDT until Saturday August 19th at 12:01 pm CDT.   Please note that you still have telephone and email access to our local offices. We apologize for any inconvenience.

固相抽出(SPE)

HybridSPE-Phospholipid (HybridSPE-PPTを改名しました)

医薬品分析のためのリン脂質の除去

spe_hybrid02

HybridSPE Phospholipid 技術について

HybridSPE-Phospholipidは血漿/血清中のタンパクとリン脂質を選択的に除去するために、除タンパクと固相抽出(SPE)を組み合わせた技術です(図1)。 特許出願中のジルコニアコート粒子が特異的にリン脂質と親和性を示すのに対し、対象とする多くの塩基性、中性、酸性化合物は選択されません。 リン脂質保有メカニズムはルイス酸-塩基の相互作用に基ずきます。ジルコニアイオン(HybridSPE固定相に機能的にコーティングされた部分)が強いルイス塩基として働き、リン脂質のリン酸基と作用します(図2)。

図1. Hybrid SPE-Phospholipid 96-ウェル内 除タンパク と リン脂質除去操作例

hybrid-spe-ppt-icon 各ステップ
  • 除タンパク(カートリッジタイプはオフラインで行います)
  • 拡販
  • 吸引
  • 終了

図2. Hybrid SPE のジルコニアイオンとリン脂質におけるルイス酸-塩基の相互作用
spe_hybrid

back to top

イオン化抑制 と リン脂質汚染

医薬品の生物分析では、薬の量や医薬品の候補を探索するために、血漿や血清などの体液中の医薬品や代謝物を測定します。 研究者が分析時間の迅速化や低い検出下限を求めて努力するとき、試料中のイオン化抑制を引き起こす物質が心配されます。 この原因の一つがリン脂質汚染であることが知られています。リン脂質はポジティブイオンモード(+ESI)で感度低下を起こすだけではなく、HPLCでの溶出が難しく分析カラムに蓄積の恐れがあります。

特長 と 利点

  • 除タンパクと固相抽出を融合
      ・除タンパクと同様の簡便さ
      ・SPEを超えるリン脂質への選択性
  • 一般的な2-3の手順で完了
  • ほぼ100%の除タンパクとリン脂質除去性能
  • 条件検討は不要か最小限
  • 形状は、96-ウェル と 1 mL カートリッジ の2タイプ
  • 特許申請中の技術

back to top

製品案内

製品名 入数 CAT.NO.
HybridSPE 製品
HybridSPE – Phospholipid 96-ウェル プレート, 50 mg/well 1 575656-U
HybridSPE – Phospholipid 96-ウェル プレート, 15 mg/well
少量処理用
1 52794-U
HybridSPE – Phospholipid カートリッジ, 30 mg/1 mL 100 55261-U
HybridSPE – Phospholipid カートリッジ, 500 mg/6 mL
多量処理用
30 55267-U
関連製品
96-ウェル 除タンパク フィルタープレート 1 55263-U
Supelco PlatePrep バキュームマニホールド 1 57192-U
96 四角形/深淵 ウェル コレクションプレート, 0.35 mL, PP 50 575651-U
96 四角形/深淵 ウェル コレクションプレート, 1 mL, PP 50 575652-U
96 四角形/深淵 ウェル コレクションプレート, 2 mL, PP 50 575653-U
96 四角形/深淵 ウェル キャップ マット 50 575655-U

back to top

受賞

hybridspe-award-banner_s

HybridSPE-PPT技術は、研究者が選んだ2008年新製品のベストセパレーションプロダクトとしてSelectScience.netで受賞しました。

この賞は2009年のピッツコンで表彰されました。

SelectScience.net賞の詳細; Press Release

ピッツコン2009でのインタビュー ビデオ; Video Interview

back to top