Merck

40727

Sigma-Aldrich

1,3-ジメチル-2-イミダゾリジノン

≥99.0% (GC)

ログイン組織・契約価格を表示する

別名:
N,N′-ジメチルエチレン尿素, DMEU, DMI
実験式(ヒル表記法):
C5H10N2O
CAS番号:
分子量:
114.15
Beilstein:
108808
EC Number:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.22

品質水準

アッセイ

≥99.0% (GC)

形状

liquid

屈折率

n20/D 1.472 (lit.)

bp

224-226 °C (lit.)

溶解性

toluene: soluble(lit.)
water: miscible

密度

1.056 g/mL at 25 °C (lit.)

SMILES記法

CN1CCN(C)C1=O

InChI

1S/C5H10N2O/c1-6-3-4-7(2)5(6)8/h3-4H2,1-2H3

InChI Key

CYSGHNMQYZDMIA-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

関連するカテゴリー

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
4072519345341661
solubility

toluene: soluble(lit.), water: miscible

solubility

toluene: soluble(lit.), water: miscible

solubility

toluene: soluble(lit.), water: miscible

solubility

-

assay

≥99.0% (GC)

assay

≥99.5% (GC)

assay

-

assay

≥99.0% (GC)

form

liquid

form

liquid

form

liquid

form

liquid

density

1.056 g/mL at 25 °C (lit.)

density

1.056 g/mL at 25 °C (lit.)

density

1.056 g/mL at 25 °C (lit.)

density

1.06 g/mL at 25 °C (lit.)

refractive index

n20/D 1.472 (lit.)

refractive index

n20/D 1.472 (lit.)

refractive index

n20/D 1.472 (lit.)

refractive index

n20/D 1.488 (lit.), n20/D 1.489

詳細

1,3-ジメチル-2-イミダゾリジノン(DMI)は、イミダゾリジン誘導体です。DMIは、ジアルキル化副産物の生成を最小限に抑え、γ-ブチロラクトンのモノアルキル化を加速することで、促進剤として作用することが報告されています。DMIを溶媒として触媒による均一な水素化を行うことでCO2を下級アルコールに転換することが研究されています。

アプリケーション

1,3-ジメチル-2-イミダゾリジノンには次の用途があります:
  • 1,2-ビス(トリメチルシリル)ベンゼンの合成において、ヘキサメチルリン酸トリアミド(HMPA)の置換溶媒として。
  • イミンのα-位置選択的プレニル化に使用する溶媒として。
  • セルロースのサイズ排除クロマトグラフィー分析の移動相成分として。

その他情報

さまざまな合成有機変換に使用される溶媒です。アリールシランから光化学的に生成される、機能的に安定化されたヒドロシランジイル-遷移金属錯体の生成について研究されています。

ピクトグラム

CorrosionExclamation markHealth hazard

シグナルワード

Danger

危険有害性情報

危険有害性の分類

Acute Tox. 4 Oral - Eye Dam. 1 - Repr. 2

保管分類コード

10 - Combustible liquids

WGK

WGK 2

引火点(°F)

219.2 °F - closed cup

引火点(℃)

104 °C - closed cup

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Faceshields, Gloves, type ABEK (EN14387) respirator filter


適用法令

試験研究用途を考慮した関連法令を主に挙げております。化学物質以外については、一部の情報のみ提供しています。 製品を安全かつ合法的に使用することは、使用者の義務です。最新情報により修正される場合があります。WEBの反映には時間を要することがあるため、適宜SDSをご参照ください。

消防法

第4類:引火性液体
第三石油類
危険等級III
非水溶性液体


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

Case Study of a γ-Butyrolactone Alkylation with 1,3-Dimethyl-2-imidazolidinone as a Promoter.
Li B, et al.
Organic Process Research & Development, 5(6), 609-611 (2001)
Highly selective hydrogenation of CO2 into C2+ alcohols by homogeneous catalysis.
Qian Q, et al.
Chemical Science, 6(10), 5685-5689 (2015)
Tsugio Kitamura et al.
The Journal of organic chemistry, 78(7), 3421-3424 (2013-03-20)
A practical and safe synthesis of 1,2-bis(trimethylsilyl)benzene from 1,2-dichlorobenzene and Me3SiCl was achieved by use of a hybrid metal of Mg and CuCl in the presence of LiCl in 1,3-dimethyl-2-imidazolidinone (DMI). This method does not require a toxic HMPA, provides
Li-Ming Zhao et al.
Organic letters, 14(3), 886-889 (2012-01-24)
A highly α-regioselective prenylation of imines has been successfully developed. The efficiency of this approach is confirmed by a wide range of imines including N- and C-aryl aldimines, N-alkyl aldimines, C-alkyl aldimines, and N- and C-aryl ketimines. The approach uses
SEC-MALLS analysis of cellulose using LiCl/1, 3-dimethyl-2-imidazolidinone as an eluent.
Yanagisawa M, et al.
Cellulose, 11(2), 169-176 (2004)

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先