Merck
ホームApplications細胞培養・細胞培養解析細胞解析セルベースアッセイ

セルベースアッセイ

細胞遊走を測定するための細胞アッセイ

細胞アッセイ、いわゆるセルベースアッセイは、細胞毒性、生化学的活性、生化学的メカニズム、およびオフターゲット相互作用を効率的に定量化するために、生物医学研究と創薬スクリーニングの両方の分野で使用できます。セルベースアッセイの利点には、複雑な生体関連データの簡易化と作成があります。従来の生化学的アッセイとは異なり、セルベースアッセイは生理学的な関連性が高く、化合物の特性を同時に評価することができます。

セルヘルスアッセイ

細胞の生存率と増殖のアッセイは、細胞の健康状態を評価するための効果的な手段となります。細胞の生存率と増殖率の評価には、トリパンブルーやカルセイン-AMなどの色素のほか、蛍光計測がよく使用されます。これらのアッセイを使用して、哺乳動物細胞株、初代細胞や幹細胞の健康状態を定量化および評価できます。


関連技術資料

  • Metastasis is the cumulative result of multiple changes in tumor cells. Explore tumor metastasis employing various cell migration and invasion assays like Boyden chamber assay, Millicell® µ-Migration Assay and in vitro scratch assay.
  • We offer downloadable and printable 24, 48 & 96 well plate templates in PDF, JPG, PNG and SVG formats for design experiments performed in a well plate
  • Dextran is a polymer of anhydroglucose. It is composed of approximately 95% alpha-D-(166) linkages. The remaining (163) linkages account for the branching of dextran.
  • Cell based angiogenesis assays to analyze new blood vessel formation for applications of cancer research, tissue regeneration and vascular biology.
  • 研究に特化した神経モデルの作成を可能にする製品群。
  • すべて表示

関連プロトコル


蛍光レンチウイルス粒子細胞アッセイによりオートファジーを評価

細胞遊走および浸潤アッセイ

細胞遊走とは、細胞が化学的および機械的刺激を含む特定の外部シグナルに反応して移動することです。細胞は、細胞浸潤の際に細胞外マトリックス(ECM)の構造内を遊走するため、環境を調節することができます。

細胞の遊走と浸潤は、ボイデンチャンバーアッセイなどの広く使用されている膜ベースの遊走システムを使用してin vitroで評価できます。細胞遊走および浸潤キットは、化学誘引物質の濃度勾配に応じた細胞の運動性と浸潤性を調査する目的で、がん研究でよく使用されます。

血管新生アッセイ

既存の血管系から血管を形成する血管新生は、化学シグナルによって制御されます。血管新生アッセイは、in vitro細胞モデルにおける血管新生の誘導と阻害の両方を調べるために使用できます。創薬目的のセルベースアッセイの開発により、がんをはじめとした血管新生依存性疾患の治療の最適化を加速することができます。

CellASIC®システムを使用した低酸素誘導オートファジーアッセイにおけるライブセルイメージング

活性酸素種アッセイ

活性酸素種(ROS)は、化学反応性の高い酸素含有分子です。ROSアッセイは、化合物をスクリーニングし、哺乳類細胞に対する活性酸素種の影響を検出したり、よりよく理解したりする目的で使用されます。セルベースROSアッセイと酸化ストレスアッセイは、生体分子の結合または活性ではなく、細胞の生存率、増殖、または細胞毒性を評価するための生体関連情報を提供します。これは、セルベースアッセイと生化学的アッセイの重要な違いの1つです。

タンパク質アッセイ

タンパク質アッセイは、タンパク質濃度を定量化するために使用されます。一般的なタンパク質アッセイには、診断目的と品質管理のために可溶性物質を検出および定量化するために使用される酵素結合免疫吸着アッセイ(ELISA)のほか、細胞の生存率、増殖、および細胞毒性の指標として細胞代謝活性を測定するために使用されるMTTアッセイがあります。

ライブセル解析アッセイ

ライブセル解析は、経時的な細胞挙動を定量的に測定し、環境シグナルの影響を理解するために使用されます。高度なライブセル解析システムからは、動的な生物学的プロセスについての必要かつ独自の洞察を得ることができます。ライブセル解析アッセイでは、気体、温度、媒体の変化を制御して細胞挙動の観察を可能にするマイクロ流体制御およびその他の環境制御ライブセル解析チャンバーが使用されます。チャンバーの効果を高めるため、細胞毒性のない光安定性色素のほか、細胞トラッキング色素や蛍光バイオセンサーなどの蛍光色素が使用されます。光安定性媒体を使用すると、長期の画像解析において蛍光トラッカーの安定性を高めることができます。