Merck
ホームApplications細胞培養・細胞培養解析製造用細胞培養

製造用細胞培養

培養細胞は、ワクチン、治療用タンパク質および抗生物質などのバイオ医薬品ならびに細胞治療製品を製造するために用いられます。バイオ医薬品やワクチンのニーズが高まっているため、以下の開発を通じて効率の高い細胞培養プロセスを確立することに関心が集まっています。

  • 高収量の細胞株および細胞培養
  • 増殖と生産用に最適化された細胞培養培地
  • 細胞増殖および拡張可能性を促進するバイオリアクター

関連技術資料

  • In this study, nine commercially available, chemically defined media and feed combinations from different vendors were assessed for producing monoclonal antibody in Chinese hamster ovary (CHO) cells.
  • Modified amino acids are inhouse manufactured amino acid derivatives with specific properties enabling the intensification of cell culture processes.
  • We have developed a number of tools that allow you to develop optimized media formulations for your specific CHO clones faster and easier than ever before.
  • Cultured cells are excellent hosts for the propagation of many types of viruses. The ability of cell culture systems to produce large quantities of attenuated viral particles has served as the basis for the production of both human and veterinary vaccines. Traditional methods have relied on the production of viral agents in cells cultured in medium supplemented with serum, most commonly fetal bovine serum (FBS).
  • SAFC has added a new Dry Powder Media (DPM) manufacturing facility to the existing Irvine, Scotland liquid media manufacturing site. The expansion of dry powder milling and blending capability to the facility completes a 5-year Capital Expansion Plan initiated as part of its long-term commitment to supporting customers in the growing industrial biopharmaceutical market.
  • すべて表示 (14)

技術資料の検索


製造用細胞培養システム

細菌、酵母および昆虫細胞を用いた発現システムでは、組換えタンパク質を過剰発現させることが可能ですが、バイオ医薬品の製造には哺乳類細胞が最も多く用いられます。その理由として、哺乳類細胞はヒトウイルスを伝播およびモノクローナル抗体を発現する能力を有することに加えて、有効なバイオ医薬品の製造に欠かせない糖鎖付加などの翻訳後修飾機能を有していることが挙げられます。複数の哺乳類細胞株が開発され、高レベルの治療用タンパク質や抗体の製造に用いられてきました。これには、CHO、リンパ腫(NS0、SP2/0)およびヒト胎児腎(HEK)細胞が含まれます。CRISPR-Casシステムなどの遺伝子編集技術の進歩により、ホスト細胞ゲノムを改変して、細胞増殖やアポトーシスを操作したり、遺伝子産物の翻訳後修飾を促進したりすることにより、生産効率や製品の品質がさらに向上しました。

バイオ医薬品製造のための培養培地

培養用培地の最適化は、バイオ医薬品を製造するための細胞培養プロセスの開発におけるもうひとつの重要な要素です。血清や動物由来成分を含まない合成細胞培養培地は、通常、バイオ医薬品の製造において、成分が特定されていない培地や添加剤に付随する変動の低減、プロセスの汚染物質や外来性汚染生物の除去、および意図しない/有害作用のリスクの低減を目的として用いられます。細胞株にはそれぞれの個性があり、生存するために必要な栄養素が異なるため、培養によるバイオマスおよびタンパク質の製造は、使用する培養培地に大きく依存します。

上流プロセスおよび製造に用いる大型の培養デバイスであるバイオリアクターは、製造用細胞培養の拡大と規模変更において重要な役割を果たします。拡張培養のための典型的な拡大プロセスでは、凍結保存細胞を解凍した後、フラスコ、スピナーフラスコ、攪拌バイオリアクターへとより大型培養容器に連続して継代していきます。培養容量と細胞密度が最適に達すると、培養物は生産バイオリアクターに移されます。バイオリアクターは、管理された微小環境を提供し、細胞の増殖と分化を制御するための栄養を供給することにより、規格化と再現性を向上させます。ステンレス製のタンク式攪拌バイオリアクターは、依然として生産において多く用いられていますが、柔軟性を高め、従来の常設設備の洗浄および滅菌に必要なダウンタイムを短縮する目的で、シングルユースの使い捨てバイオリアクターも用いられるようになってきました。




ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?