Merck

規制

ライフサイエンスは、規制要件と複雑さが増している、世界中で最も規制されている業界の一つです。ライフサイエンス業界のグローバルリーダーとして、私たちは世界中のレギュラトリーエキスパートによるチームを構成し、常に現在のトレンドや将来のクオリティおよびレギュラトリーの機会を把握し、潜在的な規制上の課題についてお客様をサポートします。

このページで、広範囲に及ぶ専門分野をご覧いただき、特定の規制専門知識にアクセスしてください。

メルクのライフサイエンス・ビジネスは、US、EU、ICH加盟各国と新興国において、以下の手続きを含むAPIおよび添加剤の登録をサポートします:USドラッグマスターファイル(DMF)、EU-ASMF(原薬マスターファイル)、CEPドシエ、およびその他のマスターファイルの準備と当局への申請。

医薬品・バイオ医薬品製造に関する詳細はこちら

添加剤および原薬(API)に関する中国の規制

人口が増加し、高齢化社会である中国は製薬企業にとって非常に魅力的なマーケットです。しかし、中国で医薬品の製造、輸入または販売を模索する企業にとって、この優れた市場機会にはかなりの困難も伴います。

中国における規制が最近改正されたことにより、規制の効率と透明性が向上し、国際的なアプローチとの整合性が改善されました。最新版の中国医薬品管理法では、API、添加剤および包装容器に関する同時レビュー規定に加えて、医薬品製造販売業者制度の導入が強化されています。

現在、国家薬品監督管理局(NMPA)として知られる旧国家食品薬品監督管理局(CFDA)が発効した146号規制によると、APIまたは添加剤の製造業者は、登録番号を取得するために技術資料をNMPAに提出する必要があります。登録番号は、承認後に国家薬品監督管理局医薬品審査センター(CDE、技術評価を担当するNMPAの部門)によってCDEウェブサイト上で正式に公開されます。

私たちの添加剤およびAPIの多くは既にCDEに登録されています。登録番号はCDEのウェブサイトで入手できます。

現行の登録ドシエのリストをダウンロード

お客様の医薬品申請でメルクの登録済み添加剤またはAPIを参照するためにLetter of Accessが必要な場合は、営業担当までご連絡ください。

詳しくは以下をご覧ください。
関連ホワイトペーパー:About Chinese Registration
関連ウェビナー:Chinese Excipients Regulation Overview

元素不純物

私たちは、元素不純物に関するICHガイドラインQ3Dに従ってお客様をサポートするために、ライフサイエンスのEmprove®製品について元素不純物に関するデータを作成しています。バッチデータを提供するEII(元素不純物情報)の申請用資料は、私たちの新しいEmprove®の「オペレーショナル・エクセレンス・ドシエ」にも含まれています。

製品仕様書と試験成績書には、元素不純物に関する一般的な情報も記載されています。

関連ウェビナーGuideline on Elemental Impurities: Challenges and Approaches for Implementation

詳細については、Emprove® プログラムをご参照ください。

ニトロソアミン類

医薬品中のニトロソアミン類の存在は、公衆衛生上の懸念事項となっています。これがきっかけとなり、保健機関は、医薬品製造販売業者および製造業者に対してリスクアセスメントを実施し、汚染の可能性がある場合には低減戦略を実施するよう指導を行っています。私たちのエキスパートは、APIおよび添加剤のリスクアセスメントを効果的かつ効率的にサポートし、Emprove®Dossierを介してお客様が利用できるアセスメントステートメントを作成しました。私たちのチームは、政府機関のワーキンググループおよび業界団体の活発なメンバーで構成されているため、トピックを常に把握しており、お客様を継続的にサポートします。

関連ウェビナー:
Nitrosamines - New Requirements to Evaluate Contamination Risks
Risk-Based Approach to Evaluate Nitrosamines and Elemental Impurities from Single-Use Components

米国薬局方<665>:医薬品およびバイオ医薬品の原料・医薬品製造に使用されるプラスチック製品およびシステム

バイオ医薬品業界では、シングルユース技術(Single-use technology、SUT)が十分に確立されています。さまざまなプラスチック製品に由来する溶出物を適宜評価することは、SUTの主な課題の一つです。医薬品を規制当局に申請するには、シングルユースシステム(Single-use systems、SUS)を製造工程で用いる際に溶出する可能性のある物質のデータとリスクアセスメントが必要です。米国薬局方(USP)は、SUSを認定するための標準手順を確立するための議論を促進してきました。2021年に新しい総則<665>を公開し、2026年5月付で正式なものとなります。

SUSがその使用目的に適していることを保証するための<665>には、有機抽出物の特性を評価するための標準抽出プロトコルが含まれています。これは、製薬企業の毒物学的評価のベースラインとして用いられます。Emprove®プログラムでは、BioPhorum Operations Groupが規定した業界標準に加えてUSP<665>に基づく信頼性の高い抽出物データを提供することにより、抽出物リスクアセスメントを迅速にサポートします。

詳細はこちら:Emprove®フィルターおよびシングルユースコンポーネント

関連ウェビナー:Upcoming USP 665 - Level of Characterization of Single-Use Systems Today and Tomorrow

フィルターおよびシングルユース向け生物反応性試験:In VivoからIn Vitro評価法への移行

以下に示すUSPの取り組みに沿って、メルクはフィルターおよびSUTのプラスチック材料認定についても動物実験を廃止し、ISO 10993-5:医療機器の生物学的評価-体外細胞毒性試験に規定するIn-Vitro法のみを用います。

最近の米国薬局方(USP)の発表では、プラスチックの動物実験を廃止する戦略が強調されました。この戦略には、USP <88> 生物反応性試験、In Vivoの動物実験分類体系の削除が含まれています。また、 USP <87> 生物反応性試験、In Vitroに記載されている細胞ベースの代替法をあらためて強調しています。エラストマー、プラスチック、およびその他の高分子材料の生物反応性試験に適用されるこれらの公定規格は、医薬品のパッケージ(つまり、一次容器施栓系)および投与システム(シリンジ、自動注射器、吸入器、静脈注射システムなど)に焦点を当てています。フィルターやSUTなどの医薬品製造システムに用いられるプラスチックは、参照される生物反応性試験規格の適用範囲外です。製造システムには特定の規格が存在しないため、業界ではこれまでフィルターとSUTのいずれについてもUSP <88>、クラスVIを導入してきました。私たちは、この動物試験法からの移行を決定し、最近のUSPおよび業界団体との連携に基づき、フィルターとSUTにin vitro試験を用いるだけでなく、試験法の評価もあわせて行っています。in vitro法とin vivo法は、いずれもプラスチック材料の反応性を明らかにしており、これらの方法が同等であることが実証されています。

ISO 10993-5は、in vitro生物反応性試験の国際医療機器規格であり、USP <87>の要件も満たしています。

関連参考文献:USP’s Approach for Future Revision of Biological Reactivity Chapters (87), (88), and (1031).(July 1, 2020) - https://online.usppf.com/usppf/document/GUID-DB0E469C-AD8F-41EE-A4B9-0A785A61E79B_10101_en-US

関連ウェビナー:Regulatory Talks: Is USP 88, Class VI Animal Bioreactivity Testing Necessary for Plastics used in Manufacturing

細胞および遺伝子治療は新規モダリティのため、規制に対する期待度は絶えず変化しています。世界的に、規制当局は細胞および遺伝子治療の開発のさまざまな側面に対処するためのガイダンスを公開しています。

メルクのライフサイエンス・ビジネスは、治療法の開発および製造プロセス全体にわたるさまざまなソリューションを積極的に開発しています。また、この市場のニーズに応えるために、いくつもの製品と製造および試験サービスを提供しています。

最近の関連規制ガイダンスを以下に示します。

  1. EudraLex: The Rules Governing Medicinal Products in the European Union, Volume 4, Good Manufacturing Practice、
    Guidelines on Good Manufacturing Practice specific to Advanced Therapy Medicinal Products
  2. このガイダンスには、製造承認が与えられたATMPと臨床試験環境で使用されるATMPの製造に適用されるべきGMP要件が詳述されています。これにより、リスクベースのアプローチと段階に応じた適切な導入レベルが促進されます。さらに、ATMPだけでなく、その出発原料および重要な原材料のトレーサビリティを確保するための適切なシステムの導入に重点が置かれています。
  3. US FDA 2020: Chemistry, Manufacturing and Control (CMC) Information for Human Gene Therapy Investigational New Drug Applications (INDs)、 Guidance for Industry
    https://www.fda.gov/regulatory-information/search-fda-guidance-documents/chemistry-manufacturing-and-control-cmc-information-human-gene-therapy-investigational-new-drug
    この文書には、原材料と出発原料、医療品原料、および医療品の同一性、純度、効力および初期段階の遺伝子治療の安全性に関する規制に対する期待が記載されています。
  4. European Union 2021: Questions and answers on the principles of GMP for the manufacturing of starting materials of biological origin used to transfer genetic material for the manufacturing of ATMPs (europa.eu)

このガイダンスにより、ATMP製造のさまざまな開発段階で使用される出発原料に対するGMPの適用可能性が明確になります。これは、細胞および遺伝子治療薬の製造に使用されるベクター(ウイルス/微生物)に非常に大きな影響を及ぼします。

私たちの製品とサービスは、これらの規制およびその他の関連規制に定められた要件に適合するように設計されています。

関連ウェビナー:
Navigating regulations - novel cell therapy platforms and their path to clinical manufacturing
Navigating the Regulatory Terrain during Cell & Gene Therapy Production

mRNA

RNAは体液中で不安定になり、ヒト細胞のゲノムに組み込むことができませんが、医薬品の有効成分としてのRNA使用は近年ますます重要になっています。in vivoに加えて、ex vivo遺伝子修正モダリティも治療用途に適用されています。
詳細はこちら

関連資料:
ウェビナー:Regulatory Considerations for mRNA
Virtual Symposium: How mRNA Technology Impacts our Future (on24.com)

食品および飲料業界の成功は、規制上のニーズに適合する製品を理解して提供するパートナーとの連携にかかっています。私たちの食品・飲料チームは、グローバル規制に関する幅広い知識を活用して、私たちの原料、フィルター、および試験サービスがお客様のニーズを確実に満たすようにします。

フレーバー・フレグランス

私たちは、お客様のニーズに応えるために、フレーバーに関する以下のような幅広い文書を提供しています。

  • Regulatory statements declaring compliance to US or EU regulations where appropriate
  • Nutritional Statements
  • Allergen declarations for food allergens of concern in the US, EU and Japan
  • GMO statements meeting EU 1829/2003 and 1830/2003 requirements as well as the USDA Bioengineered Food Disclosure (6 CFR 77) requirements
  • Vegan/Vegetarian declarations
  • US and EU Natural declarations for natural flavors
  • Kosher and Halal certificates for appropriate products

私たちのすべての食品関連製品は、厳格な危害要因分析重要管理点(HACCP)の原則を遵守し、すべての衛生およびGMP要件に適合する施設で管理されています。フレーバー・フレグランスのページで、目的の官能特性を検索またはソートすることにより、必要なフレーバー成分をお探しください。ここでは、最新のホワイトペーパー、規制情報、および製品ハイライトもご覧いただけます。

私たちのフレーバーは、米国食品香料製造業者協会(FEMA)およびEU香料情報システム(FLAVIS)の要件への適合を保証するために徹底的に試験が行われ、管理されています。FEMA番号とFLAVIS番号は、該当する製品ページで確認できます。

食品添加物

Emprove®ポートフォリオによって提供される私たちの食品添加物は、米国食品化学物質規格(FCC)およびE番号の要件への適合を保証するために徹底的に試験が行われ、管理されています。FCC番号とE番号は、該当する製品ページで確認できます。

私たちの材料品質ドシエには以下が含まれます。

  • 製造フローチャート
  • TSE/BSE宣言
  • アレルゲン証明書
  • GMO証明書
  • メラミン宣言
  • ハラル認証
  • コーシャ認定

FCC食品添加物リスト

食品・飲料試験

私たちの食品・飲料試験ポートフォリオは、最新の規制およびISO法への適合を保証するために厳密にレビューおよび試験が行われています。業界全体の規制と食品グループおよび国別・地域別の試験に関するレビューについては、食品・飲料試験規制遵守のページでご覧いただけます。

食品接触材料

フィルターの品質証明書(CoQ)には、動物由来、非繊維性放出規制遵守(21 CFR 210.3による)、毒性に関するUSP <88>活性試験、およびビール、ワイン、水またはその他の食品および飲料の製造に最適なフィルターを選択するために必要な詳細な技術情報が記載されています。

ろ過のページでは、食品・飲料および医薬品製造用のフィルターに関する詳細をご覧いただけます。

食品・飲料の大麻試験

北米では近年、大麻業界が急速に成長しています。カナダは、大麻の食品および飲料製品の販売を合法化しました(一定の規制はあります)。一方、米国では、連邦政府は依然として禁止していますが、THCレベルが0.3%を超える娯楽用または医療用の食用大麻については、多くの州の司法機関が何らかのかたちで合法化しています。

大麻に関する州の試験要件は、植物原料や派生物に含まれる細菌性病原体、農薬などの汚染物質、重金属、およびカビ毒(マイコトキシン)などが対象となる場合があります。これらの要素により安全性とコンプライアンスが促進されることが多いため、効力とカンナビノイドの定量も重要です。

私たちは、試験ニーズを適切に満たすため、また規制に関する専門知識の交換のために、AOACの大麻分析科学プログラム(CASP)などの業界団体と緊密に連携しています。Simplate®酵母菌・カビカラーインジケーターなどの製品は、一部の大麻製品の試験に関する正式なレビューがAOACにより実施されています。

また、分析用標準物質および認証標準物質(CRM)の包括的なポートフォリオを提供しています。さらに、テルペン、カンナビノイド、農薬、カビ毒、重金属用の試験標準物質、また効力試験も提供しています。

大麻試験を現在サポートしている製品に関する詳細はこちら

培養肉

最近のUNレポートによると、人為的に排出される全世界のすべての温室効果ガスの14.5%は家畜に原因があると推定されています。家畜の飼育には、膨大なエネルギー資源が消費されるだけでなく、広大な土地も必要となります。また、食肉生産は非常に非効率的です。1 kgの食肉を生産するには約7 kgの穀物が必要なため、飼料を栽培、製造および輸送するために要する資源には、家畜生産による影響を加味する必要があります。これらの懸念事項を踏まえ、増加する人口の消費ニーズを満たすために、現在の食肉生産に代わる手段を見つけようとする強い動きがあります。

培養肉-少数の動物幹細胞をバイオリアクターで培養された食肉-家畜の飼育による環境への影響がない、健康で栄養価の高い食肉の実現を目指します。

私たちの培養肉イノベーションセンターは、この急成長分野に必要なツールや原料を市場に導入するために、培養肉のイノベーターや規制当局と緊密に連携しています。専任のレギュラトリーエキスパートを擁する私たちは、お客様のパートナーとして、ラボから食卓まで、イノベーションの推進を支援します。たとえば、技術的ニーズだけでなく、培養肉を育てるための食品グレードおよび規制要件の両方に適合する細胞培養培地を市場に導入する取り組みを行っています。

医療機器およびIVDの認証および登録には、技術文書の作成とメンテナンスが必要です。私たちは、製品発売後の安全管理や市販後の活動をサポートしています。当局や公認機関による計画査察や無通告査察については、グローバルレギュラトリーチームが品質やその他の機能横断的チームと連携することにより、不適合のリスクを最小限に抑えます。

EUの医療機器/IVDに関する規制、2017年

2017年からのEUの医療機器/IVDに関する規制は、現行のCEマーキング指令の実施以降、同分野においてEU規制最大の変更です。

これらの規制には、いくつかの新しい要件と変更があります。主な変更点を以下に示します。

  • IVDの分類変更により、多くのIVDに対し公認機関による適合性評価が必要となる(約80%)
  • 性能評価レポートなどのIVDの性能評価に関する新しい要件
  • 組織における新しい機能的役割-規制遵守責任者により製品ライフサイクル全体を通して、デバイスの安全性と有効性を保証する
  • トレーサビリティ条項の導入-固有のデバイス識別番号(Unique Device Identification number、EU UDI)
  • 公認機関による製造者のより厳格な管理。製造者は無通告査察に備えておく必要がある。

ISO 13485:2016

  • 10年以上経過後に、医療機器の品質管理システム(QMS)のグローバル基準の更新版が採用されました。2003年版は、ISO 13485:2016に置き換わっています。
  • 2019年3月までは、ISO 13485:2003およびISO 13485:2016が併存し、製造者、認定/認証機関および規制当局に新規格への移行期間が設けられました。ISO 13485規格の欧州整合規格は、現行の欧州指令および新規制下における医療機器およびIVDのCEマーキングのためのQMS適合性を証明するために使用されます。2016年の規格は、MDSAP(医療機器単一調査プログラム)における査察基準としても使用されます。
  • 2021年には、改正EN ISO 13485:2016+A11:2021が公開されました。この改正には、規則(EU)2017/745および規則(EU)2017/746の要件とISO 13485:2016規格の特定の条項との関連を示す新しい付属書が追加されています。2021年の規格が正式な整合規格になると、その後5年間は、これらの条項に準拠することで新しい規則の関連要件へのみなし準拠が認められます。

メルクのISO 13485認証はこちらからダウンロードできます。

電子・電気機器、つまりEEE製品は、その使用目的または機能を果たすために電気エネルギーを必要とする機器として定義されます。これには、単相電源電圧、三相電源電圧、またはバッテリー駆動の機器が含まれます。これらの製品には、ヒーターからレーザー、UVランプおよび高電圧電気サブシステムまで、あらゆるものを組み込むことができます。

メルクが提供している製品タイプ

主要な各グローバルマーケットには独自の規制要件がありますが、多くのグローバルマーケットでは販売前の要件に関して整合が図られています。ほとんどの規制要件は、以下のカテゴリーに分類できます。

  • 電気機械の安全性:これらの要件は、火花、出火、衝撃、鋭いエッジ、取扱説明書、および電気製品に共通するその他の危険を考慮しています。
  • 電磁両立性・電磁干渉:これらの要件は、通常の動作中に製品から放出される電気放射/ノイズを調査し、外部から電気放射/ノイズを受けた場合に製品が誤動作するかどうかを調べます。
  • 環境コンプライアンス:これらの要件は、耐用年数が経過し、廃棄が必要と思われる電気機器による環境への影響を考慮しています。このカテゴリーには、特定有害物質使用制限(ROHS)および電気・電子機器の廃棄(WEEE)などの要件が含まれます。(注記:これらは欧州指令を参照していますが、ほとんどの主要マーケットで同様の要件があります。

規則の中には、第三者による試験と認証を求められるものもありますが、自己認証で適合するものもあります。いずれの場合も、製品を市販する前に当該製品がこれらの規則に準拠していることを証明し、製品のテクニカルファイルに記載しなければなりません。準拠の証明は、認証機関(CB)のテストレポート、CBの認証書、全米公認試験所のリスティングレポート、電磁適合性および連邦通信委員会(FCC)のテストレポートなどの形式で示されます。該当するすべての規制に機器が適合していることを迅速に証明するために、顧客、当局および監査者が同じようにこのテクニカルファイルを利用できるようにする必要があります。

電気・電子機器に適用されるグローバルの規制要件に関する詳細については、Intertek試験サービスのコンプライアンスパートナーをご覧ください。 

ログインして続行

続きを確認するには、ログインするか、新規登録が必要です。

アカウントをお持ちではありませんか?