有機合成化学

グリーンケミストリー(Greener Alternative)

Green Chemistry Image 健全な環境との調和を目指しながら、
化学の進歩をサポートします

グリーンケミストリーは、化学物質による人体や生態系への影響を最小限に抑え、実際に環境汚染を防止することを目指す化学であり、献身的かつ継続的な取り組みが必要です。グリーンケミストリーは、反応速度を高めたり、より常温に近い温度での反応を開発することに加え、環境負荷の少ない新たな化学反応を開拓する化学です。

グリーンケミストリーの概念は、研究室で生じる環境に関わる問題を革新的な科学によって解決します。1991年、EPA(米国環境保護局)に勤務していた有機化学者のPaul T. Anastasは、John C. Warnerと共に、グリーンケミストリーの12原則を提唱しました。これらの原則は、「リスクの低減」と「環境負荷の最小化」の2つから成り、化学物質の使用量を削減し汚染を防止することを重視しています。

Sigma-Aldrichは、お客様、従業員および社会の健康と安全に配慮した製品の提供を目指しています。

グリーンケミストリーの12原則

研究におけるリスクの低減

  • 安全な化学物質の利用 -毒性の少ない、高機能の化学物質を利用する
  • 無毒な合成の設計 -可能な限り、人体と環境に無毒もしくは毒性の低い合成や生合成を実施する
  • より安全な溶媒と反応条件 -環境負荷の低い溶媒に関する最新の情報を取得することにより、反応プロセスを最適化し、より安全な作業環境を整える
  • 事故の予防 -爆発や火災などの事故のリスクや環境汚染の可能性の低い物質を選択する

環境負荷の最小化

  • 廃棄物質の低減 -廃棄物を削減し廃棄物を出さないようにするための化学合成技術を開発する。廃棄物を出してから処理するより、廃棄物を出さないことを目指す。
  • 触媒反応の利用 -より少量の化学物質で変換反応を達成する触媒反応を利用する
  • 化学修飾の回避 -最終的な廃棄試薬を増加してしまう一時的な官能基修飾や保護基は、なるべく合成ルートに含めない
  • 効率的な合成(アトム エコノミー) -出発物質を最大限に最終物質に変換し、原子を無駄にしない効率的な合成プロセスを目指す
  • 生分解性物質の利用 -生分解可能な物質を利用することにより、環境への影響を低減する
  • 汚染防止のためのプロセス管理を確立する -有害物質の生成を避けるために、合成過程におけるリアルタイムの分析とプロセスの監視を導入する
  • 再生材料の利用 -技術的かつ経済的に可能な限り、未加工に近い原料や再生物質(他の工業プロセスからの廃棄物質や農産物などからの廃材)を利用する
  • エネルギー効率の向上 -化学プロセスにおけるエネルギー使用の経済的かつ環境への影響を理解し、影響を低減する代替法を開発する
Redi-Driのご案内