Merck
ホームApplications環境検査・産業衛生土壌・固形廃棄物・地下水検査

土壌・固形廃棄物・地下水検査

土壌の環境汚染物質のモニタリングは健康のために重要です。

環境や人の健康に悪影響を及ぼす可能性がある産業廃棄物の排出を監視するには、土壌や地下水の検査が極めて重要となります。固形廃棄物の管理や重金属などの環境汚染物質の検査の指針となる技術資料、プロトコル、承認された分析方法は多数あります。   


関連技術資料

関連プロトコル

技術資料・プロトコールの検索


固形廃棄物とその土壌・地下水への影響

固形廃棄物とは、産業、商業、鉱業、農業の営みにおける人間の活動に伴って発生するゴミです。人口や産業活動の増加に伴い、環境や人の健康に悪影響を与えないよう、固形廃棄物を適切に管理/保管しなければなりません。

従来、固形廃棄物の管理には、簡単で処理能力が大きく、運営コストが最小限で済む埋立地が利用されてきました。しかし、不適切に維持された埋立地や、浸出水集排水設備が貧弱な投棄地は、土壌、地表、地下水の潜在的な汚染源となります。固形廃棄物の組成は土壌の化学性を変化させ、浸出水やバイオガスを発生させることで環境に多大な影響を与えます。固形廃棄物の浸出水で見つかる最も一般的な汚染物質は、クロム、ダイオキシン、炭化水素、有機塩素、PAH、PCB、農薬、放射性核種、TPH、VOC、残留性有機汚染物質(POPs)、そして恐ろしい病原体です。したがって、安全性とリスク評価のために適切な浸出水モニタリングプログラムを採用することが義務づけられています。

土壌・地下水検査

土壌と地下水の検査は、良い浸出水モニタリングプログラムの特徴であり、用地調査や環境リスク評価において不可欠です。土壌と地下水のマトリックスと化学的性質は複雑で変化に富み、正確な測定は容易ではありません。米国環境保護庁(USEPA)は、廃棄物に含まれる有害元素の測定に毒性指標浸出法(TCLP)を推奨しています。この化学分析プロセスは、指定された埋立地に廃棄物を投棄する前に、埋立地環境における汚染物質の長期的な浸出をシミュレートするものですTCLPでは、液体、固形、多相廃棄物中の有機/無機汚染物質(金属、農薬、除草剤、溶剤)の移動性を判定します。

浸出環境アセスメントフレームワーク(LEAF)は、固形物質中の無機物、半揮発性有機物、不揮発性有機物の潜在的懸念成分(COPC)の放出を特定し、正確に記述するために設計された代替評価システムです。LEAFの手法は、地下水や地表水と接触するさまざまな固形物質の多様な条件下での浸出特性を見極めるための、柔軟でカスタマイズ可能なフレームワークを提供するように設計されました。

土壌・地下水検査技法

汚染の程度を確認するために、規制機関(USEPAなど)は、土壌や地下水を検査する際の公定法の使用を義務づけています。土壌や地下水における、総溶解固形物、pH、水の硬度、陽イオン、陰イオン、有機物、総炭素、硝酸塩、アンモニウム、重金属などの物理化学的性質が検査されます。土壌や地下水の検査に用いられる一般的な分析手法には、導電率、滴定法、重量法、フッ素法、原子吸光分光分析(AAS)、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)、ガスクロマトグラフィー、ICP-MS、LC-MS、GC-MSなどがあります。





ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?