Attention:

Certain features of Sigma-Aldrich.com will be down for maintenance the evening of Friday August 18th starting at 8:00 pm CDT until Saturday August 19th at 12:01 pm CDT.   Please note that you still have telephone and email access to our local offices. We apologize for any inconvenience.

固相抽出(SPE)

分子鋳型ポリマー(SupelMIP)

 

- Supelco Molecular Imprinted Polymer SPE Tubes -

- 分子認識(分子鋳型)ポリマーの固相抽出管 -

 

Solid Phase Extraction(固相抽出)

SupelMIP™ SPEは対象化合物を選択的に認識する分子認識ポリマー技術です。 各SupelMIPは特別に合成した分子認識(分子鋳型)ポリマーにより、マトリックス中から対象化合物を選択的に抽出します。本ポリマーは選択性が高いので、速く簡単に対象化合物を分けられる優れたクリンナップ法です。またLC/MSでのイオン化抑制を減少させるので、優れた検出下限を実現します。

分子認識(分子鋳型)ポリマーとは?
SupelMIP SPE の利点
製品一覧
使用方法と文献
良くある質問と回答(FAQs)
spe21

mip_banner


分子認識(分子鋳型)ポリマーとは?

What are Molecularly imprinted polymers (MIPs)?

Molecularly Imprinted Polymers (MIPs) Selective interaction

SupelMIP™ SPE は、分離・クロマト・サンプル前処理用として、第一人者であるMIP Technologies ABにより開発された分子認識(分子鋳型)ポリマーです。

MIPs は高度に架橋されたポリマーで、その表面はターゲット化合物の立体構造や類似の立体構造のグループを高い選択性で認識できるように設計されています。

対象化合物を立体的かつ化学的に選択的に補足する空洞を形成するため,ターゲット化合物に類似の鋳型分子を入れてポリマーを合成します。これにより、SupelMIPはターゲット化合物や類似の立体構造のグループを高い選択性で認識します。

back to top

SupelMIP SPE の利点

高い選択性で優れた検出下限を達成
迅速手法の確立で時間とコストの削減
幅広いpH 範囲と高温で利用可能
イオン化抑制を減少
妨害マトリックスの削減で測定結果の信頼性が向上

SupelMIP SPE 捕集サイト

Mip Structure

MIPの捕集サイトは、ターゲット化合物を立体的部分と化学的部分の両面で認識します。MIPの表面は複数の非共有原子価の相互作用ポイント(イオン交換, ポリマベース逆相, and 水素結合)で対象化合物の官能基などに働きかけ、ターゲット化合物(群)をより強く保持させます。そして、これらの優れた選択的保持により、サンプルをクリンナップするために激しく洗浄(妨害物質の洗浄)するメソッドが紹介されています。

優れた選択性で検出下限を達成

分子モデルで計画的に鋳造する捕集サイトは、複数の相互作用ポイントでターゲット化合物(群)に働く拘束力のある空洞を設計できます。これはターゲット化合物(群)の強い保持を意味します。結果として、ターゲット化合物(群)を保持させたまま、妨害物質を激しく洗浄する事が許容できます。これにより、抽出の選択性が上がるためバックグランドが下がりターゲット化合物(群)の検出下限が改善されます。

chart-Clenbuterol
図. SupelMIP Clenbuterolを用いた尿中クレンブテロールの抽出

クレンブテロールを特異的に保持するように合成されたMIP充填剤は,通常の固相抽出に比較し,高い選択性を示します。 上に示すクロマトグラムは,5mL尿サンプルからのクレンブテロールの抽出を,SupelMIP Clenbuterol とミックスモード3種の固相抽出との比較です。SupelMIPでの抽出はバックグランドが低く,誤った判断をする危険性は非常が低くなります。(Van Hoof, et al 2005)

--Clenbuterol SupelMIPの利点--

  • 優れた検出下限値(<0.5 ng/mL by UV 検出)
  • イオン化抑制の排除又は最小化
  • スクリーニング試験での誤判断の減少

迅速手法の確立で時間とコストの削減

しばしば前処理は分析全体の重荷となります。前処理に本来の分析時間の10倍以上を費やすことも珍しくありません。 したがって、測定者は分析法の開発において簡単な急速抽出手法で、選択性・精度・検出限界を評価し探求することが重要です。 このアプリケーション例は、MIP Technologies AB とBernhardt et al. で開発された“ ヒト尿中のタバコ特有のニトロソアミンNNALサンプル1 ” の抽出例です。尿中のNNAL量は、喫煙者と非喫煙者の受動喫煙暴露をモニターリングする価値あるバイオマーカーです。 しかしながら、通常2の低濃度尿中のNNAL測定は複数の抽出スッテプで行われ、丸一日費やします。 “ Using SupelMIP SPE NNAL ” は、ニコチンがあるときさえ定量下限が達成され再現性も増加しました。

  1. Y. Xia et al., Anal. Chem., 77, 7639-7645 (2005)
  2. "Biomonitoring of environmental tobacco smoke (ETS)-related exposure to 4-(methylnitrosamino)-1-1(3-pyridyl)-1-butanone (NNK)" M. Merger, I. Merger-Kossien, K. Riedel and G. Scherer, Biomarkers, 2000, 5, 33-45.

幅広いpH 範囲と高温で利用可能

MIPs は高度に架橋されたポリマーなので多様な有機溶媒に安定であり、かつ高い温度や広いpH範囲でも使用可能です。 また、MIPs はイムノアフィニティー製品と異なり、室温で長期保管が出来ます。

イオン化抑制を減少

質量分析は近年ほとんどの臨床と研究実験室に導入された強力な解析手段です。そして、HPLC(LC-MS)と結合する技術では感度、速度、および特異性が得られます。

イオン化抑制は生体液などの複雑なマトリックス中のターゲット化合物(群)濃度を分析するときに起こる一般的に問題の多い現象です。分析時間の短縮に伴い、一般的現象としてイオン化抑制は分析に影響し精度を悪化させます。 なぜなら、イオン化抑制によりマトリックスとターゲット化合物(群)の溶出が一緒になるからです。特異的に選択を持つように合成されたMIP充填剤は、従来のSPEフェースと比べイオン化抑制を減少させます。

back to top

製品一覧

mip_banner

製品名;SupelMIP SPE カートリッジ 充填量 リザーバーサイズ 入数/箱 CAT.NO.
PAHs 50 mg 3 mL 50 52773-U
NSAIDs (ノンステロイド系抗炎症剤)(Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs) 25 mg 3 mL 50 52769-U
ニトロイミダゾール Nitroimidazoles 50 mg 3 mL 50 52734-U
フルオロキノロン Fluoroquinolones 25 mg 3 mL 50 53269-U
アンフェタミン Amphetamines 25 mg 3 mL 50 53228-U
クレンブテロールClenbuterol 25 mg 10 mL 50 53201-U
ベーターアゴニスト Beta-agonists (class selective) 25 mg 10 mL 50 53202-U
ベーターアゴニスト Beta-agonists (class selective) 25 mg 3 mL 50 53225-U
ベーターブロッカー Beta blockers (class selective) 25 mg 10 mL 50 53218-U
ベーターブロッカー Beta blockers (class selective) 25 mg 3 mL 50 53213-U
フルベーターレセプター Full beta receptor (beta agonists and beta blockers) 25 mg 10 mL 50 53223-U
フルベーターレセプター Full beta receptor (beta agonists and beta blockers) 25 mg 3 mL 50 53224-U
クロラムフェニコール Chloramphenicol 25 mg 10 mL 50 53210-U
クロラムフェニコール Chloramphenicol 25 mg 3 mL 50 53209-U
NNAL (4-(methylnitrosamino)-1-(3-pyridyl)-1-butanol) 25 mg 10 mL 50 53206-U
NNAL (4-(methylnitrosamino)-1-(3-pyridyl)-1-butanol) 25 mg 3 mL 50 53203-U
TSNAs (4 different Tobacco specific Nitrosamines: NNK, NNN, NAB, NAT) 50 mg 10 mL 50 53221-U
TSNAs (4 different Tobacco specific Nitrosamines: NNK, NNN, NAB, NAT) 50 mg 3 mL 50 53222-U
リボフラビン Riboflavin (vitamin B2) 25 mg 10 mL 50 53207-U
トリアジン Triazines (class selective) 25 mg 10 mL 50 53208-U
パツリン Patulin
100 mg 3 mL 50 52776-U
アミノグリコシド系抗生物質 Aminoglycosides
50 mg 3 mL 50 52777-U
ビスフェノールA  BPA 100 mg 3 mL 50 52775-U
ビスフェノールA  BPA 100 mg 6 mL 50 54277-U

back to top

使用方法と関連資料

Molecularly Imprinted Polymer Overview

SupelMIP SPE – PAHs

SupelMIP SPE – NSAIDs (Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)(ノンステロイド系抗炎症剤)

  • SupelMIP SPE - NSAIDs Instruction Sheet (103 Kb PDF) id. T709079
  • Selective determination of acidic pharmaceuticals in wastewater using molecularly imprinted solid-phase extraction. S.Zorita1, B.Boyd2, S.Jönsson2, E.Yilmaz2, C.Svensson2, L.Mathiasson2, S.Bergström2. 1. Division of Analytical Chemistry, Lund University Lund, Sweden. 2. MIP Technologies AB, Lund, Sweden. Analytica Chimica Acta 626 (2008) 147–154

SupelMIP SPE – Nitroimidazoles(ニトロイミダゾール)

SupelMIP SPE – Fluoroquinolones(フルオロキノロン)

SupelMIP SPE – Amphetamines(アンフェタミン)

SupelMIP SPE – Clenbuterol(クレンブテロール)

SupelMIP SPE – Beta-agonists(ベーターアゴニスト)

SupelMIP SPE – Beta-blockers(ベーターブロッカー)

  • Trace level determination of ß-blockers in waste waters by highly selective molecularly imprinted polymers extraction followed by liquid chromatography-quadrupole-linear ion trap mass spectrometry, Gros M, Pizzolato , Petrovic M, López de Alda M, Barceló D, Journal of Chromatography A, 1189 (2008) 374-384
  • SupelMIP SPE – Beta-blockers Instruction Sheet (96 Kb PDF) id. T706025

SupelMIP SPE – Full Beta-receptors(フルベーターレセプター)

SupelMIP SPE – Chloramphenicol(クロラムフェニコール)

SupelMIP SPE – NNAL

  • SupelMIP SPE – NNAL Instruction Sheet (116 Kb PDF) id. T706021
  • Trace Level Analysis of NNAL in Urine Using SupelMIP SPE – NNAL and LC-MS-MS, Shimelis O, Whilborg A, Aurand C, Trinh A, US Supelco Reporter, 25.3 (1,789 Kb PDF)
  • Analysis of the Tobacco-Specifi c Nitrosamine 4-(Methylnitrosamino)-1-(3-pyridyl)-1-butanol in Urine by Extraction on a Molecularly Imprinted Polymer Column and Liquid Chromatography/Atmospheric Pressure Ionization Tandem Mass Spectrometry, Xia Y, McGuffey JE, Bhattacharyya S, Sellergren B, Yilmaz E, Wang L, and Bernert JT, Anal. Chem. 77 (2005) 7639-7645

SupelMIP SPE – Riboflavin (Vitamin B2)(リボフラビン)

SupelMIP SPE – Triazines (class selective)(トリアジン)

SupelMIP SPE – TSNAs

back to top

良くある質問と回答(FAQs)

  1. Q. どんなサイズのSupelMIP SPEが発売されていますか?
    A. 標準品は3 mL か10 mL LRCチューブに25mg を充填した製品です。特注で他のサイズのSPEへ充填も可能ですのでお問い合わせください。
  2. Q. SupelMIP SPE を使用すると前処理はどのように改善されるのでしょうか?
    A. MIPs は個々のターゲット化合物(群)用に特別に鋳造されているため、ターゲット化合物(群)を強く保持しSPEでの洗浄過程を強力に行えます。これらは高い選択性と工程の簡略をもたらすと共にMSでの定量下限を向上させます(イオン抑制の減少)。 各SupelMIP製品はアプリケーションに関わるメッソド開発の過程を簡素化し時間と費用を節約させます。
  3. Q. SupelMIP SPE の使用方法は、従来のSPEの実験手順でよいですか?
    A. いいえ、従来のSPEの実験手順は使用できません。 全てのSupelMIP SPE はターゲット化合物(群)とマトリクスの詳細情報を実験手順に含んでいます。 実験手法では、サンプル負荷における最適保持を達成する必要があります。 また、洗浄過程では干渉成分を最大限取り除き、溶出過程では高い回収率を得られるように検討します。
  4. Q. SupelMIP SPEの耐久性はどうですか?
    A. SupelMIP SPE は高度に架橋されたポリマーなのでpH1-14で使用可能です。 また、高い温度で架橋のため膨潤や収縮が見られません。 よって、従来のSPE(e.g., C18, PS/DVB, etc.)に比べ安定した耐久性を示します。
  5. Q. MIP製品に目的とするアプリケーションが無い場合には、どのようにしてMIPでの実験手法を開発したら良いでしょうか?
    A. MIP製品作成に必要な、あなたのアプリケーション情報を米国ウェーブサイトから連絡してください。 SupelcoとMIP Technologies ABの担当者があなたのアプリケーションを評価します。 もし、あなたのアプリケーションに優先性があれば、製品開発に進みます。 開発には最大8ヶ月を要します。 私たちは、なるべく簡単にどう新しいSupelMIPアプリケーションを開発するか実践中です。
  6. Q. MIPを使用した前処理は安定で現実的ですか?それらの文献はありますか?
    A. SupelMIP SPEの充填剤はMIP Technologies ABにより製造されています。 確実な品質管理により各ロットのバッチ間変動を最低限にコントロールしています。 MIPを使用した前処理法は、政府の公定法や多くの企業のルーチン分析として使用されています。これらの文献の多くは請求可能です。
  7. Q. プロセススケールMIP製品はSupelcoで販売がありますか?
    A. いいえ。プロセススケールMIP製品はSupelcoで販売がありません。

back to top