Merck

193453

Sigma-Aldrich

1,3-ジメチル-2-イミダゾリジノン

reagent grade

ログイン組織・契約価格を表示する

別名:
N,N′-ジメチルエチレン尿素, DMEU, DMI
実験式(ヒル表記法):
C5H10N2O
CAS番号:
分子量:
114.15
Beilstein:
108808
EC Number:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.22

グレード

reagent grade

品質水準

形状

liquid

屈折率

n20/D 1.472 (lit.)

bp

224-226 °C (lit.)

溶解性

toluene: soluble(lit.)
water: miscible

密度

1.056 g/mL at 25 °C (lit.)

SMILES記法

CN1CCN(C)C1=O

InChI

1S/C5H10N2O/c1-6-3-4-7(2)5(6)8/h3-4H2,1-2H3

InChI Key

CYSGHNMQYZDMIA-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

関連するカテゴリー

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
4072740725I601
vibrant-m

I601

2-イミダゾリドン

Quality Level

200

Quality Level

200

Quality Level

200

Quality Level

200

refractive index

n20/D 1.472 (lit.)

refractive index

n20/D 1.472 (lit.)

refractive index

n20/D 1.472 (lit.)

refractive index

-

form

liquid

form

liquid

form

liquid

form

-

density

1.056 g/mL at 25 °C (lit.)

density

1.056 g/mL at 25 °C (lit.)

density

1.056 g/mL at 25 °C (lit.)

density

-

bp

224-226 °C (lit.)

bp

224-226 °C (lit.)

bp

224-226 °C (lit.)

bp

-

詳細

1,3-ジメチル-2-イミダゾリジノンはセルロースのサイズ排除クロマトグラフ分析において移動相に使用されます

アプリケーション

1,3-ジメチル-2-イミダゾリジノンは1,2-ビス(トリメチルシリル)ベンゼンの合成において毒性のあるHMPAの代替溶媒として使用されました。イミンのα位置選択的プレニル化における溶媒として使用されました

その他情報

さまざまな合成有機変換に使用される溶媒です。アリールシランから光化学的に生成される、機能的に安定化されたヒドロシランジイル-遷移金属錯体の生成について研究されています。

ピクトグラム

CorrosionExclamation markHealth hazard

シグナルワード

Danger

危険有害性情報

危険有害性の分類

Acute Tox. 4 Oral - Eye Dam. 1 - Repr. 2

保管分類コード

10 - Combustible liquids

WGK

WGK 2

引火点(°F)

219.2 °F - closed cup

引火点(℃)

104 °C - closed cup

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Faceshields, Gloves, type ABEK (EN14387) respirator filter


適用法令

試験研究用途を考慮した関連法令を主に挙げております。化学物質以外については、一部の情報のみ提供しています。 製品を安全かつ合法的に使用することは、使用者の義務です。最新情報により修正される場合があります。WEBの反映には時間を要することがあるため、適宜SDSをご参照ください。

消防法

第4類:引火性液体
第三石油類
危険等級III
非水溶性液体


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

SEC-MALLS analysis of cellulose using LiCl/1, 3-dimethyl-2-imidazolidinone as an eluent.
Yanagisawa M, et al.
Cellulose, 11(2), 169-176 (2004)
Tsugio Kitamura et al.
The Journal of organic chemistry, 78(7), 3421-3424 (2013-03-20)
A practical and safe synthesis of 1,2-bis(trimethylsilyl)benzene from 1,2-dichlorobenzene and Me3SiCl was achieved by use of a hybrid metal of Mg and CuCl in the presence of LiCl in 1,3-dimethyl-2-imidazolidinone (DMI). This method does not require a toxic HMPA, provides
Li-Ming Zhao et al.
Organic letters, 14(3), 886-889 (2012-01-24)
A highly α-regioselective prenylation of imines has been successfully developed. The efficiency of this approach is confirmed by a wide range of imines including N- and C-aryl aldimines, N-alkyl aldimines, C-alkyl aldimines, and N- and C-aryl ketimines. The approach uses
K Krüger et al.
Scandinavian journal of medicine & science in sports, 25(3), e283-e291 (2014-09-30)
Different types of exercise are characterized by the ability to induce specific physiological stimuli that might be able to induce the mobilization of progenitor cells. The aim of the current study was to investigate the mobilization of hematopoietic progenitor cells
Yolanda T Chong et al.
Cell, 161(6), 1413-1424 (2015-06-06)
Proteomics has proved invaluable in generating large-scale quantitative data; however, the development of systems approaches for examining the proteome in vivo has lagged behind. To evaluate protein abundance and localization on a proteome scale, we exploited the yeast GFP-fusion collection

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先