Merck
ホームApplications分析化学分析前処理

分析前処理

正確で効率的な化学分析を行うためには、サンプルの効果的な前処理が重要です。アプリケーションでは、分析サンプルの前処理に関する技術資料、プロトコル、トラブルシューティングガイドを掲載しています。その中には、特定の製品の使用方法を説明したものや、特定の分析対象物やマトリックスに焦点を当てたものもあります。多くは、特定の製品を使って特定のマトリックスから特定の分析物を精製するための完全なステップ・バイ・ステップのガイドです。さらに、その多くは、GC、HPLC、LC-MSなどのさまざまな分析技法による分析に関する追加指示を含んでいます。

固相抽出(SPE)
固相抽出(SPE)

固相抽出(SPE:Solid phase extraction)は、クロマトグラフィー分析(例:HPLC、GC、TLC)の前に行う迅速かつ選択的にサンプルを調製・精製するために用いる手法です。SPEはサンプルマトリックスの交換、分析対象物の濃縮、および干渉物質や汚染物質の除去に使用されており、データを向上させ、分析カラムを保護します。

固相マイクロ抽出(SPME)
固相マイクロ抽出(SPME)

固相マイクロ抽出(SPME)はGCやHPLCの前にサンプルから分析対象物質を抽出するための、コーティングファイバーを使用した溶媒不要のサンプル調製法です。

QuEChERSサンプル調製法
QuEChERSサンプル調製法

QuEChERSは「迅速、簡単、安価、効果的、堅牢で安全」なサンプルクリーンアップ方法で、主に食品や農業サンプルを農薬分析用に調製する際に使用されます。QuEChERSでは固相抽出(SPE)法によりサンプル前処理を行います。

ろ過によるサンプル前処理
ろ過によるサンプル前処理

ろ過は物理的または化学的特性に基づいて物質を分離します。複雑なサンプルをより単純化し、分析対象物質の純度を高めるため、通常、分析前に試験サンプルをろ過します。これにより、分析結果の質を上げることができます。

サンプル精製
サンプル精製

分析用のサンプルの調製では、さまざまな精製方法を使用できます。分析前に精製することでサンプルの複雑さを軽減し、干渉を取り除き、分析物を濃縮することができます。

ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?