有機合成化学

クロスカップリング反応

KitAlysis™ ハイスループット スクリーニング キット

1970年代に見出されたクロスカップリング反応は極めて重要な反応であり、その重要性はさらに高まっています。天然物から高分子まで、様々な分子の合成に用いられてきました。数多くの研究グループによって開発された新規な金属錯体や配位子により、この変換反応の適用範囲は拡大しており、複雑な分子の構築にも用いられるようになっています。

Technology Spotlights

Aldrich Cheminars(スライドショー):PEPPSI触媒(Prof. Organ, York Univ.)

Webinar:PEPPSI触媒

Aldrich Cheminars(スライドショー):トリフルオロホウ酸塩

Webinar:トリフルオロホウ酸塩

Lipshutz 有機合成反応キット:

Lipshutz 有機合成反応キットの外観

クロスカップリング反応やメタセシス反応など、種々の有機合成反応を水溶液中で行うことができます。

Aldrich Chemistry Webinars

chemistry-webinars

講演のビデオをWebで配信!

簡単な登録によ り、Burke(MIDAボロネート)や根岸先生(ZACA反応)などの講演をいつでも聴くことができます。

 過去の配信リスト

Chemistry Webinars

Buchwald 教授(MIT)らによるWebinar 好評配信中!

Modern Catalysis: Academic Discovery to Industrial Application」(2016年2月講演)

スピーカー:

  • Professor Stephen L. Buchwald (MIT)
  • Dr. Spencer D. Dreher (米メルク社)ほか

アカデミアおよび産業界で最も広く利用されているパラジウム触媒反応において、アカデミアの第一人者であるMITのバックワルド教授と米国製薬企業メルク社の現職プロセスケミストらが、膨大なケミカルスペースに迅速かつ効率的にアクセスする触媒スクリーニングの最新手法を論じています。

Webinar配信サイトはこちら → Sigma-Aldrich Modern Catalysis Webinar 

Redi-Driのご案内