Merck
ホームApplicationsタンパク質生物学タンパク質定量

タンパク質定量

タンパク質定量およびタンパク質アッセイは、サンプル中のタンパク質濃度を正確に決定するのに極めて重要です。UV吸光法、試薬法、イムノアッセイ技術など、多様なタンパク質定量法があります。これらのタンパク質定量技術には各々、独自の利点があり、アッセイの適合性は、分析に利用可能なサンプルタイプおよび/または体積に依存します。例えば、ダイを用いたアッセイの一部は、バッファー調製で見られる化学物質と干渉する可能性があり、別のアッセイのほうが適切である場合があります。科学者は、サンプルに対して最適な選択肢を決定するために、それぞれのアッセイの制約を考慮する必要があります。

UV吸光アッセイ

タンパク質濃度の測定に紫外線(UV)吸光を利用するのは、比較的単純なタンパク質定量アッセイです。芳香族側鎖のあるアミノ酸(トリプトファン、チロシンなど)は、280nmでそれらに特有のUV吸光をタンパク質に与えます。これらのアミノ酸は280nmのUV光を吸収するので、この特定の波長での吸光度を分光光度計で測定し、サンプル中のタンパク質濃度の推定に使うことができます。この比較的迅速なアッセイは、研究室でしばしば使われており、通常は、Warburg-Christian法が、タンパク質濃度推定のために実行されます。しかし、タンパク質濃度に対してUV吸光を使うと、サンプル中の非タンパク質成分が吸光測定に干渉する可能性があるので、ばらつきが大きくなる場合があります。さらに、サンプル中の異なるタンパク質との混合によって、アミノ酸組成の差から吸光度の測定値がばらつく可能性もあります。


関連技術資料

関連プロトコル


試薬アッセイ

試薬アッセイは、UV吸光法で観察される適合性の問題を克服しています。タンパク質定量のための試薬アッセイの例としては、ビシンコニン酸(BCA)、Lowry法、Bradford法などの比色分析法を利用するものが挙げられます。BCA法およびLowry法はともに、銅-タンパク質複合体の形成を伴います。これらは、感度の高いアッセイで、Bradford法よりもばらつきが少ないアッセイです。ただし、Bradford法は、迅速で実行が容易であり、BCA法やLowry法とは違って特定の還元剤に適合します。

イムノアッセイ

一部のアッセイは、サンプル中に複数のタンパク質が存在するか、または、量が検出閾値以下である場合に、正確なタンパク質定量をサポートできないことがあります。強力なイムノアッセイ技術が、さまざまな検出法を用いて、多様なサンプルタイプから正確にタンパク質を定量する代替的な方法を提供しています。例えば、多重アッセイにより、研究者がサンプル中の複数のタンパク質を同時に定量することが可能です。さらに、単一分子計数技術で、少量サンプル中の低レベルタンパク質の同定と定量に役立つように、フェムトグラムレベルのタンパク質を測定できます。こうした技術を用いた研究アプリケーションは、特定の病態をよりよく理解するために健康な組織中または病気の進行と関連した組織中のバイオマーカーの測定を含みます。