ホームApplications食品/飲料の検査・製造食品・飲料検査の化学分析

食品・飲料検査の化学分析

食品・飲料の安全性と品質検査

食品・飲料の使用安全性、製品品質および製品の完全性を確認するために化学分析が行われます。化学分析は、食品に正しいラベル記載をするために必要な前提条件であるばかりでなく、消費者を粗悪な食品や不正な記載、安全性に問題のある飲料から保護するために必要です。このような目的を達成するためには、関連部署が連携したアプローチが必要となります:適正な食品登録、食品を管理する官庁による管理強化、食品安全局や大学による継続的な研究による食品と食品加工の知識の蓄積、食品産業が担う責任の強化。

食品・飲料が市場に出るまでの極めて複雑なプロセスを考慮するならば、食品・飲料業界内で複数の項目を組み合わせてモニタリングすることが特に重要です。たとえば、生産プロセスから加工肉が汚染されていた場合、その原因を遡って行くと家畜飼料の汚染や、さらには飼料を育てた土壌の問題にまで行き着く可能性があります。

このように、食品・飲料業界の分析試験は、環境試験(土壌や水質、大気モニタリングなど)にも及びます。食品・飲料の分析と品質管理のための化学/機器分析は安全性、品質、栄養価の検査を目的としています。現代の食生活に供される複雑な化合物は化学検査ラボにおいて、世界的および各地域ごとに適用される規制にしたがって分析されています。


関連技術資料

関連プロトコル


パッケージ食品・飲料の栄養素データ

食品パッケージに表示される栄養成分データは、食習慣に起因する体調不良を改善したいお客様にとって必須の情報です。そのため、栄養成分の表示方法については詳細な規制(成分、量、カロリー値)が課されています。食品生産者が適正に栄養成分を表示するためには、以下のような成分をそれぞれ一貫性のある方法で検査することが非常に重要です:炭水化物(糖、サッカライド)、食物繊維、有機酸、糖アルコール、脂質(脂肪酸、FAMES、グリセライド)、タンパク質(アミノ酸、ペプチド)、ナトリウム、ビタミン、ミネラルなど。

食品・飲料の安全性を担保する汚染検査

食品中のアレルギー源や有害な農薬残留物、重金属、マイコトキシン、獣医用医薬品残留物などを化学的な分析法を用いて検出することによって、それらの製品を安全に消費することが可能になります。作物保護や食品生産における処理方法の進歩は食品の増産にも寄与します。 これと並行して、この分野の進歩は殺虫剤の適正利用による作物収率の確保などに長期的効果をもたらします(有害な結果の有無については、政府の監督官庁が定期的に評価を下します)。

食品への不純物添加や不正表示を検出する分析検査

食品の真正性検査はその食品の完全性を担保することによって、不純物添加や不正表示から消費者を保護します。代用成分の使用や違法化学薬品添加による食品の特性改変やマスキングを検出する目的で各種の分析方法が使用されています。