遺伝子機能解析

Sigma CRISPRs

お知らせ
 

CRISPRによるゲノム編集をリーズナブルに!SygRNA™ 7月3日新発売

ノックアウトゲノム編集 SygRNAカスタム crRNA 新発売キャンペーン ご発注はこちらから
SygRNAカスタム crRNAスターターキットが、今なら35,000円! この機会をお見逃しなく。

 
 

 

 

CRISPR/Cas9 とは

CRISPR/Casの機能
CRISPR/Casシステムは、バクテリアの免疫機構として知られています。ウイルスなどの外来DNA断片が、バクテリアゲノム中のCRISPR(Clustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeats)座位に挿入されることで、免疫記憶として機能します。再感染時には、挿入されたDNA 断片を含むCRISPR RNA(crRNA)が、配列特異的にCRISPR-associated(Cas)ヌクレアーゼを外来DNAに誘導して、標的外来配列に二本鎖切断を引き起こします。

 

 

Cas9はRNAに導かれてDNAを切断する
Cas9は、crRNAとtracrRNA(trans-activating crRNA)に導かれて配列特異的に結合し、DNAを切断します(Deltcheva et al. 2011)。tracrRNA-crRNA のヘアピン構造を模倣したガイドRNA(gRNA)を使用することで、一分子のgRNAでCas9によるDNA切断を誘起します(Jinek et al. 2012)。Cas9によるDNA切断の特異性はgRNAによって規定されており、gRNAはPAMモチーフと呼ばれるNGG配列を必要とします(Marraffini and Sontheimer, 2010)。

 

ゲノム編集におけるCRISPR/Cas9の有用性
CRISPR/Cas9システムによる配列特異的DNA切断は非常にシンプルで、Cas9ヌクレアーゼとgRNAのみを必要とします。また、バクテリアの免疫機構が起源であるにもかかわらず、哺乳類を含む多くの生物種で高効率の切断活性を示します(Cong et al., 2013; Mali et al., 2013, Wang et al., 2013)。
さらにgRNAを作成する上での制限はNGG配列だけであることから、デザイン上の自由度が高くoff-targetの危険性の少ない領域に設計することが容易です。

CRISPRは簡便で安価なゲノム編集ツールを研究者の皆様に提供します。

 

Sigma CRISPRs

  • ヒト,マウス,ラットのほぼ全ての遺伝子に対してpre-designed CRISPRsをご用意
  • Custom CRISPRsサービスにより、全ての生物種・標的領域に対応可能
  • 熟練のSIGMA バイオインフォマティクスチームによるオフターゲットリスクを最小限にしたデザイン
  • 精製RNA フォーマットを含む豊富な製品形態で、様々な実験系に対応
  • 簡便・安価で短納期を実現

 

 

 

All-in-one, ready-to-use Cas9 and gRNA expression plasmids

  • Cas9発現ユニットとgRNAを単一のベクターに搭載したフォーマット
  • Cas9と共に蛍光タンパクが共発現し、導入細胞の分別が容易に
  • ユニークなオンライン検索エンジンで、Pre-designed CRISPRの検索が容易

 

Sigma CRISPRs All-in-One plasmid format の利点

  1. いくつかの細胞株では、多量のdsDNAの導入が細胞毒性を引き起こすことが知られているが、Sigma CRISPRsは単一のプラスミドに必要なコンポーネントが全て搭載されているため、トランスフェクションに供する核酸の総量を増大させる必要がない。
  2. GFP-linked Cas9発現ベクターシステムにより、クローニングに先立って変異誘導細胞群の濃縮が可能。

 

実験例 FACSを用いたKras変異誘導細胞の濃縮。

K562細胞にKras遺伝子を標的としたSigma CRISPRsを導入し、FACSを用いてGFP蛍光の強度により3つの細胞群に分画し、それぞれの細胞プールのKras 遺伝子変異誘導効率をCel-1アッセイにより評価した。

 

 

Cas9-GFP発現の蛍光顕微鏡およびFACSによるソーティング

FACS分画細胞プールのCel-1アッセイ結果

 

Independent gRNAs (plasmid, purified RNA)

  • Cas9とgRNAを分離したフォーマット(別途 Cas9 発現ユニットのご購入が必要です)
  • 多重ノックアウトなどの実験系に有用
  • 受精卵へのインジェクションに最適な精製RNAフォーマットも選択可能
  • ユニークなオンライン検索エンジンで、Pre-designed CRISPRの検索が容易

 

Paired gRNAs for Nickase (plasmids, purified RNAs)

  • Cas9-D10A Nickaseとの併用により、オフターゲットリスクを低減
  • 2分子のgRNAで認識することにより、ZFNやTALENと同等の認識鎖長となる
  • PAM配列の距離を30-150bpとしたgRNAペアでNickaseによる高効率な二本鎖切断が可能
  • 受精卵へのインジェクションに最適な精製RNAフォーマットも選択可能
  • ユニークなオンライン検索エンジンで、Pre-designed Paired-CRISPRの検索が容易

注)別途 Cas9 Nickase 発現ユニットのご購入が必要です

 

 

 

CRISPR Lentivirus (plasmids, viral particles)

  • 高効率のノックアウトでスクリーニングに最適
  • レンチウイルスによりCRISPRコンポーネントを安定して染色体に導入
  • Cas9と共にPuroR, GFPを発現するユニークな構成により、導入細胞のモニタリングが可能
  • トランスフェクションが困難な細胞でもゲノム編集が可能

「カルタヘナ法に基づく情報提供」(166KB PDF)

Ordering Information

Product 製品形態 標準納期 希望納入価格
pre-designed CRISPR(ヒト・マウス・ラット) Plasmid(U6-gRNA/CMV-Cas9-GFP) 4-5週間 ¥ 85,000
Plasmid(U6-gRNA/CMV-Cas9-RFP)
Plasmid (U6-gRNA)*
Purified RNA* 5-6週間
Lentiviral Plasmid
Lentiviral Particles 約2か月
pre-designed Paired-CRISPRs (ヒト・マウス・ラット) Plasmid (U6-gRNA) x2* 4-5週間 ¥ 127,500
Purified RNA x2* 5-6週間
Custom CRISPRs Plasmid(U6-gRNA/CMV-Cas9-GFP) 5-6週間 ¥ 115,000 (基本価格)
Plasmid(U6-gRNA/CMV-Cas9-RFP)
Plasmid (U6-gRNA)*
Purified RNA* 6-7週間
Lentiviral Plasmid
Lentiviral Particles 2-2.5か月
Custom Paired-CRISPRs Plasmid (U6-gRNA) x2* 5-6週間 ¥ 172,500 (基本価格)
Purified RNA x2* 6-7週間

* All-in-One plasmid 以外のフォーマットには、別途 Cas9 発現ユニットのご購入が必要です。
** 低価格・短納期を実現するため、本製品は活性検証試験を行っておりません。
 そのため、一つの標的遺伝子に対して複数のgRNA配列をお試しになることをお勧めいたします。

本製品は専用フォームでのご発注をお願いしております。製品の検索・ご発注は下記をご参照ください。

 

pre-designed CRISPRs の検索・お申し込みはコチラ

Paired-CRISPRs の検索・お申し込みはコチラ

 

Custom CRISPRsお申し込み

お客様 Custom CRISPRs申込書に英語にて必要事項をご記入後、sialjpts@sial.comにメールにてお送りください。
追記型pdf形式になっておりますので、記入欄に直接タイプしていただけます。 1-6の項目は必須、7-9については使用目的により、いずれかにご記入ください。また、10以降はオプション項目(別料金)となっております。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ
弊社テクニカルサポート
TEL:03-6756-8245  E-mail: sialjpts@sial.com

シグマ お客様に御記入いただいたフォームにそってお見積もりを作成、お客様にお返しします

お客様 弊社代理店様を通じて御注文いただきます

 

 

Cas9 expression units and Control CRISPRs

  • wt Cas9 およびCas9-D10A-Nickse の発現プラスミドに加え、受精卵へのインジェクションに最適なmRNAフォーマットもご用意
  • 切断活性検証済みのヒトEMX1遺伝子に対する2種類の陽性コントロール
  • ヒト・マウス・ラットで使用できる3種類のネガティブコントロール
 

Materials

     

 

References