Attention:

Certain features of Sigma-Aldrich.com will be down for maintenance the evening of Friday August 18th starting at 8:00 pm CDT until Saturday August 19th at 12:01 pm CDT.   Please note that you still have telephone and email access to our local offices. We apologize for any inconvenience.

カスタムペプチド合成

よくいただく質問

カスタムペプチド合成サービスについて

Q1. 納期はどれくらいですか?

A1. 通常品の参考納期はImmunological purity、>70%が3週間、>80%が約3~4週間、>90%、>95%が4~5週間です。お見積りとともにお知らせいたします。

 

Q2. 合成スケール・純度はどれくらいですか?

A2. Immunological Purity 5mg, 10mg, 15mg, 25mg, 50mg, 100mg
>70% 5mg, 10mg, 15mg, 25mg, 50mg, 100mg
>80% 5mg, 10mg, 15mg, 25mg, 50mg, 100mg
>90% 5mg, 10mg, 15mg, 25mg, 50mg, 100mg
>95% 5mg, 10mg, 15mg, 25mg, 50mg, 100mg

上記が標準スケールです。純度はHPLCによる最低保証純度です。100mg以上については、お問い合わせ下さい。

back to top

Q3. 液相合成はできますか?

A3. 申し訳ございません。液相合成はおこなっておりません。

 

Q4. ポリクローナル抗体作製用にペプチドを注文したいのですが、どれくらいの純度が必要ですか?

A4. 宿主動物に免疫されたペプチド抗原は、抗原認識―抗原提示の過程で消化を受けます。そのために、通常ポリクローナル抗体作製では高純度なペプチドを利用する必要性は低いと考えます。Immunological purity、70%などの安価なグレードで十分です。可能であれば、安価なグレードで複数の部位を試されたほうが、より有意義な実験計画が組めると思います。

back to top

Q5. 合成ペプチドの品質保証はどのように行っていますか?

A5. 合成結果報告書のMSデータ、HPLCデータにより、合成ペプチドの品質を保証いたします。

 

Q6. 抗体作製用にペプチドを注文したいのですが、どれくらいの量が必要ですか?

A6. ウサギ1羽に免疫1回あたり、約100~500μgの抗原を用いますが、動物の健康状態や、抗体価の上昇率などにより変動します。通常、ウサギ2羽で各6回免疫をするには、約3mg程度の抗原があれば十分です。弊社では通常、各3mgのペプチドとキャリアタンパク質を用いて調製します。また、ELISAプレート調整のため1~2mg、ペプチドカラム調整のために5mg程度のペプチドが必要になります。必要なオプションに応じて合成スケールをお選びください。

back to top

Q7. 部位の予測はおこなってもらえますか?

A7. はい、行っております。詳しくはこちら(抗原用配列デザイン)をご覧ください。複数のパラメーターより、抗原として適したペプチド配列をご提案させていただきます。

 

Q8. 抗ペプチド抗体を得るための合成ペプチドの長さはどのくらいが適切ですか?

A8. 通常、15~20残基内をお勧めします。20残基以内であれば、価格的にお得な「シンプル抗体作製サービス」をご利用いただけます。

 

Q9. 合成ペプチドの非コンジュゲート末端は、アセチル化またはアミド化しないといけないのですか?

A9. 配列に依存します。免疫抗原を天然の状態に近づけるには、合成ペプチドの非コンジュゲート末端は、電荷を持たないアセチル化またはアミド化が理想的です。しかし、末端のアミノ基およびカルボキシル基はペプチドの溶解性に大きく寄与していますので、これらをブロックすることにより、難水溶性になることも予想されます。

back to top

Q10. 価格表には無い特殊品の合成を頼みたいんだけど?

A10. 特殊なアミノ酸(スペーサー等)や蛍光修飾をご希望の場合は、Fax(0120-730-850)、またはE-mail(genosysjp@sial.com)まで送信くださるよう、お願いいたします。

FAX用 オーダーフォーム
カスタムペプチド合成 (PDF:92KB)

E-mail用 テキストファイルオーダーフォーム
カスタムペプチド合成 (2KB)
蛍光ペプチド合成 (3KB)

 

Q11. 5mg以下の収量は注文できませんか?

A11. 価格表には記載しておりませんが、出来るだけ対応させて頂きますのでFax(0120-730-850)、またはE-mail(genosysjp@sial.com)まで送信くださるよう、お願いいたします。

FAX用 オーダーフォーム
カスタムペプチド合成 (PDF:92KB)

E-mail用 テキストファイルオーダーフォーム
カスタムペプチド合成 (2KB)
蛍光ペプチド合成 (3KB)

 

Q12.  ペプチド希釈溶媒は何を使用すればいいですか?

A12.  品質保証書には推奨溶媒が記載されております。必ずしも、この溶媒でなければ溶けないということでは御座いませんが、精製作業の際、溶媒として使用したものですので、溶解のご参考としてください。

back to top

PepScreen® について

Q1. 何本から注文できますか?

A1. 24本からご注文可能です。

 

Q2. ペプチドを溶解する際にはどのようにすればよいのですか?

A2. 各アミノ酸配列によって、その溶解性は大きく異なります。まずは、DMSOなどの有機溶媒で溶解し、ストック溶液を調製されることをお勧めいたします。溶解方法の詳細につきましては、こちらのHandling and Storage of Synthetic Peptidesガイドライン(PDF: 1.62MB) をご覧ください。

back to top

Q3. 1ウェルあたりの収量はどれくらいですか?

A3. 0.5~2mgです。あくまでも概算の収量となりますのでご注意ください。

 

Q4. 品質チェックはどのように行っていますか?

A4. MALDI-TOF/MSによって分子量測定を行っています。

 

Q5. 注文後どれくらいの期間で届きますか?

A5. 本数にも依存いたしますが、受注後およそ3週間(24~96本の場合)でお手元にお届けいたします。

back to top

DNA Calculatorが新機能を追加してリニューアル!

【主な機能】

  • Analysis:分子量、Tm値、ダイマー、ヘアピン予測等。DNA/RNA/特殊塩基にも対応します。
  • Resuspension:核酸の溶解液量の計算をサポートします。
  • Dilution:核酸溶液の希釈計算をサポートします。

※オリゴ購入の会員登録とは別にユーザー登録が必要となります。
大変お手数ですが上記リンク先からご登録の上、ご利用ください。

 

 Antibody Search Tool
Help Perform full text search of antibodies and related products using keywords. "Refine Your Search" and search Within Results options are available from the search results page.

For Primary Antibodies
Enter specificity, gene symbol, gene ID, or gene family name (use "*") and other relevant keywords: "actin", "mouse monoclonal actin", "actin Cy3", "rabbit actin", "XRCC1", "22594", "XRCC*". Click the "GO" button.

For Secondary Antibodies
Enter IgG target, label, and host species: "rabbit IgG FITC mouse", "mouse IgG TRITC", "goat IgG peroxidase". Click the "GO" button.
Refine search if necessary using "Secondary Antibodies" option from "Refine Your Search" under "Product Category".

For a Clone Search
Enter Clone name or number:"1A4", "V9". Click the "GO" button.