Merck
ホームApplications細胞培養・細胞培養解析手法別細胞培養トランスフェクション・遺伝子編集

トランスフェクション・遺伝子編集

タンパク質発現および遺伝子機能研究用にトランスフェクションした細胞

トランスフェクションとは、真核細胞に核酸を導入する過程のことです。細胞ゲノム内にDNAを挿入させる安定トランスフェクションと、一時的にタンパク質を発現させる一過性トランスフェクションがあります。化学的、物理的および生物学的な方法を用いて細胞にトランスフェクションすることで、細胞環境内での遺伝子の機能および発現の研究が可能となります。応用には、遺伝子治療、人工多能性幹細胞(iPSC)の生成、RNA干渉(RNAi)による遺伝子サイレンシング、そして治療用の抗体およびタンパク質の生産が含まれます。    


関連技術資料

  • トランスフェクションは、真核細胞にDNA、RNAまたはタンパク質を導入することであり、遺伝子発現の調節や研究に広く用いられています。トランスフェクション技術は、遺伝子機能、タンパク質合成、細胞増殖や発生の解析を容易にする分析ツールとして役立ちます。
  • Browse our convenient transfection reagent selection guide to match the best reagent for your specific cell line and application needs.
  • Automation is used for many applications to reduce variation caused by manual handling and to obtain reproducible results in high-throughput assays. High-throughput applications, such as knockdown studies or target screenings, often include cell transfection.
  • Small inhibitory RNAs (siRNAs) have become the focus of interest in many laboratories. For the first time, these molecules offer an easy way to knock down the expression of selected genes in mammalian cells without having to resort to classical gene knockout techniques.
  • You are not alone designing successful CRISPR, RNAi, and ORF experiments. Sigma-Aldrich was the first company to commercially offer lentivirus versions of targeted genome modification technologies and has the expertise and commitment to support new generations of scientists.
  • すべて表示 (32)

関連プロトコル

技術資料・プロトコルの検索


一般的なトランスフェクション法

  • 脂質およびリポソーム:カチオン性脂質は導入するDNAまたはRNAを包み込むリポソームを形成します。これらのリポソームは細胞膜と融合して、核酸を細胞内に放出します。
  • リン酸カルシウム:リン酸カルシウムはDNAの細胞表面への結合を促進し、遺伝物質はエンドサイトーシスによって細胞内に侵入できます。
  • カチオン性ポリマー:ポリマーベースのトランスフェクションでは、外来性DNAはポリエチレンイミン(PEI)などのカチオン性ポリマーと複合体を形成し、エンドサイトーシスによって宿主細胞内に侵入します。
  • レンチウイルスの形質導入:改変したレンチウイルスベクターを細胞に感染させます。このベクターは、宿主ゲノムに移送し挿入させるために、ウイルスRNAが二本鎖DNAに変換されています。
  • マイクロインジェクション:まず、顕微鏡下で標的細胞に位置を合わせます。次に、ガラス製の細いキャピラリーニードルを使って、核酸を細胞質又は核に直接注入します。
  • エレクトロポレーション:細胞膜を不安定化させる高強度の電流に細胞を曝露し、遺伝子導入のために透過性を高めます。

トランスフェクションは、複雑な生物学的プロセスの解明や、遺伝子治療の可能性のため、遺伝子編集およびサイレンシングに日常的に用いられています。

  • CRISPR-Casシステムは、CRISPR(クリスパー:反復クラスター座位であるClustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeatsの略)をCas(CRISPR -associated )エンドヌクレアーゼと共に用いる細菌の防御機構を利用したシステムで、in vivoでゲノムDNAの狙った位置を切断し、さらに遺伝子を除去または置換します。
  • 遺伝子操作で作成されたジンクフィンガーヌクレアーゼ(ZFN)は、DNA結合ドメインとエンドヌクレアーゼで構成され、遺伝子編集する標的部位でDNAを切断します。
  • ショートヘアピンRNA(shRNA)や低分子干渉RNA(siRNA)などのRNA干渉(RNAi)試薬は、遺伝子サイレンシングにおいて、転写を抑制する、もしくは配列特異的なRNA分解過程を活性化することで、遺伝子の転写レベルを抑制します。




ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?