Attention:

Certain features of Sigma-Aldrich.com will be down for maintenance the evening of Friday August 18th starting at 8:00 pm CDT until Saturday August 19th at 12:01 pm CDT.   Please note that you still have telephone and email access to our local offices. We apologize for any inconvenience.

遺伝子機能解析

esiRNA / esiFlex

MISSION esiRNA (endoribonucleaseprepared siRNA)はRNAiスクリーニングにおいて、シンプル、経済的で、確実な方法です。MISSION esiRNA はHuman 16,000以上、Mouse 9,500以上の遺伝子を対象とした製品です。ライブラリー、カスタムライブラリー、個別遺伝子でのご提供です。

Index  
 

製品特長と基本技術

特長
  • 経済的なゲノムスケールのRNAiスクリーニングツール:
     ゲノムワイドで、手頃な価格
  • 個別の効果的なsiRNA を含みます:
    迅速な一次スクリーニングが可能、ターゲットを絞り込めます。
  • 効率的な遺伝子サイレンシングが可能:
    mRNA 発現を70% 以上ノックダウン
  • 低いオフターゲット効果:
    同じmRNA に対するヘテロジーニアスなsiRNA ミックスです。
     また特異的にマルチに作用するようデザインされています。
  • 実績ある手法
esiFlex Woman
基本技術
Overview of MISSION esiRNA Production Image

Figure 1: MISSION esiRNA 製品概要(クリックで拡大)

esiRNA(Endoribonuclease-prepared siRNAs)は、Escherichia coli RNase III.により、ロングdsRNA(double-stranded RNA)より生成したsiRNAの複合プールです。

PCR産物の生成
in vitro転写反応のテンプレートはRNAポリメラーゼプロモーター配列を含んだ、ターゲットに特異的なプライマーか、ベクターバックボーンに特異的なプライマーを用いたクローンからのcDNAのPCR増幅により生成する。PCR産物は配列検証済みで、増幅領域はDeqor siRNAデザインプログラムに基づいた高効率のsiRNAターゲット配列を含みます。MISSION esiRNAはターゲット遺伝子の様々な転写をカバーするようデザインされています。

In vitro 転写反応とロングdsRNAの作成
cDNAからin vitro 転写反応によってPCR産物を作成します。RNAポリメラーゼでdsRNAを作成し、2つの1本鎖RNAストランドを酵素消化前にアニールします。

酵素消化
ロングdsRNAは酵素消化によりショートdsRNAにします。この消化産物はsiRNAのような分子の複合プールになります。

消化されたdsRNAの精製
消化産物から多くのDNAテンプレート、不要な核酸、40bp以上の長いdsRNAを除去します。この精製により、MISSION esiRNAsは平均長さが21bpとなります。

MISSION esiRNA
MISSION esiRNAはヘテロジーニアスなsiRNAの混合物で、全てのターゲットは同じmRNA配列となります。マルチなRNAサイレンシングにより高いターゲット特異性と効果的なサイレンシングを実現します。

▲ Back to Top


価格/製品一覧

品質管理

  • DEQORプライマーデザインプログラムによる効果的なsiRNA領域を含むcDNA増幅
  • 転写されたPCR産物ライブラリーはゲル電気泳動とDNAシーケンシングによりテスト済み
  • RNase III消化物(esiRNA)はQ-セファロースによるカラム精製、イソプロパノール沈殿、エタノール洗浄で精製済み。
  • 精製産物はゲル電気泳動にて試験済み。
  • OD260もしくは蛍光強度により濃度試験済み
 

基本仕様

  • 溶液 : nuclease-free TE buffer solution
  • Humanターゲット : 15,324遺伝子、16,121 esiRNAs
    Mouseターゲット : 8,607遺伝子、9,558 esiRNAs
  • トランスフェクションに効果的な濃度は通常1-50nM
  • ノックダウン効果は通常、24 時間程でご確認頂けます。
  • 12回の再融解、再冷凍サイクル試験において、安定性を確認。
  • 試験成績証明書(Certificate of Analysis) / テクニカルデータシート添付。(ライブラリー、プレートサービスにはCD-ROM添付)。
  • 温度 : 出荷時;冷凍(ドライアイス)、保管時;-20℃で2年安定試験済み。
  • 個別esiRNAの予定納期は約1ヶ月。
 

製品一覧

ご興味ある遺伝子名、シンボル、RefSeqナンバーなどで製品を検索いただけます。

  個別 カスタムプレート 全ゲノムライブラリー esiFlex
容量 20 µg (2 nmol) 20 µg (2 nmol) 1 µg (0.1 nmol) 1 µg (0.1 nmol)
50 µg (5 nmol) 50 µg (5 nmol) 2.5 µg (0.25 nmol) 2.5 µg (0.25 nmol)
パッキング 2 mL tube 96-well plate 384-well plate 96-well plate
濃度 200 ng/μL 200 ng/μL 50 ng/μL 50 ng/μL
ご注文方法 型番にて通常注文 メールにてお問合せください。(E-mail:sialjpts@sial.com )
  • カスタムプレート、esiFlexサービスは100遺伝子以上、5000遺伝子までのご注文より承ります。
  • Well Plateは、左端のレーン、とD3, D4, D21, D22, M5, M6, M18, M19はブランクとなります。
 

個別esiRNA価格表

Product Name CAT.NO.
Human 16112 種 EHUXXXXXX
Mouse 9527 種 EMUXXXXXX
X は数字)
Size 価格(¥)
20 µg ¥28,000
50 µg ¥50,000

▲ Back to Top

コントロール

  • ネガティブコントロール : RLUC, FLUC, eGFP をターゲットとしたesiRNA をご利用ください。
  • ポジティブコントロール : eg5 (KIF11) をターゲットとしたesiRNA をご利用ください。(有糸分裂での強発現/細胞生存に関わるフェノタイプ)
  • eGFP をターゲットとしたesiRNA を発現確認用としてご利用頂く事も可能です。
  • Validated human MISSION esiRNALAMIN A, PLK4, AURKBをポジティブコントロール、トランスフェクション最適化のコントロールとしていただく事も可能です。

バリデート済みの製品

下記リストはバリデート済みの製品の一部をリスト化しています。随時、バリデート終了次第、製品リストに追記されていきます。 詳細はYFG検索の結果をご参照ください。

Validated Hn MIumaSSION esiRNA
Gene Name esiRNA Product No. Gene Name esiRNA Product No. Gene Name esiRNA Product No.
ANAPC1 EHU029991 DCTN2 EHU086581 PLK4 EHU001691
ANAPC10 EHU108801 ETN3 EHU040581 RAD21 EHU108911
ANAPC5 EHU069691 H3F3A EHU127091 RCD-8 EHU094431
AURKB EHU001471 INCENP EHU001891 SEC13L1 EHU152131
c14orf10 EHU143981 KIF11 EHU019931 SEH1L EHU049161
CENPA EHU098081 KIF23 EHU066121 SUV39H2 EHU093651
CEP192 EHU026711 LMNA EHU063791 TACC3 EHU063201
CETN2 EHU137031 MAD2L1 EHU074611 TUBG1 EHU056411
ch-TOG EHU078221 NEK2 EHU109951 TUBGCP3 EHU073291
CLASP1 EHU028941 NUMA EHU059141 TPX2 EHU093011
CP110 EHU007261 NUP37 EHU048011    

▲ Back to Top

References

MISSION esiRNA — Proven RNAi Screening Tool

  • Slabicki M., et al. (2010) A Genome-Scale DNA Repair RNAi Screen Identifies SPG48 as a Novel Gene Associated with Hereditary Spastic Paraplegia. PLoS Biol 8(6): e1000408. doi:10.1371/journal.pbio.1000408. Paper (2.22 Mb PDF)
  • Collinet, et al. Systems survey of endocytosis by multiparametric image analysis. Nature 464, 243-249 (2010). Abstract
  • Theis, M. et al. Comparative profiling identifies C13orf3 as a component of the Ska complex required for mammalian cell division. EMBO J. 28, 1453-65 (2009). Abstract
  • Ding, L. et al. A Genome-Scale RNAi Screen for Oct4 Modulators Defines a Role of the Paf1 Complex for Embryonic Stem Cell Identity. Cell Stem Cell. 9, 403-15 (2009). Abstract
  • Kittler, R. et al. Genome-scale RNAi profiling of cell division in human tissue culture cells. Nat. Cell Biol. 9, 1401-12 (2007). Abstract
  • Kittler, R. et al. An endoribonuclease-prepared siRNA screen in human cells identifies genes essential for cell division. Nature 432, 1036-40 (2004). Abstract
 

Additional esiRNA Literature References

  • Stewart, G. S. et al. The RIDDLE syndrome protein mediates a ubiquitin-dependent signaling cascade at sites of DNA damage. Cell 136, 420-34 (2009). Abstract
  • Lawo, S. et al. HAUS, the 8-Subunit Human Augmin Complex, Regulates Centrosome and Spindle Integrity. Curr Biol., 19, 816-26 (2009). Abstract
  • Fazzio, T. G. et al. An RNAi screen of chromatin proteins identifies Tip60-p400 as a regulator of embryonic stem cell identity. Cell 2008 134, 162-74 (2008). Abstract
  • Konstantinova, I. et al. EphA-Ephrin-A-mediated beta cell communication regulates insulin secretion from pancreatic islets. Cell 129, 359-70 (2007). Abstract
  • Nikolova, G. et al. The vascular basement membrane: a niche for insulin gene expression and Beta cell proliferation. Dev Cell. 10, 397-405 (2006). Abstract
  • Kittler, R. et. al. RNA interference rescue by bacterial artificial chromosome transgenesis in mammalian tissue culture cells. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 102, 2396-401 (2005). Abstract
  • Liu, W. Y. et al. Efficient RNA interference in zebrafish embryos using synthesized with SP6 RNA polymerase. Dev. Growth Differ. 47(5), 323-31 (2005). Abstract
  • Yang, D. et al. Short RNA duplexes produced by hydrolysis with Escherichia coli RNase III mediate effective RNA interference in mammalian cells. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 99, 9942-7 (2002). Abstract

▲ Back to Top