Merck

薬物送達

標的化薬物送達:薬剤カプセルが、有効成分を疾患細胞に直接放出し、正確な薬物送達を行います。

薬物送達とは、人間や動物の治療効果を得るために、薬物や医薬品、その他の生体外物質を投与する方法やプロセスのことです。薬物の吸収・分布・代謝・排泄(ADME)に影響を与えることで、副作用を最小限に抑えつつ、意図した作用部位での治療効果を促進するために、さまざまな薬物送達技術が利用されています。

医学やバイオテクノロジーの進歩により、数多くの新薬候補が開発されていますが、その多くはバイオアベイラビリティー(生物学的利用能)や安定性の低さ、溶解性の低さのために非臨床試験を通過できません。薬物送達システム(DDS:drug delivery system)は、治療薬の薬物動態や薬力学を改善し、適切な時間と速度で目的の部位に必要な量を送達できるようにするために、広く研究開発されています。ナノ粒子やマイクロ粒子,経皮吸収パッチ,吸入器,薬物リザーバーインプラント,抗体薬物複合体などの新しいDDSは,放出制御,標的送達,溶解性向上,オンデマンド活性化,新しい投与経路(経皮、経眼、経鼻など)などの高度な治療ニーズを満たすために開発されています。DDSの適切な選択は、薬物の特性、望ましい放出速度、望ましい作用部位、および投与経路に依存します。

ナノテクノロジーの進歩により、薬剤設計が大幅に改善され、ナノ粒子を用いた標的化された安全で効果的な薬剤の製剤化が可能になりました。ナノドラッグデリバリーシステムは、疎水性薬物の溶解性を改善し、生体内分布と薬物動態を向上させ、標的部位に優先的に蓄積させることで大きな可能性を示しています。

ナノ送達システムは、薬物を粒子表面に吸収または結合させたり、コア内へ封入したり、粒子マトリックス内に溶解させるように設計することができます。薬剤を担持したナノ粒子は、粒子表面にターゲティング部位を導入することで、特定の疾患部位にさらに標的化することができます。リポソーム、ポリマーミセル、デンドリマー、ポリマーと薬物のコンジュゲート、無機ナノ粒子、炭素系ナノ材料など、いくつかのナノキャリアが薬物送達製剤に採用されています。リポソームは、最も一般的で良く研究されているナノキャリアで、ポリマーナノ粒子は、薬物送達のための最も革新的なアプローチの一つとして浮上しています。ポリマーナノ粒子の作製には、天然ポリマーと生体適合性の高い合成ポリマーの両方が使用されます。


関連技術資料

関連プロトコル