製品ラベルに関して

GHS対応製品ラベル

製品ラベルは、製品に関して完全かつ最新の情報を表示するよう作成されています。必要なときに必要な場所で、情報を入手できます。

製品ラベルには以下のような情報が記載されています。

  • 製品の名称および説明
  • 健康および安全性に対する危険有害性情報
  • さまざまな製品タイプのロット別分析データ
  • 危険有害性についてわかりやすい絵表示
  • 有用な参考データ、CAS(ケミカル・アブストラクト・サービス)番号、化学式
Sigma製品ラベルに関して

図1.Sigma製品ラベルに関して

  1. 製品名
  2. 製品番号
  3. サイズ:事前計量に基づき重量が記載されている場合を除き、パッケージには、少なくとも含まれる量が記載されており、通常はそれ以上の量が含まれています。一部の商品については、梱包時の実数量も記載しています。ご使用に際しては、必ず容器から必要な量を測定する必要があります。
  4. その他の製品固有の情報および名称
  5. ロット番号
  6. 注文番号
  7. 必要に応じて、言語コード、注意喚起語、危険有害性情報、注意書き
  8. GHS絵表示ひし形の表示はあるが、製品に適用される追加の危険有害性シンボルがない場合に「NO GHS SYMBOL」が使用されます。
  9. 名称のない製品の識別番号
  10. 保管温度
  11. 製品番号とロット番号を含むデータマトリックスバーコード
  12. 製品安全データシートは入手可能です:この製品の安全データシートは入手可能です。
  13. 製品の免責事項および商標情報(該当する場合)
  14. お問い合わせ先
  15. 製造国

製品ラベルに関して

Hazcom 1994、EU指令67/548/EC、および1999/48/EC対応ラベル

図 2.Hazcom 1994、EU指令67/548/EC、および1999/48/EC対応ラベル

  1. 製品の名称および説明
  2. 製品番号
  3. その他の詳細情報
  4. 推奨される取扱いおよび保管:表示されている保管温度は、製品の長期保管のための温度です。製品は、品質を確保しながら輸送コストを削減するため、異なる条件で出荷される場合があります。
  5. 危険有害性情報:危険の表示。
  6. ロット分析:当該ロットの活性、純度、水和度などのデータ。
  7. サイズ:事前計量に基づき重量が記載されている場合を除き、パッケージには、少なくとも含まれる量が記載されており、通常はそれ以上の量が含まれています。一部の商品については、梱包時の実数量も記載しています。ご使用に際しては、必ず容器から必要な量を測定する必要があります。
  8. ロット番号
  9. 危険有害性の絵表示:本製品の使用に伴う安全上の危険有害性が一目で分かるよう表示されています。
  10. 危険有害性に関するその他の詳細情報:実際の危険性、取り扱い上の注意点、緊急時の管理手順などをより詳細に説明しています。
  11. CAS番号:ケミカルアブストラクトサービス(CAS)番号がわかっている場合は表示されます。CAS番号は、その化学品をどのように定義するかによって異なります。最大限、最も具体的なCAS番号を提供するよう努めています。混合物または溶液にCAS番号が記載されている場合、通常、メインのラベル名に記載されている溶質または成分のCAS番号です。
  12. 化学式および式量:式中に水和物水について記載されている場合を除き、式中の重量は無水物の重量です。
  13. 危険性および安全性に関する情報:複数の言語で表示されます。
  14. 製品安全データシートは入手可能です:この製品の安全データシートは入手可能です。
  15. EC番号:EC番号(EINECSまたはELINCS)。EINECS番号のない製品には、警告文「Caution:Substance Not Yet Fully Tested(注意:この物質は十分に試験されていません)」
67/548/EC対応の絵表示

67/548/EC対応の絵表示