Merck
ホームApplicationsタンパク質生物学ELISA(酵素結合免疫吸着測定法)

ELISA(酵素結合免疫吸着測定法)

ELISAは、通常マルチウェルプレートを用いて行われる分子生物学的アッセイで、ペプチド、タンパク質および抗体などのさまざまな分子の検出および定量に広く用いられます。このようなアッセイでは、目的の分子をpg/mLのレベルで検出でき、基礎研究および疾病研究の両方のアプリケーションにおいて必要不可欠となっています。

ELISAアッセイ:抗原抗体反応

ELISAの基本的な構成は、プレートに固定した目的分子、酵素標識した抗体、検出用基質です。ELISAから得られるデータの品質を決定する重要な要素は、抗原抗体反応の親和性および特異性です。抗原抗体反応は、pH、温度およびイオン強度など、多くの要素の影響を受けます。

ELISAの検出法

直接法を用いたELISAでは、アッセイプレート表面に直接結合させた抗原、またはキャプチャ抗体によって間接的に結合した抗原と、酵素標識した抗原特異的一次抗体、そして検出用基質が必要です。より広く用いられている間接法では、非標識の一次抗体と、一次抗体を特異的に検出する標識二次抗体の2つの抗体を使用します。間接法では、標識した酵素が二次抗体上にしか存在しないため、抗原と一次抗体との免疫反応性が高まるという利点があります。直接法および間接法に加えて、サンドイッチ法では、マイクロプレート表面に結合させた抗原キャプチャ抗体と、上記間接法と同様、一次抗体と酵素標識二次抗体を使用します。


関連技術資料

  • Conferma™ Sandwich ELISAs are created with a focus on their critical components. Combined with finished kit quality control analysis, explore Conferma™ ELISA validation that provides a high degree of consistency with each lot to give you confidence in your research.
  • 動物が本来持っている免疫能力を利用して、特定の分子に結合する抗体を産生することができます。
  • The enzyme-linked immunosorbent spot (ELISpot ) assay enables visualization of multiple secretory products from a single responding cell. The ELISpot provides both qualitative (type of immune protein) and quantitative (number of responding cells) information.
  • アッセイ開発で生じる最も一般的な問題の原因とその解決策を記載したこのガイドで、ELISAのトラブルシューティングと最適化を行うことができます。
  • すべて表示

関連プロトコル