Merck
ホームCRISPRプール型ライブラリー GeCKO and Sigma™

CRISPRプール型ライブラリー GeCKO and Sigma™

MIT / Broad Institute 並びに Feng Zhang 博士との提携により、GeCKOライブラリを高品質ですぐに使えるレンチウイルス形式で研究者の皆様にお届けできることを誇りに思っています。GeCKO2ライブラリのgRNAはMIT / Broadによりデザインされ、Sigma™ライブラリのgRNAはSigma-Aldrichによりデザインされた配列を用いています。 また、個々のCRISPRクローンを同じGeCKOv2ベクターでご提供することもできますので、スクリーニング後の検証実験のためご活用ください。あらゆる研究室で、手軽にCRISPRスクリーニングが行えるようSIGMAがご協力いたします。

Benefits

  • ロボットや特殊機器を使用せずに、ヒトおよびマウスの全ゲノムをベンチトップでスクリーニング可能(>18,000遺伝子以上)
  • 1遺伝子あたり6 gRNA(GeCKOライブラリー)または1遺伝子あたり10 gRNA(Sigmaライブラリー)で遺伝子ノックアウトを実現します
  • ピューロマイシン選択による安定したgRNAの発現で、CRISPRの切断効率を最大化
  • ポジティブおよびネガティブコントロールを予め加えてあるため、アッセイ系の検証と最適化が容易です

GeCKOプール型ライブラリーとSigma™プール型ライブラリーの比較

製品リスト

2ベクターシステム用のgRNA発現ベクターVL02は、ほとんどのCas9発現細胞株と互換性があります。Sigma-Aldrichのlenti-Cas9-Blastおよびlenti-Cas9-Neoベクターは、安定したCas9発現を確立するのに理想的です。 GeCKOおよびSigma Lentiviral CRISPRプールライブラリーの各プールは、 8×25μL に分注され5x108 VP/mL以上の力価で提供されます(p24アッセイによる)。

GeCKOv2 CRISPR Vector Maps

Figure. GeCKOv2 CRISPR Vector Maps

Change in gRNA representation following 6-TG treatment of A549 cells

Figure.
Change in gRNA representation following 6-TG treatment of A549 cells

 

カタログダウンロード

本ページ掲載の製品以外にも、多様な遺伝子編集ライブラリーをご用意しています。適切なツールを選択するための解説と比較表をカタログに掲載していますので、実験環境に適したライブラリー選択にご活用ください。