有機合成化学

Stahl試薬:アルコールの空気酸化

KitAlysis™ ハイスループット スクリーニング キット

はじめに

アルコールを酸化してアルデヒドやケトンを得る酸化反応は、有機化学で最も頻繁に実施される反応のひとつです。この反応で、酸素ガスは理想的な酸化剤ですが、合成の適用範囲が狭いことと特に安全性で懸念があるため、空気酸化は試験研究段階ではあまり実施されません。

Stahlらは、TEMPOまたはABNOラジカルと銅塩[Cu(MeCN)4]OTf(685038)の存在下で、空気を酸素源としてアルコールを酸化する方法を見出しました。この方法は、アルコールを高収率かつ高選択的に空気酸化してアルデヒドやケトンを得る安全で実用的な酸化反応です。アルドリッチでは、この反応を達成するための混合試薬をStahl空気酸化溶液として2種類発売しています(TEMPO:796549、ABNO:796557)。

特長

  • 基質と銅触媒を加えるだけの簡便な反応操作
  • 多くの反応は室温、開放系で実施可能
  • 反応の終点を目視で確認可能(赤/褐色から緑/青へ)
  • TEMPOは第一級アルコールの選択的酸化反応に使用
  • ABNOは、第一級および第二級アルコールの迅速な酸化反応に使用
  • 基質適用範囲が広い

適用例

製品詳細

製品番号 構造式 製品名
796549 Stahl Aerobic Oxidation TEMPO solution, 0.2 M in acetonitrile
796557 Stahl Aerobic Oxidation ABNO solution, 0.04M ABNO in Acetonitrile
685038 Tetrakisacetonitrile copper(I) triflate

References

  1. Hoover, J. M.; Stahl, S. S. J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 16901-16910.
  2. Hoover, J. M.; Steves, J. E.; Stahl, S. S. Nat. Protoc. 2012, 7, 1161-1166.
  3. Steves, J. E.; Stahl, S. S. J. Am. Chem. Soc. 2013, 135, 15742-15745.
  4. Greene, J. F.; Hoover, J. M.; Mannel, D. S.; Root, T. W.; Stahl, S. S. Org. Process Res. Dev. 2013, 17, 1247-1251.

Stahl研究室で開発され、Aldrichが供給している試薬の一覧は、Professor Productページをご覧ください。

Technology Spotlights 一覧に戻る