有機合成化学

Symphos 配位子

KitAlysis™ ハイスループット スクリーニング キット

Fuらとの共同研究により、Symyx Technologies社が開発したSymphos配位子は、フェニル基を基盤とする新しいタイプのP, O-配位子です1。この新しい配位子は、芳香族ハロゲン化物の一般的なパラジウム触媒鈴木反応に有用です。電子不足および電子豊富な芳香族塩化物と芳香族ボロン酸のクロスカップリング反応について、Pd(dba)2とSymphosを用い、CsFの存在下、トルエン中105℃で反応を実施したところ、最高97%の収率が得られました。

Symphos配位子

Entry R-B(OH)2 Ar-Cl Yield (%)
1 96
2 97
3 91
4 94

Technology Spotlights 一覧に戻る

Symphos 配位子関連製品については左記のページもご参考ください。
     
Redi-Driのご案内