有機合成化学

クロスカップリング反応のための触媒カプセル

KitAlysis™ ハイスループット スクリーニング キット

Buchwald触媒GTカプセル

Buchwaldらが開発したクロスカップリング反応用の触媒と配位子の発展は目覚しく、簡便で効率的な化学合成へ大きく貢献しています。これらの触媒は極めて活性で適用範囲が広く、穏やかな塩基性条件で容易に活性化されます。

アルドリッチでは、Buchwald G2およびG3触媒前駆体をさらに使いやすくするため、触媒GTカプセルを提供しています。検討初期の段階に適した0.025 mmol量の触媒があらかじめ秤量してカプセルに内包されており、秤量の手間がかかりません。また、触媒の劣化のリスクも低減されます。

セルロース製カプセルは溶液中で崩壊し、内包された触媒が反応系中にすみやかにリリースされます。

触媒GTカプセルの外観

Buchwald触媒GTカプセルの外観

GTカプセルの特長

  • 取り扱いが簡単
  • 秤量の手間が不要
  • 反応に影響しないセルロース製カプセル
  • 反応後にろ過により除去

XPhos, BrettPhoss, RuPhosなどの汎用のBuchwald触媒に加え、rac-BINAP, P(t-Bu)3やXantPhosといった配位子も扱っています。

Buchwald G2触媒前駆体(GTカプセル)リスト

Buchwald G3触媒前駆体(GTカプセル)リスト

Technology Spotlights 一覧に戻る

Buchwaldグループの試薬、クロスカップリングについては左記のページもご参考ください。
     
Redi-Driのご案内