Merck
ホーム3Dバイオプリンティング ハンドブック

3Dバイオプリンティング ハンドブック

3Dバイオプリンティング ハンドブックの表紙画像

バイオプリンティングの最新レビューと詳細なプロトコル

3Dバイオプリンティングは、生体材料を用いて組織や臓器を構築するために、ボトムアップ方式で層を重ねる付加製造法を用いた新しい技術です。バイオインクと生きた細胞を混合することで、実際の細胞構造を模倣し、複雑な組織の構造や機能を再現することができます。

このハンドブックでは、著名な研究者によるレビュー4篇に加え、各種バイオインク製品を導入するにあたって、凍結乾燥インクの再構成や細胞との混合などに関する詳細な使い方を解説しています。さらに、3Dバイオプリンティングおよび組織工学向け生体適合性材料の製品ラインナップも掲載しています。 

TissueFab® バイオインク」は、シグマアルドリッチの研究開発部門が独自に開発したReady-to-useバイオインクです。押出し法による印刷用に設計されており、生分解性を持ち、多様な細胞タイプに適合します。


掲載レビュー

  • バイオプリンティングのためのバイオインク設計(Yu Shrike Zhang) 
  • 機能性組織モデルの3Dバイオプリンティング(Shaochen Chen)  
  • ハイブリッド印刷による血管組織体の作製(Yunzhi Peter Yang) 
  • 血管の3Dバイオファブリケーションにおける最近の進展(Khoon S Lim) 

プロトコル

  • 「TissueFab® バイオインク」を用いたバイオプリンティングプロトコル
  • バイオインク(コラーゲン、ヒアルロン酸、脱細胞化ECM、GelMAなど)の詳細な調製法
  • 「TissueFab® バイオインク」を用いた細胞とバイオインクの混合プロトコル 
  • 光、イオンおよび酵素による架橋に関する基本的な解説

ハンドブック請求フォーム

3D Bioprinting – Printing a Brighter Future」ハンドブック(無料)をご希望の方は、以下のフォームに必要事項(*)をご入力ください。

ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?