有機合成化学

シクロプロパン試薬

KitAlysis™ ハイスループット スクリーニング キット

シクロプロピル基は多くの天然物構造によく見られる部分構造であり、最近では、広スペクトル抗菌剤であるサイプロフロキサシン(Figure 1)のような医薬品にも取り入れられています。シクロプロパン環を導入するには、シクロプロピルマグネシウムブロミド(526797)などのようなシクロプロピル基を有する有機金属試薬を利用するのが一般的です。

また、クロスカップリングによりハロアレーンやハロオレフィンの反応によってシクロプロピル基を導入することも可能であり、Figure 2 に示すようなシクロプロピルボロン酸およびピナコールエステル、トリフルオロホウ酸カリウム塩の鈴木カップリングが最もよく研究されています。

Pd(OAc)2, Pcy3, K3PO4の存在下、ヘテロアリールブロミドや種々の置換ブロモベンゼン求電子剤とシクロプロピルボロン酸との良好なクロスカップリングがメルクの研究者により報告されています(Figure 31

しかしながら、シクロプロピルボロン酸には、合成が困難、不安定、無水物であるために化学量論が不明(大過剰の当量が必要となる)などの欠点があります。ピナコールエステルにはこれらの問題はないものの、3分の2当量の未反応のピナコールを反応終了後に除去しなくてはなりません。これらの課題をふまえ、CharetteとDengらの研究グループは一般的なPd触媒を用いるアリールブロミドと置換シクロプロピルトリフルオロホウ酸カリウムとのクロスカップリングを報告しています(Scheme 12,3。有機トリフルオロホウ酸塩は対応するボロン酸に比べて安定性が高く、より定量的な反応が期待できます。一般に空気中で取り扱い可能であり、湿気に対しても安定です。さらに、水で処理することにより、反応混合物から副生成物の塩を簡便に除去できます。

Technology Spotlights 一覧に戻る

ボロン酸試薬については左記のページもご参考ください。
     

References:

  1. Wallace, D. J.; Chen, C.-y. Tetrahedron Lett. 2002, 43, 6987.
  2. Charette, A. et al. Synlett 2005, , 1779.
  3. Fang, G.-H. et al. Org. Lett. 2004, 6, 357.
Redi-Driのご案内