Merck
ホームmilliplexマルチプレックスアッセイによるセルシグナリングの網羅的解析

マルチプレックスアッセイによるセルシグナリングの網羅的解析

xMAP® INTELLIFLEX
Luminex® 200™

xMAP® テクノロジーを用いたマルチプレックスアッセイシステム(Luminex® 200™、xMAP® INTELLIFLEX、FLEXMAP 3D™)とMIILIPLEX® セルシグナリングキットの組み合わせは、セルシグナリング関連分子の量的、質的変動の網羅的解析を可能にします。


必要なのはサンプルだけ オールインワンパッケージ

アッセイに必要な試薬は全てキットに含まれています*

必要なのはサンプルだけ オールインワンパッケージ

(*サンプル調製用試薬、総タンパク定量用試薬を除く。測定にはxMAP® テクノロジーを用いたマルチプレックスアッセイシステムが必要です。)

96ウェルプレート1枚 = ウェスタンブロッティング35枚分*

圧倒的なデータ量を得られます

MILLIPLEX® キット

MILLIPLEX® キット
1well中で多項目を同時に検出可能

ウエスタンブロッティング

ウェスタンブロッティング
メンブレン1枚で1項目x9サンプルを検出

*40 サンプル、7項目を測定する場合
MILLIPLEX® キット: 80well/plate (duplicate)
ウェスタンブロッティング: 9サンプル + 1 MWマーカー / gelとして算出

実験操作は96ウェルプレートの中で完結

泳動→転写→ブロッキング→一次抗体→二次抗体→検出 といった煩雑な操作が不要です
実験の再現性向上にもつながります

MILLIPLEX® キット
実験操作は96ウェルプレートの中で完結

ラインナップ:

アポトーシス関連シグナリング

ヒト Bcl-2 Family アポトーシスパネル1 (6plex)
Human Bcl-2 Family Apoptosis Panel 1 – 6Plex

For Cell lysate

アナライト

カタログ番号:48-682MAG

ヒト Bcl-2 Family アポトーシスパネル2 (4plex)
Human Bcl-2 Family Apoptosis Panel 2 – 4Plex

For Cell lysate

アナライト

カタログ番号:48-683MAG
Bcl-2 Family Apoptosis Partners

Bcl-2 Family Apoptosis Partners

組換えタンパク質を用いた、交差反応性の確認データ

A

タンパク質 - タンパク質相互作用検出の特異性確認データ ( Mcl-1 / BIMの相互作用の例)

B

MCF7細胞を用いた用量反応曲線

C

(A)組換えタンパク質を用いた、交差反応性の確認データ
Bcl-2 Family Apoptosis Panelの 各アナライト間で有意な交差反応は見られなかった。
(B) タンパク質 - タンパク質相互作用検出の特異性確認データ ( Mcl-1 / BIMの相互作用の例)
検出抗体を特異的組換えタンパク質とともに一晩インキュベートしてから、翌日アッセイに使用した。 予想通り有意なシグナルは観察されなかった(グラフの2番目のバー)。
(C)MCF7細胞を用いた用量反応曲線
MCF7細胞を0,1,2,5,10および20μM濃度のカンプトテシンで16時間処理した。細胞溶解物の総タンパク質20μgを、プロトコールに従って MILLIPLEX® Bcl-2 Family Apoptosis Panleで測定した。
グラフにはBAD、Bcl-xL / BAD相互作用、および総Bcl-xLのシグナルを示した。


Apoptosis Pathways

初期アポトーシスシグナリング(7plex)
Early Apoptosis - 7Plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-669MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Anisomycin, Paclitaxel , Camptothecin処理したJurkat細胞およびA549細胞の解析結果

Anisomycin, Paclitaxel , Camptothecin処理したJurkat細胞およびA549細胞の解析結果

Lambda phosphatase (negative control)処理したHeLa細胞、25μM Anisomycin (4時間)もしくは 5μM Paclitaxel (overnight)処理したJurkat細胞および 5μM Camptothecin (overnight) 処理したA549細胞を解析した。
各細胞はプロテアーゼインヒビターを含むMILLIPLEX® Lysis Bufferに溶解した。総タンパク量 20μgをMILLIPLEX® Assay Buffer2にて希釈し、キットプロトコルに従いアッセイを行った(細胞溶解液は4℃、overnightで処理した)。Luminexシステムで中央蛍光値 (Median Fluorescence Intensity)を測定した。図は3ウェルの平均値および標準偏差を示している。


Akt / mTORシグナリング (11plex)

Summary of Akt/mTOR Pathways

Akt / mTORパスウェイは、タンパク質翻訳、細胞周期、細胞エネルギー恒常性およびアポトーシスを含む多くの細胞プロセスにおいて中心的な役割を果たします。

メルクでは、Akt / mTORパスウェイに関連するタンパク質 11項目を、リン酸化特異的もしくはトータルで検出するキットをご提供しています。

Akt/mTOR シグナリング(リン酸化 :11plex)
Akt/mTOR(Phosphoprotein)- 11Plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-611MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat

REPRESENTATIVE DATA

11-plex Akt/mTOR Panel Analysis of Insulin Treated HepG2 and IGF-1 Treated MCF-7 Cells

Multiplex analysis of HepG2 and MCF-7 cells treated with insulin or IGF-1.

Figure 1. Multiplex analysis of HepG2 and MCF-7 cells treated with insulin or IGF-1. HepG2 cells stimulated with 10 μg/mL of insulin (15 min) or MCF-7 cells stimulated with 50 ng/mL IGF-1 (10 min) were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. 20 μg total protein of each lysate diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 were analyzed according the Assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells.

Akt/mTOR シグナリング(Total :11plex)
Akt/mTOR(Total)- 11Plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-612MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat

REPRESENTATIVE DATA

11-plex Akt/mTOR Panel Analysis of HepG2 Cells

Multiplex analysis of HepG2 cells.

Figure 1. Multiplex analysis of HepG2 cells. HepG2 cells were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. 20 μg total protein of each lysate diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 were analyzed according the Assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells.


マルチパスウェイシグナリング (9plex)

Summary of Signaling Pathways

RTK(受容体チロシンキナーゼ)を介したシグナル伝達は、しばしば代謝および細胞増殖の増加を促進します。
ERK / MAPキナーゼおよびAktは、RTKシグナル伝達によって活性化される重要なSer / Thrキナーゼで、p70 S6キナーゼ、Msk1、STAT3(Ser727)、CREBなど、多くのシグナル伝達中間体の活性を亢進します。
ストレスや Death receptors(例えば、TNFα)を介して誘導される他のシグナル伝達経路は、p38、JNK、およびNF-κB パスウェイを活性化します。

マルチパスウェイシグナリング(リン酸化: 9plex)
Multi-Pathway(Phosphoprotein)- 9Plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-680MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat

マルチパスウェイシグナリング(Total: 9plex)
Multi-Pathway(Total)- 9Plex

For Cell lysate

Multi-Pathway (Phosphoprotein) - 9Plex(カタログ番号 48-680MAG)に含まれる測定項目の各全タンパク質を検出するキットとしてご利用ください。

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-681MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of A431, MCF-7 or HeLa cells treated with EGF, IGF1 or TNF-α/calyculin A.

48-680MAG Multi-Pathway (Phosphoprotein – 9plex)
Multiplex analysis of A431, MCF-7 or HeLa cells treated with EGF, IGF1 or TNF-α/calyculin A.
HeLa untreated (NT), A431 cells stimulated with 100 ng/mL of EGF (5 min), MCF-7 cells stimulated with 50 ng/mL of IGF1 (10 min) and HeLa cells pretreated with 50 nM calyculin A (15 min) prior to stimulation with 50 ng/mL TNF-α (15 min) were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. Each lysate (20 μg total protein) was diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 and analyzed according the assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of four replicate wells.


タンパク質翻訳研究用パネル

タンパク質の合成は、細胞の増殖や分化に必須の生命現象です。
正常細胞は環境刺激や発生のステージ等に応じて制御された様式で増殖します。しかし癌細胞は、自身の制御不能な細胞増殖や生存に有利になるように、タンパク質合成などの細胞内プロセスを制御するシグナル伝達経路を変更します。
翻訳開始に関与するタンパク質のリン酸化状態は、翻訳複合体の形成または活性化を調節する制限因子です。
癌細胞では、過度に活性化されたシグナル伝達経路が翻訳に影響を及ぼし、制御不能な細胞増殖や生存を可能にします。
さらに、翻訳開始に関連するいくつかの因子は、突然変異、翻訳後修飾または発現量の変化により発癌遺伝子として作用することが示されています。

翻訳開始因子eIF 研究パネル (6Plex)
Protein Translation - 6Plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-655MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat

REPRESENTATIVE DATA

Protein Translation 6-plex Panel

Multiplex analysis of HeLa cells treated with TNFα/Calyculin A.

Figure 1. Multiplex analysis of HeLa cells treated with TNFα/Calyculin A. HeLa cells stimulated with TNFα (50 ng/mL) + calyculin A (50 nM) (15 min) were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. 4 μg total protein diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 were analyzed according the Assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figure represents the average and standard deviation of three replicate wells.


DNA損傷 / 遺伝毒性シグナリング

DNAの損傷と修復は、常に生きているすべての細胞で起こっています。この損傷は、細胞呼吸および代謝(正常および異常)の結果として自然に生じますが、遺伝毒性を有する物質に曝されることによっても誘発されます。この損傷の修復は、細胞機能および生存能力を保持するためにも、娘細胞への遺伝子データの正確な伝達を維持するためにも必要です。
従来の遺伝毒性アッセイは、機能変異の増加または減少を検出しますが、DNA損傷のメカニズムに関するデータはほとんど得られません。DNA損傷または遺伝毒性に関与する複数のタンパク質の発現量およびリン酸化の検出は、遺伝毒性スクリーニングや、DNA損傷および修復機構の研究に、迅速かつより正確な知見を提供します。

Summary of DNA Damage/Genotoxicity Pathway

ヒトDNA 損傷遺伝毒性シグナリング(7plex)
Human DNA Damage/Genotoxicity - 7Plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-621MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat

T細胞レセプターシグナリング

T細胞におけるシグナル伝達カスケードは、ペプチド/ MHCクラスII複合体の認識から始まります 。
初期のシグナル伝達には、チロシンリン酸化およびFynおよびLckなどの細胞質チロシンキナーゼの活性化が含まれ、これらは、CD3サブユニット上のITAM(免疫受容体 - チロシンに基づく活性化モチーフ)領域に存在するチロシン残基をリン酸化します。
リン酸化ITAMは、タンパク質チロシンキナーゼZAP-70の結合部位を形成し、ZAP-70を活性化します。
活性化したZAP-70が、膜貫通アダプタータンパク質、T細胞の活性化のためのリンカー(またはLAT)をリン酸化し、T細胞における広範囲なシグナル伝達分子を動員することで、T細胞の増殖およびサイトカイン産生をもたらします。

T細胞レセプターシグナリング

T 細胞レセプターシグナリング(7plex)
T-Cell Receptor(Phosphoprotein)- 7Plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-690MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of Jurkat cells treated with H2O2.

Multiplex analysis of Jurkat cells treated with H2O2. Jurkat cells stimulated with 5 mM of H2HO2 (5 min) was assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. 20 μg total protein of each lysate diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 were analyzed according the Assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells.


ヒト受容体型チロシンキナーゼ

RTK(受容体チロシンキナーゼ)は増殖因子、神経栄養因子および他の細胞外シグナル伝達分子の受容体として作用する膜貫通タンパク質です。
細胞外リガンドに結合すると、RTKは細胞質側末端の特定の残基に受容体二量体化およびチロシンリン酸化を受け、RTK媒介シグナル伝達を引き起こします。
ヒトゲノム中の500を超える既知プロテインキナーゼのうち、約60がRTKファミリーのメンバーに分類され、細胞シグナル伝達ネットワークの中心的な構成要素として、正常な生理学的プロセスのみならず、糖尿病やがんなどの疾患プロセスにおいても重要な役割を果たします。

Receptor Tyrosine Kinase (RTK) Family

ヒト受容体型チロシンキナーゼ(リン酸化)
Human RTK(Phosphoprotein Panel)

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat

セレクトキット
HPRTKMAG-01K-XX(選択したアナライトの合計数がプレックス数(Plex/Pk)となります)

Multiplex analysis of HEK293, HUVEC, THP-1, and HFF-1 cells treated with serum or serum and pervanadate.
Multiplex analysis of HEK293, HUVEC, THP-1, and HFF-1 cells treated with serum or serum and pervanadate.

Multiplex analysis of HEK293, HUVEC, THP-1, and HFF-1 cells treated with serum or serum and pervanadate. HEK293 cells stimulated with fetal calf serum (15 minutes), HUVEC cells stimulated with 10% fetal bovine serum and 100 μM pervanadate (30 minutes), THP-1 cells stimulated with 10% fetal calf serum and 100 μM pervanadate (30 minutes), and HFF-1 cells stimulated with 10% fetal calf serum were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. 20 μg total protein of each lysate diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 1 were analyzed according the Assay protocol (lysate incubation at 4°C overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells.


MAPK/SAPK シグナリング

細胞は、細胞内シグナル伝達を介して様々な方法でその環境に応答します。
RTK(受容体型チロシンキナーゼ)を介したシグナル伝達には、しばしば、代謝および細胞増殖の亢進を誘導します。
ERK / MAPキナーゼの活性化は、RTKシグナル伝達によって活性化され、p70 S6キナーゼ、MSK1、STATs、CREBおよび他の多くのシグナル伝達中間体の活性の増加を促進する重要なSer / Thrキナーゼの1つです。
ストレス(例えば熱ショック/亜ヒ酸塩処理)またはデスレセプター(ex.TNFα)を介して誘導される他のシグナル伝達経路は、p38、JNKおよびp53シグナル伝達経路を促進します。

Summary of Signaling Pathways

MAPK/SAPK シグナリング(10plex)
MAPK/SAPK(Phosphoprotein)- 10Plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-660MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of Positive Control Samples 47-210, 47-211, 47-219.

Multiplex analysis of Positive Control Samples 47-210, 47-211, 47-219. Hela:
unstimulated negative control (47-201), A431: EGF stimulated (47-210), Hela: Heat Shock/Arsenite stimulated (47-211) and NIH/3T3: anisomycin stimulated (47-219) positive controls were assayed according to instructions using the the MILLIPLEX® 10-plex MAPK/SAPK kit.
The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells.


NFκB シグナリング

NF-κB(核因子κB)は、免疫応答、炎症、増殖、壊死、アポトーシスおよび腫瘍形成などの生理学的プロセスおよび病理学的プロセスの両方において重要な調節的役割を果たす転写因子です。
NF-κB経路は、炎症性サイトカイン(TNFαまたはIL-1)、ウイルス、細菌、UV照射、遺伝毒性ストレス、DNA損傷、酸化ストレスなどを含む数多くの刺激によって活性化し、IκB/ NF -κB複合体は、リン酸化およびユビキチン化の両方によって厳格に制御されています。
IκBのリン酸化およびユビキチン化は、それ自身の分解と、リン酸化されたNF-κBの核移行を誘導します。
サイトカイン、サイクリン、p21、Bcl-2、およびc-Mycを含む100を超える標的遺伝子が、NF-κBによって転写されることが知られています。

Summary of NF-κB Pathway

NF κ B シグナリング(6plex)
NF- κ B Signaling - 6Plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-630MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of HeLa cells treated with TNFα/Calyculin A.

Multiplex analysis of HeLa cells treated with TNFα/Calyculin A. HeLa cells stimulated with TNFα (2 ng/mL) + calyculin A (50 nM) (15 min) were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. 20 mg total protein of each lysate diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 1 were analyzed according the Assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figure represents the average and standard deviation of three replicate wells.


Src Family kinase シグナリング

プロトオンコジーンキナーゼ(SFK)のSrcファミリーは、最大の非受容体タンパク質チロシンキナーゼファミリーであり、SFKは、Src、Yes、Fyn、Fgr、Lck、Hck、Blk、およびLynで構成されています。
Srcファミリーキナーゼは、増殖因子レセプター、インテグリン、GPCR、サイトカインレセプター、B細胞レセプターおよびT細胞レセプターなどの免疫学的認識レセプター、およびイオンチャネルを含む様々な細胞膜レセプターからのシグナル伝達経路でトランスデューサーとして働きます。
分化、細胞周期の進行、接着、および浸潤といった、様々な細胞活動に関わるシグナル伝達に重要な役割を担うとともに、非小細胞肺がん、頭頸部扁平上皮がんおよび膵がんなどの発癌メカニズムにおいても役割を果たします。

Src Family Kinase

Src Family kinase シグナリング(8plex)
Src Family Kinase Active(Phosphoprotein)- 8Plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-650MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of Ramos, HL-60 and HEK293 cells treated with sodium pervanadate.

Multiplex analysis of Ramos, HL-60 and HEK293 cells treated with sodium pervanadate. HeLa untreated (NT), Ramos cells treated with 20 mM of pervanadate (5 minutes), HL-60 cells treated with 100 μM pervanadate (15 minutes) and HEK293 cells treated with 100 μM pervanadate and 10% serum (15 minutes) were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. Each lysate (20 μg total protein) was diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 and analyzed according the assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells.


STAT シグナリング

STAT(Signal Transducers and Activators of Transduction)は、サイトカイン、ホルモン、増殖因子および神経伝達物質など、幅広いリガンドの受容体に利用されています。
STATタンパク質上の 保存されたチロシン残基のリン酸化により、SH2媒介性のSTAT二量体化と核移行が誘導されます。
核内に移行したSTAT二量体は、IRE(Interferon response element)およびGAS(gamma interferon activated sequence)DNA element に結合することで、下流遺伝子の転写調節をもたらします。
STAT経路は、腫瘍形成、腫瘍進行、血管新生、細胞運動、免疫応答および幹細胞分化において重要な役割を果たします。

STAT Pathways

STAT シグナリング(5Plex)
STAT(Phosphoprotein)- 5Plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-610MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of Daudi and HeLa cells treated with IL-4 or IFNγ.

Multiplex analysis of Daudi and HeLa cells treated with IL-4 or IFNγ. Unstimulated HeLa cells, HeLa cells stimulated with 10,000U/mL of IFNγ (15 min) or Daudi cells stimulated with 50 ng/mL IL- 4 (10 min) were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. 20 μg total protein of each lysate diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 were analyzed according the Assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells.


TGF β シグナリング

TGFβ経路は、増殖、分化、アポトーシス、移動、接着、免疫応答、および他の機能を含む多くの細胞プロセスにおいて中心的な役割を果たします。
TGF-β二量体は、 TGF-βII型受容体およびTGF-βII型受容体によってリクルートされ、リン酸化されたTGF-βI型受容体に結合します。
次いで、I型受容体はSMAD2 / 3をリン酸化、リン酸化 SMAD2 / 3はSMAD4に結合し、細胞周期に関与する遺伝子(p15、p21、p27、c-myc、cyclin D2、CDK2、およびcyclin E ) や細胞外マトリックス調節に関与する遺伝子(フィブロネクチン、テネイシン、およびPAI-1)の転写因子として働きます。
TGF-βレセプターは、SMAD依存性古典的経路ならびにSMAD非依存性非古典的経路(PI3K / Akt、ERK、JNKおよびp38など)の両方を活性します。

TGFβ Pathway

TGF β シグナリング(6plex)
TGF β - 6Plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-614MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of HepG2 and MCF-7 cells treated with TGFβ or IGF-1.

Multiplex analysis of HepG2 and MCF-7 cells treated with TGFβ or IGF-1. HepG2 cells stimulated with 2 ng/mL of TGFβ (60 min) or MCF-7 cells stimulated with 50 ng/mL IGF-1 (10 min) were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. 20 μg total protein of each lysate diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 were analyzed according the Assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells.


Phospho/Total 2-plexキット

以下の Phospho/Total 2-plexキットは組み合わせて同時測定することが可能です。詳しくは各キットのプロトコルをご確認ください。

Akt(別名:プロテインキナーゼBまたはPKB)は、細胞の生存、インスリンシグナル伝達、血管新生および腫瘍形成の調節において重要な役割を果たします。 AktはSer473およびThr308のリン酸化によって完全に活性化され、転写因子、キナーゼおよび他の重要なシグナル伝達タンパク質を広範囲にリン酸化します。

Akt and ERK Pathways

Akt Phospho/Total - 2plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-618MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of MCF-7 cells treated with IGF-1.

Multiplex analysis of MCF-7 cells treated with IGF-1. Untreated HeLa and MCF-7 treated with 50 ng/mL of IGF-1 (10 minutes) were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. Each lysate (20 μg total protein) was diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 and analyzed according the assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells.

Aktには3つのアイソフォーム(Akt1、Akt2、Akt3)が存在し、主要な細胞プロセスにおいて独特の特異的役割を有することが示されています。 ヒトAktアイソフォームの重要な調節リン酸化部位は、 Akt1についてはSer473およびThr308、Akt2についてはSer474およびThr309、そしてAkt3についてはSer472およびThr305です。

Akt1 Phospho/Total - 2plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-631MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Immunoassay Specificity: Minimal cross-reactivity of Akt isoforms

Cross-reactivity among the phosphorylated/total Akt1-, Akt2- Akt3-specific antibodies in each 2-plex kit is non-detectable or negligible.

Akt2 Phospho/Total - 2plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-632MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat

Akt3 Phospho/Total - 2plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-633MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat

CREB(cAMP Response Element Binding protein)は、ホルモン、成長因子およびニューロン活性を含む多様な刺激に応答する転写因子です。
その標的遺伝子の転写活性化は、細胞生存、成長および分化などの多様な細胞機能にとって重要であり、特に神経系においては、ニューロンの生存、増殖、分化および神経突起伸長を促進することにより、重要な調節的役割を果たします。
さらに、CREBシグナリングは、シナプスの平滑化および長期記憶に関与し、アルツハイマー病およびハンチントン病のような神経変性疾患に関連することが示唆されています。
CREBによる細胞生存、成長および分化の調節機構を理解することは、がん、神経変性疾患および他の疾患を治療するための新しい戦略につながることが期待されます。

CREB Phospho/Total - 2plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-628MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of Phospho and Total ERK in A431 cells treated with EGF.

Multiplex analysis of Phospho and Total ERK in A431 cells treated with EGF. Untreated HeLa cells and A431 cells treated with 100 ng/mL EGF (5 minutes) were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. Each lysate (20 μg total protein) was diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 and analyzed according the assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells.

MAPK / ERKカスケードは、細胞増殖、分化、細胞接着といった生物学的機能や、転写、翻訳および細胞骨格再編成を調節することによる細胞生存を媒介します。 加えて、MAPK / ERK経路は、減数分裂および有糸分裂の開始と調節、ならびに分化した細胞での分裂後機能において重要です。 現在、ERKの気質はおよそ160発見されていて、その 多くが核内に局在し、転写を調節しています。
他の基質は、細胞質ならびに細胞小器官にあり、タンパク質翻訳、有糸分裂およびアポトーシスなどの細胞プロセスに関与します。

Erk/MAPK 1/2 Phospho/Total - 2plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-619MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of Phospho and Total ERK in A431 cells treated with EGF.

Multiplex analysis of Phospho and Total ERK in A431 cells treated with EGF. Untreated HeLa cells and A431 cells treated with 100 ng/mL EGF (5 minutes) were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. Each lysate (20 μg total protein) was diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 and analyzed according the assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells.

IRS(insulin receptor substrate)は、インスリンおよびIGFシグナル伝達の重要なメディエーターであり、成長、生存および代謝などの細胞機能にとって重要です。
IRSタンパク質は、固有の酵素活性を持たず、PI3K、Grb-2、SHP-2、Fyn、c-Crk、CrkIIおよびNckなどのエフェクタータンパク質をチロシン受容体キナーゼ(IR、IGF1R、VEGFR、EGFRなど)や他の受容体に補充するといった、アダプタータンパク質としての機能を通じてシグナル伝達に寄与します。

IRS1 Phospho/Total - 2plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-626MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of Phospho and Total IRS1 in MCF-7 cells treated with IGF-1.

Multiplex analysis of Phospho and Total IRS1 in MCF-7 cells treated with IGF-1. Untreated HeLa cells or MCF7 cells stimulated with 50 ng/mL IGF-1 for 10 mininutes were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. Each lysate (20 μg total protein) was diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 and analyzed according the assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells. The ratio of Phospho-IRS1 over Total IRS1 signal is given in the parenthesis.

JNK(c-jun N-terminal kinase)は、 MAPK(Mitogen Activated Protein Kinase)ファミリーのメンバーで、サイトカイン、UV、浸透圧ショック、熱ショックなどによって誘導された細胞ストレスを媒介します。
JNKはC-Jun、ATF2、ELK1、HSF1、c-Myc、p53、STAT1、STAT3、NFAT、FOXO4、PPARγ、RAR、RXR、およびARを含む、多くの転写因子の活性の増加を誘導する 重要なセリン/スレオニンキナーゼです。JNKによるこれら転写因子の活性化は、細胞増殖、分化、生存およびアポトーシスなど、重要な細胞機能の調節を担います。

JNK Phospho/Total - 2plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-622MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of Phospho and Total JNK in HeLa cells treated with heat shock and arsenite.

Multiplex analysis of Phospho and Total JNK in HeLa cells treated with heat shock and arsenite. HeLa cells untreated or treated with heat shock (42°C 30 min., 37°C 16 hours) and 400μM arsenite for 30 minutes were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. Each lysate (20 μg total protein) was diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 and analyzed according the assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells.

mTOR(mammalian Target of Rapamycin)​​は、 Akt / mTOR経路の一部、ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ関連キナーゼタンパク質ファミリーに属するSer / Thrキナーゼで、成長因子の刺激や、エネルギー需要に応じて、細胞増殖、細胞増殖、細胞運動、細胞生存、タンパク質合成および転写を媒介します。
mTORは、細胞代謝を制御する重要な経路であり、この経路の機能不全は、糖尿病、肥満および癌などの様々なヒト疾患に関与しています。

mTOR Phospho/Total - 2plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-625MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of Phospho and Total mTOR in HeLa and HepG2 cells treated with Phosphatase or Insulin.

Multiplex analysis of Phospho and Total mTOR in HeLa and HepG2 cells treated with Phosphatase or Insulin. HeLa cells treated with lambda phosphatase and HepG2 cells treated with 10 μg /mL insulin (15 min.) were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. Each lysate (20 μg total protein) was diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 and analyzed according the assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells. The ratio of Phospho-mTOR over Total mTOR signal is given in the parenthesis.

p38は、 MAPK((Mitogen Activated Protein Kinase))ファミリーのメンバーで、炎症性サイトカイン、UV、浸透圧ショック、熱ショックなどによって誘導される細胞ストレスを媒介します。
p38経路の活性化は、細胞分化、増殖、細胞生存、アポトーシスおよびオートファジーを惹起し、 p38経路の機能不全は、炎症性疾患、神経変性疾患および癌などの様々な疾患に関与します。

p38 Phospho/Total - 2plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-624MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of Phospho and Total p38 in HeLa cells treated with TNFα + calyculin A.

Multiplex analysis of Phospho and Total p38 in HeLa cells treated with TNFα + calyculin A. HeLa cells untreated or HeLa cells were treated with calyculin A (50nM) and TNFα (50 ng/mL for 15 min) were assayed. The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. Each lysate (20 μg total protein) was diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 and analyzed according the assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells. The ratio of Phospho-p38 over Total p38 signal is given in the parenthesis.

STAT(Signal Transducers and Activators of Transduction)は、サイトカイン、ホルモン、増殖因子および神経伝達物質など、幅広いリガンドの受容体に利用されています
STATタンパク質上の 保存されたチロシン残基のリン酸化により、SH2媒介性のSTAT二量体化と核移行が誘導されます。
核内に移行したSTAT二量体は、IRE(Interferon response element)およびGAS(gamma interferon activated sequence)DNA element に結合することで、下流遺伝子の転写調節をもたらします。
STAT経路は、腫瘍形成、腫瘍進行、血管新生、細胞運動、免疫応答および幹細胞分化において重要な役割を果たします。

STAT3 Phospho/Total - 2plex

For Cell lysate

アナライト(プレミックスキット)

カタログ番号:48-623MAG

Species Cross Reactivity

H: Human, M: Mouse, R: Rat
Multiplex analysis of Phospho and Total STAT3 in HeLa cells treated with IFNγ.

Multiplex analysis of Phospho and Total STAT3 in HeLa cells treated with IFNγ, HeLa cells non-treated or treated with 10,000U/mL IFNγ (15 min). The cells were lysed in MILLIPLEX® Lysis Buffer containing protease inhibitors. Each lysate (20 μg total protein) was diluted in MILLIPLEX® Assay Buffer 2 and analyzed according the assay protocol (lysate incubation at 4ºC overnight). The Median Fluorescence Intensity (MFI) was measured with the Luminex® system. The figures represent the average and standard deviation of three replicate wells.