ラインナップ

神経科学研究パネル

神経疾患のバイオマーカーは、定義上、通常の被験者の神経系と神経疾患を持つ被験者との間では、異なった形で発現します。従来、神経科学バイオマーカーは、被験者がすでに認知機能低下など疾患の兆候を示している場合にのみ検出されていました。しかし、最近の高感度アッセイにおいては、その他の症状が進行している段階でバイマーカーを検出できます。

MILLIPLEX MAP マルチプレックスアッセイを神経科学バイオマーカーの研究に活用

神経系の知覚、認知、運動およびホメオスタシスの制御といった機能や、アルツハイマー病やパーキンソン病、多発性硬化症および筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの疾患に関する全体像を描くには、ひとつのバイオマーカーの解析だけでは不十分です。

信頼性が高い Luminex xMAPテクノロジーを用いた MILLIPLEX MAP 神経科学研究パネルは、貴重なサンプルを節約しながら、神経発生、ホメオスタシスおよび病因の根底にあるプロセスを多変量解析することが可能です。

MILLIPLEX MAPのアナライト ラインナップ例
(その他のアナライトは下段のアナライトファインダーにて検索いただけます。)

神経変性疾患*:

Apo E sICAM-1 GDNF
Amyloid β40 sVCAM-1 sRAGE
Amyloid β42 PAI-1 S100B

*掲載されている以外のアナライトもございます。

神経ペプチド/神経ホルモンのシグナル伝達*:

α-MSH コルチゾール メラトニン
オレキシンA オキシトシン サブスタンスP

*掲載されている以外のアナライトもございます。

MILLIPLEX MAPのパネル例

Human Neuroscience Magnetic Bead Panel 1 (カタログ番号HNS1MAG-95K
α-synuclein、DJ1 (PARK7)、UCHL1 (PARK5)などのパーキンソン病研究向けマーカーを含むパネルです。
Rat/Mouse Neuropeptide Panel (カタログ番号RMNPMAG-83K

 

測定原理
ラインナップ
MILLIPLEX MAP カスタム対応
アプリケーション
MILLIPLEXアッセイサポート
お客様の声
ご注文方法