受託製造サービス

発酵によるAPI(医薬原体)製造

 

細菌や真菌の発酵によるHPAPI生産

シグマ アルドリッチグループでは、発酵製品に関するノウハウを30年以上にわたって蓄積してきました。

シグマアルドリッチのバルク部門であるSAFCは低分子化学品や生物製剤、高薬理活性化合物の取扱いに関する高度な専門知識を結集し、Jerusalem (PDF:600KB 日本語)の製造施設において、ユニークな大規模発酵による高薬理活性API(HPAPI)の製造を実施し、斬新な医薬品の開発・製造をサポートしています。

有機低分子やタンパク質、細胞壁構成成分(リポ多糖類、リピドAなど)、DNAといった医薬品・バイオ医薬品の有効成分を製造するには、微生物発酵が欠かせません。製品の多様化によって、発酵技術も微生物学や有機化学、生化学、分子生物学などと共に重要なノウハウの1つとなっています。しばしば防爆環境下での処理が必要で非常に複雑な作業となる、リスクグループ2(RG2)の病原体を利用したバイオセーフティレベル2ラージスケール(BSL2-LS)発酵にも対応しています。

 

製造能力

  • バイオセーフティレベル2 ラージスケール(BSL2-LS)の細菌・真菌の発酵
  • 19L、100L、1,000L、4,000Lの発酵槽
  • リスクグループ2(RG2)までのヒト病原体が使用可能
  • 防爆環境を含む大規模な回収・ダウンストリーム処理
  • 自動化装置による精製
  • 定期的なHPAPI認証
  • 厳密な隔離・封じ込め設計

詳しくはFermentation Technology (PDF:278 KB 日本語)をご参照ください。

 

SAFCの製品やサービス、テクノロジーに関するご要望・ご質問は、シグマ アルドリッチ ジャパン
アプライド・マーケット営業本部/コマーシャルSAFC営業本部までお問い合わせください。

TEL:03-6758-3600 FAX:03-6756-8303 E-mail:sialjpfc@sial.com