有機合成化学

MIDAボロネートの新たなアプリケーション

KitAlysis™ ハイスループット スクリーニング キット

Burkeらにより開発されたMIDAボロネート1は、反復クロスカップリング反応に利用でき、多くのビアリール化合物や複雑な天然物の合成に利用されています1,2。最近、Andrei Yudinのグループは、MIDAボロネートをエポキシドの選択的開環反応に利用することを検討する過程で、α-MIDA-ボリルアルデヒドが得られることを見出しました。このα-MIDA-ボリルアルデヒドは実験室環境で安定な白色固体であり、この分野ではこれまで報告されていなかった新たな変換反応の出発物質となり、様々なボロン酸化合物および有用な化合物の合成に利用できることを報告しました3

New and Versatile Functional Handle

過去の報告と同様に、α-MIDA-ボリルアルデヒドも化学選択的な官能基変換が容易で、様々なアルデヒドの変換反応が適用でき、下図に示すようなビニルトリフラートやカルボン酸などの有用な中間体がワンステップで得られます。

Diversity with High Chemoselectivity

ジアステレオ選択的Barbier型付加反応を実施すると、α-MIDA-ボリルアルデヒドから多くの有用な中間体合成の出発物質となるアリルアルコールへと変換できます。例えば、酸化すればsyn-1,2-ジオールが、塩基性条件下で処理すればジエン類が得られます。

Highly Diastereoselectivite Transormations

エナミドまたはTIPS-ビニルエーテルを出発原料とし、3成分カップリングを利用して新規な非天然アミノ酸が得られることも見出されました。この場合、まず保護基をMIDAからピナコールに変換します。ボロン酸ピナコールエステルは、アミンとグリオキシル酸からin situ で生成するイミンとPetasis boro-Mannich付加反応により結合して、非天然アミノ酸が得られます。Aldrichでは、この手法を利用して非天然アミノ酸の製品ポートフォリオを拡大するとともに、MIDAボロネートも今後品揃えを拡大していきます。

MIDA boronates portfolio

Technology Spotlights 一覧に戻る

MIDAボロネートについては左記のページもご参考ください。

References

  1. Gillis, E. P.; Burke, M. D. J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 6716-6717.
  2. (a) Lee, S. J.; Gray, K. C.; Paek, J. S.; Burke, M. S.; J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 466-468. (b) Gillis, E. P., Burke, M. D. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 14084-14085. (c) Uno, B. E.; Gillis, E. P.; Burke, M. D. Tetrahedron 2009, 65, 3130-3138. (d) Knapp, D. M.; Gillis, E. P.; Burke, M. D. J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 6961-6963. (e) Gillis, E. P.; Burke, M. D. Aldrichimica Acta 2009, 42, 17-27. (f) Ballmer, S. G.; Gillis, E. P.; Burke, M. D. Org. Synth. 2009, 86, 344-359. (g) Struble, J. R.; Lee, S. J.; Burke, M. D. Tetrahedron 2010, 66, 4710-4718. (h) Dick, G. R.; Knapp, E. P.; Burke, M. D. Org. Lett. 2010, 12, 2314-2317. (i) Woerly, E. M.; Cherney, A. H.; Davis, E. K.; Burke, M. D. J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 6941-6943. (j) Lee, S. J.; Anderson, T. M.; Burke, M. D. Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 8860-8863. (k) Woerly, E. M.; Struble, J. R.; Palyam, N.; O’Hara, S. P.; Burke, M. D. Tetrahedron 2011, 67, 4333-4343. (l) Fujii, S.; Chang, S. Y.; Burke, M. D. Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 7862-7864. (m) Li, J.; Burke, M. D. J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 13774-13777. (n) Dick, G. R.; Woerly, E. M.; Burke, M. D. Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51, 2667-2672.
  3. He, Z.; Yudin, A. K. J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 13770-13773.
Redi-Driのご案内