ラインナップ

細胞内シグナル伝達経路研究パネル

MILLIPLEX MAP細胞内シグナル伝達経路マルチプレックスキットとパネルは、当社の心血管疾患バイオマーカーキットの製造基準と同じ、厳しい性能基準を用いて分析的に検証されており、お客様の貴重なサンプルから最大限のデータを導くことができるように最適化されています。弊社の細胞シグナル伝達経路アッセイキットは、修飾型と非修飾型の同一タンパク質の両方を正確に相対定量することが可能で、着目する経路内での関係性やクロストークを解明できます。

また、プロトコールに記したアッセイの仕様に加えて、弊社の検証プロセスでは、交差反応性、希釈の直線性、キットの安定性、サンプル挙動(検出性や安定性)などの性能基準も評価しています。分析的に検証された弊社の細胞内シグナル伝達経路アッセイキットでは、下記製品を提供します。

  • アッセイ性能の適切性を確認するために提供される刺激後及び無刺激の細胞ライセート
    細胞ライセートはこちら >>
  • 標的分子を捕捉するためのプレミックス磁気ビーズ
  • パネル内で一貫したアナライトプロファイルが得られるように設計された検出抗体カクテル

MILLIPLEX MAPのアナライト ラインナップ例
(その他のアナライトは下段のアナライトファインダーにて検索いただけます。)

Akt mTOR NFκB JNK STAT ERK p38 p70S6K
TGFβ MAPK Srcファミリー T細胞受容体 DNA 損傷 RTK 初期アポトーシス 後期アポトーシ

細胞内代謝マルチプレックスアッセイ

少量のサンプルを用いて、酸化ストレス経路内の複数のタンパク質に関する相対的定量データが得られます。
エネルギー産生、ミトコンドリア機能障害・毒性、代謝・神経障害、癌、加齢を調節する細胞内経路に関する、より深い理解が得られます。

MILLIPLEX MAPのパネル例

Human Oxidative Stress Panel (カタログ番号 H0XSTMAG-18K

MAPmate™ リン酸化タンパク質マルチプレックスアッセイ

サンプル中のリン酸化タンパク質と非修飾型の同一タンパク質のレベルを、同じウェル内で測定します。
最大8種類の独立したMAPmates™を組み合わせ、当社の細胞シグナル伝達研究用バッファー・検出キット(カタログ番号48-602MAG)を用いると、独自のアッセイをデザインできます。*
既存のMILLIPLEX MAP細胞内シグナル伝達キットにMAPmates™を組み込むことができます。*
既存のMILLIPLEX MAP細胞内シグナル伝達キットに組み込むことで、β–チューブリン(カタログ番号 46-713MAG)又はGAPDH(カタログ番号 46-667MAG)をハウスキーピング/ローディングコントロールとして使用できます。*

MILLIPLEX MAPのパネル例

RTK Phosphoprotein Panel (カタログ番号HPRTKMAG-01K
細胞内シグナリングで代表的な18 種類の受容体型チロシンキナーゼの各種リン酸化を、それぞれのキナーゼに対するPan-phospho-Tyr 抗体で評価するパネルです。

 

測定原理
ラインナップ
MILLIPLEX MAP カスタム対応
アプリケーション
MILLIPLEXアッセイサポート
お客様の声
ご注文方法