ホームApplications環境検査・産業衛生エアーモニタリング

エアーモニタリング

工場内での技術者による機器の確認

空気のサンプリングおよびモニタリングは、空気中の汚染物質および微粒子を測定することで、空気清浄度を決定し、評価することです。作業員を守り、環境および製品の汚染を防ぐため、工場環境で使用されます。空気中の汚染物質を測定する場合、調査員はサンプリング法だけではなく、対象となる汚染物質または微粒子の相関および同一性についても考慮しなければなりません。


関連技術資料

  • 農業汚染物質(殺虫剤、除草剤、防カビ剤、動物排出物、ガス、揮発性有機物、無機物)を対象としたSupelco大気サンプリングおよび分析製品。
  • 塗料に含まれるイソシアネート(バインド剤)を測定するSupelco大気モニタリング製品。ばく露限界に関する情報を含みます。
  • 硫化水素:硫化水(H2S)分析用化学標準物質およびイオンクロマトグラフィー試薬。
  • ニッケルカルボニルの分析、大気中のニッケルカルボニル、大気中の有機金属、ニッケルカルボニルのばく露限界、ni(co)4、
  • ばく露限界に関する情報を含む残留物、溶剤、ホスゲン、ヒ素、アスベストを対象とするSupelco大気捕集製品。
  • すべて表示

関連プロトコル


エアーサンプリング法

アクティブサンプリングでは、エアーポンプを用い、収着管、温熱管、フィルターまたはインピンジャーなどの各種吸着媒体を通して空気検体を吸引します。

パッシブサンプリングは、吸着剤の表面に拡散することで、気体成分(分析対象)をサンプリングします。この方法はサンプリングにエアーポンプを使わず、拡散によってコントロールされるため、費用対効果が高く、信頼できる分析法です。アクティブサンプリングでは、数日から数カ月にわたり平均汚染濃度を測定することで、経時的に詳細な汚染物質レベルを確認することができます。

全エアーサンプリングは、密封容器、ステンレススチール製容器またはガラス製キャニスターに空気を吸引することで、空気全体を検体として採取します。この単純な採取法によって、容器から直接目的成分を検査できます。

空気汚染の分類

空気汚染は一般的に、化学的、放射線学的または生物学的な汚染物質に分類されます。

化学的汚染は、ガス、蒸気および微粒子として生じます。空気中に多い化学的汚染物質は、二酸化窒素(NO2)、一酸化炭素(CO)、ホルムアルデヒド、鉛、アスベスト、オゾン、揮発性有機化合物(VOC)、そして塵埃や微粒子(粒子状物質)です。化学的汚染物質はアクティブまたはパッシブサンプリングで測定します。

放射線モニタリングを用いて、自然界の放射線レベルを上回る、非自然界の放射線シグナルを確認することができます。

生物学的空気汚染には、施設から放出される細菌、胞子、真菌、酵母菌、細菌毒素およびウイルスが含まれます。他の生物学的汚染物質には、刺激物および花粉やカビなどのアレルゲンが含まれます。生物学的汚染は、落下菌または付着菌用のプレートの設置、さらに専用寒天ストリップを用いるロイター遠心分離サンプラーを用いてモニタリングします。

エアーモニタリングの用途

エアーモニタリングは、さまざまな産業において、空気清浄度に懸念がある場所、または関連する健康被害がある場所で用途があります。典型的な用途には、農業汚染、工業汚染、そして麻酔ガスばく露のモニタリングが含まれます。

蒸気侵入とは、汚染された地下水または土壌から、揮発性の有機および無機化合物の蒸気相が室内空間に移行してくることです。

各種石油化学製品の製造では、健康や環境に負の影響を与える可能性がある有害な副産物が生じることが多いです。精製所の作業員や周辺地域は、日常的なサンプリングでの有害物質の揮発、表面にこぼれたもの、地下貯蔵タンクの土壌や地下水供給への漏れによってばく露するリスクがあります。

麻酔ガスによって痛みの感覚を遮断することで、患者は外科手術やその他の処置を苦痛なく受けられます。投与技術の問題、機器の漏れまたは欠陥、余剰麻酔ガスが医療従事者へのリスクとなる可能性があります。

田舎で生活し働いている人々は、農作業で排出される幅広い汚染物質にばく露するリスクがあります。殺虫剤や除草剤へのばく露は重大な懸念とされ、空気中に噴霧した殺虫剤は、その約85%しか最終標的に到達できません。有害な化学薬品へのばく露リスクに加えて、これらの薬品を噴霧したり土中に堆積させたりする作業員には溶媒へのばく露リスクもあります。