Merck
ホームApplications有機合成化学創薬スクリーニング

創薬スクリーニング

化合物スクリーニングライブラリーの例

疾患に関与する標的タンパク質が同定され、検証されると、創薬におけるリード同定のために、低分子がその特定の標的タンパク質とどのように相互作用し、活性化または阻害するかを決定するための化合物スクリーニングが行われます。  

リード化合物の発見、ひいては創薬のスピードをあげるためには、迅速で効率的なスクリーニング技術が不可欠です。ハイスループットスクリーニング(HTS)は、自動化やロボットを活用して、大量の化合物ライブラリーを迅速に分析し、最終的に医薬品候補として最適な化合物を検出します。DNAコード化ライブラリー(DEL)スクリーニングでは、大量の低分子化合物に短い固有のDNAフラグメントを結合しており、より多くの分子について、目的とする活性や機能を同時に調べることができます。構造に基づく薬物設計スクリーニングでは、in silico 技術を用いて化合物の三次元構造を予測し、ライブラリー全体を結合部位にドッキングさせ、化合物と標的タンパク質の間の立体的および静電的親和性を評価します。その後、最もスコアが高い化合物が生物学的試験に進みます。

Hit-to-Lead(H2L)研究では、ヒット化合物の薬力学、物理化学的、薬物動態学的特性を評価して、リード化合物を同定し最適化を行い、医薬品開発の潜在的な候補としてさらなる分析を行います。 


関連技術資料

技術資料の検索





ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?