Merck
ホームmilliplex毒性研究パネル - MILLIPLEX®

毒性研究パネル - MILLIPLEX®


毒性は、生物学的研究や医薬品開発のすべての側面に影響します。毒性試験の基本原則は、医薬品開発プロセスの中で、できるだけ早期に毒性化合物を排除することです。さまざまな器官における薬物誘発毒性は、医薬品開発が失敗する主な原因となっています。そのため、器官特異的な毒性試験は特に重要です。理想的な毒性バイオマーカーは、器官又は組織に特異的なだけでなく、毒性が拡大する前に、器官や組織の損傷を特定できる感度を持った分子です。
Predictive Safety Testing Consortium (PSTC)によって、器官特異的毒性をより正確に予測できるタンパク質バイオマーカーが多数特定および評価されており、規制当局は、毒性を確立するためのアッセイ特性を推奨しています。さらに、毒性バイオマーカーは、初期の安全性評価に用いられることが多い前臨床モデルに適用できることが理想的です。 メルクのMILLIPLEX® マルチプレックス毒性パネルは、複数の動物種(ヒト、ラット、マウス、イヌなど)において、多数の毒性バイオマーカーを同時に定量することが可能です。


腎毒性パネル

従来のBUNや血清クレアチニン検査とは対照的に、適正な腎毒性バイオマーカーを検出することで、腎損傷の早期発見、局在化が可能になります。これは毒性の正確な評価のために重要です。

ここには一部のアナライトのみを掲載しています。

> すべてのMILLIPLEX®腎毒性パネルを見る

肝毒性パネル

肝障害の発生に伴って血中に放出される肝細胞及び肝胆道由来の酵素がバイオマーカーとして使用されます。

ここには一部のアナライトのみを掲載しています。

> すべてのMILLIPLEX®肝毒性パネルを見る

心毒性パネル

心拍数や平均動脈圧に加えて、平滑筋や内皮細胞、免疫介在細胞中の主要なタンパク質を測定することで、有用なバイオマーカーが得られる可能性があります。

ここには一部のアナライトのみを掲載しています。

> すべてのMILLIPLEX®心毒性パネルを見る