Merck
ホームApplications環境検査・産業衛生廃水・工程用水の検査

廃水・工程用水の検査

廃水・工程用水の処理場

廃水および工程用水の処理は公共の健康および環境を守るため、ならびに工場の工程効率を維持するために必要です。さまざまな処理段階における廃水の定期的な分析が、ほとんどの規制当局で求められています。ボイラーおよび冷却システムで使用された工程用水の化学物質含有量についても、通常分析されます。   


関連技術資料

関連プロトコル

技術資料・プロトコールの検索


廃水の処理・分析

環境および地域を保護するため、ほぼすべての行政機関は、家庭からの生活廃水と、化学、製薬、食品、飲料およびその他の製造工場からの工業廃水が含まれる各自治体の廃水について、処理および検査を求めています。廃水の処理工程には主に4つの段階があります。まず前処理では、廃水から大きな沈降性の固形物をすべて取り除きます。二次処理では、加速させた微生物増殖法を用いて、有機汚染物質を除去します。 

三次処理では、化学的処理と生物学的処理を組み合わせて使用し、廃水中の栄養塩類による負荷を低下させます。四次処理では、医薬品成分やその他の複雑な分子など、特に困難な新たに登場した汚染物質を取り除きます。各段階で分析試験が要求され、窒素化合物、リン酸類および塩素などの重要な化学パラメータをモニターします。

工程用水・冷却水の検査

冷却水およびボイラー水の分析は、発電所や、化学、製薬、技術、または食品・飲料会社などの製造現場では必要不可欠です。ケイ酸塩、カルシウムおよびマグネシウムはスケール沈積を形成し、高いメンテナンスコストと長い非稼働時間につながるため、これらの含有量のモニタリングは必須です。さらに、鉄の含量もシステムの腐食指標としてモニタリングします。通常は、脱灰段階で原水を浄化器に通してから給水槽に入れます。水はさらに調節されてから、タービン駆動またはその他の用途でボイラーまたは冷却ループ内に移送されます。

廃水・工程用水の検査技術

米国環境保護庁(USEPA)などの規制当局は、飲料水(安全飲料水法)および廃水(水質浄化法)を検査する場合に、公定法の使用を要求しています。これらの方法では、培養または分子技術による微生物学的検査と、分光分析、pH、導電率および濁度分析による化学的検査が求められています。水、廃水または酸可溶性固形物中の微量汚染物質の分析では、より高感度な方法として、誘導結合プラズマ質量分析法(ICP-MS)や誘導結合プラズマ発光分析法(ICP-AES)を利用し、低ppbレベルの検出が可能です。





ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?