有機合成化学

鈴木-宮浦カップリングに効率的なA-Phosパラジウム錯体

KitAlysis™ ハイスループット スクリーニング キット

はじめに

ハロゲン化ヘテロアリールを用いる鈴木-宮浦クロスカップリング反応は多くの生物活性物質の合成を実現するため、特に創薬分野での関心が高い反応です。現在、ボロン酸と5員環ハロゲン化ヘテロアリールもしくはヘテロ原子置換六員環塩化アリールとの効率的なカップリングの達成が求められています。これらの基質の多くは触媒活性を低下させることが知られており、収率を向上させるために通常は触媒量を増やさねばなりません。A-Phosパラジウム錯体は、この問題を解決し、ヘテロ原子を有するビアリール化合物を効率よく与える新たなプロセスです。

利点

  • 空気に安定な触媒
  • 水性溶媒中で実施可能
  • 少量の触媒量
  • ヘテロ原子を有するビアリール類の合成

主な利用例

Amgen社のGuramらにより、空気に安定な一連のパラジウム触媒の合成とその活性が報告されました。この新規触媒は、かさ高いジアルキルフェニルホスフィンを基本骨格とし、フェニル基のp-位がアミン、アルコールまたはトリフルオロメチル基で置換されています。これらのパラジウム錯体を用い、ヘテロ原子を有する基質のカップリング反応を検討したところ、1 mol%の触媒量で、種々の塩化アリールとアリールボロン酸のカップリング反応が極めて高い収率で進行しました。

典型的な反応では、1 mol%の触媒と炭酸カリウムと共に水性溶液中で12時間還流します。さまざまなピリジン誘導体が、電子供与性または電子欠乏性のかさ高いボロン酸と高収率でカップリングし、最高99%の収率が得られました。

Potassium carbonate, toluene-water, reflux, 12 h image

Product Yield (%) Product Yield (%) Product Yield (%)
A-Phos Product Structure 1 Image 93 A-Phos Product Structure 2 Image 92 A-Phos Product Structure 3 Image 93
A-Phos Product Structure 4 Image 98 A-Phos Product Structure 5 Image 95 A-Phos Product Structure 6 Image 94
A-Phos Product Structure 7 Image 99 A-Phos Product Structure 8 Image 98 A-Phos Product Structure 9 Image 97
A-Phos Product Structure 10 Image 96 A-Phos Product Structure 11 Image 99    

また、カップリングパートナーとして選択肢の豊富なアリールボロン酸エステルと種々の塩化アリールとの鈴木カップリングもごく最近報告されました。この場合、1 mol%の触媒および塩基として酢酸カリウムの存在下、ブタノールと水が溶媒として用いられています。

Butanol and water, potassium acetate image

Technology Spotlights 一覧に戻る

     
Redi-Driのご案内