Merck

ATP検査

医療目的および嗜好目的の合法的な大麻(カンナビス)および産業用大麻使用の状況は急速に変化しているため、栽培品種の同定から効力と安全性に至る試験には特有の難しさがあります。大麻および産業用大麻製品中のカンナビノイド、テルペン、残留農薬、マイコトキシン、残留溶媒、水分、重金属、および微生物汚染を分析するには、標準化された高い信頼性のあるきちんとしたサンプル前処理と分析法が必要です。製品は多岐にわたり、つぼみや植物の抽出物から、オイルや大麻入りまたはCBD(カンナビジオール)含有の食品、飲料および化粧品などが含まれます。HPLC-UV、LC-MSまたはLC-MS/MS、GC-FID、GC-MSまたはGC-MS/MSなどの分析技術は、分析対象物を迅速に、高感度かつ高精度で定量化する方法として役立ちます。高品質の標準物質、溶媒、およびクロマトグラフィー消耗品の正しい選択も、微量の干渉汚染物質を検出して包括的な大麻プロファイリングを得るために必要です。

大麻(カンナビス)および大麻製品のカンナビノイドプロファイリングおよび効力試験
大麻(カンナビス)および大麻製品のカンナビノイドプロファイリングおよび効力試験

効力と品質の要件を満たすための、HPLC-UVまたはHPLC-MSおよび/またはGCとFID/MSとの組み合わせによる大麻および産業用大麻製品中のカンナビノイド測定分析試験ワークフロー。

大麻(カンナビス)中のテルペン:プロファイルと重要性
大麻中のテルペン:プロファイルと重要性

GC-MSによる大麻テルペンの同定および定量の包括的な分析ワークフローは、菌株同定およびフレーバーのプロファイリングアプリケーションをサポートします。

大麻(カンナビス)および産業用大麻中の残留農薬・マイコトキシン
大麻(カンナビス)および産業用大麻中の残留農薬・マイコトキシン

法規制の順守と消費者の安全のサポートに必要な大麻および産業用大麻中の残留農薬とマイコトキシンを分析するためのLC-MS/MSおよびGC-MS/MS法。

ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?