ライフサイエンス

エピジェネティクス

エピジェネティクスは様々な遺伝子発現の変化、DNA配列の 変化、タンパク質の変化を伴います。シグマでは、DNAメチル化、クロマチン修飾、およびRNA干渉(RNAi)を研究するための製品を販売しており、ビ サルファイト修飾、グローバルなDNAメチル化定量、クロマチン免疫沈降法(ChIP)、DNA増幅、ヒストン修飾、クロマチン修飾、転写因子、転写制御 因子、RNA制御、核タンパク質、および関連抗体もご提供しています。


代表的なエピジェネティクス関連遺伝子リスト


クロマチン免疫沈降、ゲノム増幅(WGA)、アレイ解析を、on chipで!

YFGにリンクし、必要な遺伝子情報を全て入手できます(英語サイト) シグマのChIP、WGA技術とNimbleGenのアレイ技術がコラボレーション(英語サイト)


回収DNAの増幅時に、バックグランドを最大限低減できる新システム
Imprint® Ultra クロマチン免疫沈降(ChIP)キット
(英語サイト)

 

シグマライフサイエンスニュース2011Spring 『エピジェネティクス特集』からの抜粋記事