Merck

培地調製

培地の調製

哺乳類細胞の増殖およびその実験結果には、培地の調製が極めて大きな影響を与えます。同様に、微生物のin vitro培養をサポートするためにも、既定の組成による培地があります。培地は細胞増殖のためのエネルギー源および細胞のプロセスを調節する成分を提供します。原核細胞および真核細胞の両培養とも、増殖には必要な特定の条件がある場合があります。培地の選択は、培養の種類、目的および細胞密度といった必要条件により異なります。   


関連技術資料

関連プロトコル

技術資料・プロトコールの検索


培地調製

市販の培地は、乾燥・粉末状、濃縮液状、または使用溶液として提供されます。ブロス培養用の乾燥培地は、蒸留水に溶解し、最終pHに調整してから滅菌するといった準備が必要です。寒天培養用の粉末培地は、蒸留水に溶解・撹拌し、煮沸またはオートクレーブ滅菌してから、無菌技術を用いて無菌培養皿に分注する必要があります。濃縮液で提供される培地は、無菌的に蒸留水で希釈し、pH調整後、保存用の無菌容器に分注する必要があります。使用濃度の溶液で提供される培地は、必要な血清やその他のサプリメントを無菌濾過および/または無菌条件で添加し、細胞増殖に適した温度に加温すればすぐに使用できます。

培地の滅菌

粉末から調製した培養液は、使用前に、濾過、加熱またはオートクレーブによって滅菌しなければなりません。液体培地は無菌で供給され、即時使用できることも多いですが、特に使用前に血清や他のサプリメントを添加する場合は、滅菌濾過が推奨されています。滅菌後の培地を取り扱う際には、無菌技術を用いて交差汚染や望ましくない微生物の増殖を防ぎます。

培地サプリメント

細胞培養またはその調節に必要なある種のサプリメントは不安定または熱に不安定です。そのため使用前に、加熱滅菌済みの基本培地に添加する必要があります。血清は一般にウシ由来(ウシ胎児血清)で、動物細胞の培地に広く使用されているサプリメントです。ある種の細胞の増殖には、ホルモン、成長因子、および特異的なシグナル伝達分子が必要になることもあります。イソプロピル-β-D-チオガラクトピラノシド(IPTG)などの添加物も、タンパク質発現を誘導するために使用されます。また、細菌や真菌の混入汚染による増殖は培地の適切な取り扱いおよび保存によって十分に制御できますが、このような汚染を管理するため、抗生物質が培養液に添加されることもあります。

培地の保存および使用

市販および調製済みの培地、調製済み寒天培地、または使用濃度の溶液は一般に4℃の暗所で保存することで、日和見微生物の増殖を抑え、培地成分の光による劣化を防ぎます。培養に使用する前に、培地を細胞増殖に適した温度に温めます。




ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?