Merck
ホームApplications環境検査・産業衛生飲料水試験

飲料水試験

飲料水の世界的な需要は2030年までに40%増大すると予測されていますが、淡水は地球上のすべての水のわずか3%であるため、汚染を防止しなければなりません。

クリーンな水は、飲用としてだけでなく、食品や飲料の製造においても不可欠です。淡水は地球上の水のわずか3%ですが、淡水の水源には、ペルフルオロオクタン酸(PFAS)やヒ素など化学汚染物質に加えて微生物学的汚染物質や病原体が含まれている可能性があります。処理プロセス後であっても、飲料水中に残留する化学物質や汚染物質は、安全基準や法的基準を上回る可能性があります。自治体、民間の水処理施設、食品や飲料の製造施設は、定期的に給水設備の検査を実施し、化学物質や微生物による汚染レベルが、規制機関が定める適合基準以下であることを確認しなければなりません。世界人口の増大に伴い、淡水の需要は2030年までに40%増大すると予測されます1。この需要の増大に伴い、水質検査の効率と正確さの維持が常に課題となっています。  


関連技術資料

関連プロトコル

技術資料・プロトコールの検索


飲料水試験における化学分析

飲料水を製造、使用または処理するすべての業界は、国の規制に従い、定期検査を実施して飲料水が化学物質や微生物により汚染されていないことを確認しなければなりません。一般的な化学汚染物質には、アルミニウム、アンモニウム、臭素酸、鉄、マンガン、塩素、硝酸塩、亜硝酸塩、硫酸塩、クロムおよびその他の金属類が挙げられます。

特定の産業環境的汚染物質が存在する場合は、追加試験が行われます。揮発性有機化合物(VOC)は、石油製品、接着剤、医薬品、塗料および冷媒などの製造においてしばしば用いられます。VOCは、ガソリンの添加剤、溶剤、油圧オイルおよびドライクリーニング溶剤としても用いられます。VOCは、その多くが有毒であり、ヒトの発がん性物質であることが知られている、またはその疑いがあることから、VOC汚染によるヒトの健康への影響が懸念されます。

飲料水試験における微生物学的分析

淡水の供給設備は病原体の供給源ともなり得るため、微生物学的な管理がなされていないと、疾患の蔓延と伝播の原因となります。すべての病原体に対する給水設備の検査は高価で時間がかかるため、糞便などによる汚染を検出するための分析法として、指標細菌が用いられます。糞便汚染の検査には通常、大腸菌群、Escherichia coli,およびKlebsiella pneumoniaeが用いられます。

市販の飲料および水製品の微生物学的試験は、飲んで安心であることを確認するために不可欠ですが、変敗防止のためでもあります。原料または製造過程への細菌、カビ・酵母および病原体の混入は、最終製品の品質と安全性を低下させます。自治体および商用の給水設備はいずれも規制要件を満たすために頻繁に検査を実施します。

飲料水の残留消毒剤試験

飲料水を消毒することにより、病原性感染のリスクが低下しますが、その過程でヒトに健康リスクをもたらす可能性のある残留物や消毒副生成物(DBP)が残る場合があります。さらに、有機汚染物質や無機汚染物質が、給水設備の水源に元々存在しているおそれもあります。汚染物質およびDBPの同定は、摂取して安全なことを保証するために不可欠です。

飲料水の試験方法

汚染された水は、ヒトおよび環境に有害であるため、米国環境保護庁(USEPA)などの規制機関は、飲料水試験および廃水試験において公的な標準化法(ISO、EPA、AOACなど)を使用するよう求めています。これらの方法には、定量検査、クロマトグラフィー、分光分析、反射率測定、物理的パラメータ測定(曇点、色、硬度、pH、臭気)および病原体検査(分子生物学または細胞培養)が含まれます。これらの品質管理試験は、材料の供給時、製造中のろ過ステップ(凝集および清澄化)後の両方で実施されますが、ろ過後にも実施されます。これには水道水サンプルも含まれます。






参考文献

1.
National Intelligence Council. Global Trends 2030: Alternative Worlds [Internet]; December 2012 [cited 2020 Jun 16]. https://globaltrends2030.files.wordpress.com/2012/11/global-trends-2030-november2012.pdf
ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?