Merck

703192

Sigma-Aldrich

酸化インジウムすずコートガラススライド、正方形

surface resistivity 8-12 Ω/sq

ログイン組織・契約価格を表示する

別名:
ITO, ITO被覆スライド、正方形
化学式:
In2O3 · (SnO2)x
CAS番号:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.23

詳細

slide

品質水準

表面抵抗

8-12 Ω/sq

L × W ×厚み

25 mm × 25 mm × 1.1 mm

透過率

84% (nominal at 550nm)

屈折率

n20/D 1.517

SMILES記法

O=[Sn]=O.O=[In]O[In]=O

InChI

1S/2In.5O.Sn

InChI Key

LNNWKAUHKIHCKO-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
700460578274636916
酸化インジウムスズ、分散液 <100 nm particle size (DLS), 30 wt. % in isopropanol

700460

酸化インジウムスズ、分散液

surface resistivity

8-12 Ω/sq

surface resistivity

-

surface resistivity

8-12 Ω/sq

surface resistivity

15-25 Ω/sq

L × W × thickness

25 mm × 25 mm × 1.1 mm

L × W × thickness

-

L × W × thickness

75 mm × 25 mm × 1.1 mm

L × W × thickness

75 mm × 25 mm × 1.1 mm

transmittance

84% (nominal at 550nm)

transmittance

-

transmittance

>83%

transmittance

>78%

refractive index

n20/D 1.517

refractive index

-

refractive index

n20/D 1.517 (lit.)

refractive index

n20/D 1.517 (lit.)

Quality Level

100

Quality Level

200

Quality Level

100

Quality Level

100

詳細

基質:未研磨フロートガラス、SiO2薄膜(200~300 Å)コーティング保護済み
酸化インジウムスズ(ITO)は透明な伝導性酸化物として広く用いられています。主な特徴として電気伝導性、光学的透明性および膜であるため廃棄が容易である、などがあります。

アプリケーション

ITOガラススライドは、高分子半導体と有機発光ダイオード(OLEDS)のブレンドに基づいた高分子太陽電池製造のための基盤として用いられました。ITO基盤はまた、基板の表面をプリンティングツールでエッチングすることにより透明なヒーター配列をデザインすることに用いることができます。ITO被覆スライドはクローズ型マイクロ流体素子およびディスプレイおよび他の光電子デバイス中の透明電極として用いられることがあります。その他に可能性のある用途として報告があるのは:
  • ITO被覆ガラス基板上でのユーメラニン試料の調製。
  • 光学ビーム偏向(OBD)検出のための液体セルのインターフェイスウインドウは厚さ20 nmの酸化インジウムスズ膜を含みます
  • メソ多孔性TiO2膜はITO伝導性ガラス上に形成されます。

物性

ITOコーティングの厚さは1,200~1,600 Åです。

保管分類コード

13 - Non Combustible Solids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

dust mask type N95 (US), Eyeshields, Gloves


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

Keith A Brown et al.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 110(32), 12921-12924 (2013-07-19)
Scanning probe lithography (SPL) is a promising candidate approach for desktop nanofabrication, but trade-offs in throughput, cost, and resolution have limited its application. The recent development of cantilever-free scanning probe arrays has allowed researchers to define nanoscale patterns in a
Myungjae Yang et al.
Small (Weinheim an der Bergstrasse, Germany), 14(25), e1800885-e1800885 (2018-05-29)
A method is developed to directly map nanoscale "noise-source switching" phenomena during the optoelectronic switching of phase-separated polymer nanocomposites of tetrathiafulvalene (TTF) and phenyl-C61 -butyric acid methyl ester (PCBM) molecules dispersed in a polystyrene (PS) matrix. In the method, electrical
Online coupling of digital microfluidic devices with mass spectrometry detection using an eductor with electrospray ionization.
Baker CA and Roper MG
Analytical Chemistry, 2955-2960 (2012)
Preparation of non-annealed anatase TiO< sub> 2</sub> film on ITO substrate by anodizing in hot phosphate/glycerol electrolyte for dye-sensitized solar cells.
Tsuji E, et al.
Materials Letters, 91, 39-41 (2013)
High-resolution frequency-modulation atomic force microscopy in liquids using electrostatic excitation method.
Umeda K, et al.
Applied Physics Express, 3(6), 065205-065205 (2010)

資料

Organic Semiconductor Laser Materials

九州大学 安達先生に有機半導体レーザー材料についてレビューしていただきました。有機ELデバイスが実用化を迎え、その技術を発展させた次世代デバイスとして有機半導体レーザーダイオードの実現が期待されています。

Professor Shinar (Iowa State University, USA) summarizes the developments of a variety of sensor configurations based on organic and hybrid electronics, as low-cost, disposable, non-invasive, wearable bioelectronics for healthcare.

Shinar教授(米国アイオワ州立大学)が、低コストで使い捨て可能な非侵襲的ウェアラブルバイオエレクトロニクスとしての、有機およびハイブリッド型エレクトロニクスを利用した多種多様なセンサー構成の発展について要約します。

すべて表示

プロトコル

Selenium's roles range from essential dietary element to semiconductor in advanced applications like xerography.

関連コンテンツ

軽量・フレキシブルで印刷プロセスが適用可能などの特徴をも有機薄膜太陽電池について、その開発の歴史と現状、有機薄膜太陽電池の発電メカニズム、有機薄膜太陽電池の素子作製法について紹介しています。

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先