Attention:

Certain features of Sigma-Aldrich.com will be down for maintenance the evening of Friday August 18th starting at 8:00 pm CDT until Saturday August 19th at 12:01 pm CDT.   Please note that you still have telephone and email access to our local offices. We apologize for any inconvenience.

有機合成化学

PEMB: 還元的アミノ化反応に有用な新規還元剤

KitAlysis™ ハイスループット スクリーニング キット

PEMBの構造

Figure 1: Structure of the new reductive amination reagent, PEMB 725080.

適切なヒドリド源存在下で第一級アミンとアルデヒドやケトンを反応させると、対応する第二級アミンが容易に得られます。この変換を成功させるうえで非常に重要な役割を果たしているのが還元剤の性質です。反応性の高いヒドリド源は、一般に用いられる弱いBrönsted酸にも、イミニウムイオンが形成される際に生じる水にも耐性がありません。

代表的なPEMB反応条件

Scheme 1: Representative transformation conditions for reduction amination with PEMB.

5-エチル-2-メチルピリジンボラン(PEMB:5-Ethyl-2-methylpyridine borane complex)は、還元的アミノ化に用いられる他のアミン-ボランに比べて保存安定性が極めて高く、水/THFやメタノール溶液中での分解速度が1日あたり7%未満にすぎないという結果が得られています。PEMBを用いるとメタノール中で還元的アミノ化を行うことができます。溶媒を全く用いずにニートで反応を行うことも可能であり、その方が溶媒を用いた場合よりも収率が高くなる例が少なくありません(Scheme 2)。他の一部のヒドリド還元剤とは異なり、BH3の3つの水素原子のうち2つが利用され、通常は過剰に添加する必要がありません。

代表的なPEMB反応例

Scheme 2: Selected reductive amination examples run in methanol and neat.

Technology Spotlights 一覧に戻る

     

References

  1. Burkhardt, E. R.; Coleridge, B. M. Tetrahedron Lett. 2008, 49, 5152–5155.
Redi-Driのご案内