Merck

P21005

Sigma-Aldrich

4-フェニル酪酸

99%

ログイン組織・契約価格を表示する

別名:
γ-Phenylbutanoic acid, ψ-Phenylbutanoic acid, 4-Phenyl-n-butyric acid, 4-Phenylbutanoic acid, Benzenebutyric acid
化学式:
C6H5(CH2)3COOH
CAS番号:
分子量:
164.20
Beilstein:
638180
EC Number:
MDL番号:
PubChem Substance ID:
NACRES:
NA.22

品質水準

アッセイ

99%

形状

crystals

bp

165 °C/10 mmHg (lit.)

mp

49-51 °C (lit.)

SMILES記法

OC(=O)CCCc1ccccc1

InChI

1S/C10H12O2/c11-10(12)8-4-7-9-5-2-1-3-6-9/h1-3,5-6H,4,7-8H2,(H,11,12)

InChI Key

OBKXEAXTFZPCHS-UHFFFAOYSA-N

類似した製品をお探しですか? Visit 製品比較ガイド

関連するカテゴリー

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
279889P20955116807
4-フェニル酪酸 99%

P21005

4-フェニル酪酸

(S)-(+)-2-フェニル酪酸 99%

279889

(S)-(+)-2-フェニル酪酸

2-Phenylbutyric acid 98%

P20955

2-Phenylbutyric acid

3-フェニル酪酸 98%

116807

3-フェニル酪酸

form

crystals

form

-

form

crystals

form

solid

mp

49-51 °C (lit.)

mp

-

mp

39-42 °C (lit.)

mp

35-38 °C (lit.)

bp

165 °C/10 mmHg (lit.)

bp

98-100 °C/0.3 mmHg (lit.)

bp

270-272 °C (lit.)

bp

170-172 °C/20 mmHg (lit.)

詳細

4-フェニル酪酸(4-PBA)は、尿素サイクル異常症の治療に使用されます。

アプリケーション

4-PBAは、小胞体ストレス(ERS)の選択的阻害剤として使用されています
。本化合物は、以下の合成の反応物としても使用することができます:
  • ルイス酸触媒を使用した1-テトラロン。
  • 4,N-ジフェニルブチルアミド。

保管分類コード

11 - Combustible Solids

WGK

WGK 3

引火点(°F)

Not applicable

引火点(℃)

Not applicable

個人用保護具 (PPE)

Eyeshields, Gloves, type N95 (US)


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

この製品を見ている人はこちらもチェック

Slide 1 of 7

1 of 7

Retro-2 ≥98% (HPLC)

Sigma-Aldrich

SML1085

Retro-2

4-PHENYLBUTANOYL CHLORIDE AldrichCPR

PH000271

4-PHENYLBUTANOYL CHLORIDE

DBeQ ≥98% (HPLC)

Sigma-Aldrich

SML0031

DBeQ

3-フェニル酪酸 98%

Sigma-Aldrich

116807

3-フェニル酪酸

2-Phenylbutyric acid 98%

Sigma-Aldrich

P20955

2-Phenylbutyric acid

methyl 4-phenylbutanoate AldrichCPR

PH010421

methyl 4-phenylbutanoate

タプシガルギン ≥98% (HPLC), solid film

Sigma-Aldrich

T9033

タプシガルギン

Induction of apoptosis coupled to endoplasmic reticulum stress through regulation of CHOP and JNK in bone marrow mesenchymal stem cells from patients with systemic lupus erythematosus
Guo G, et al.
Journal of immunology research (2015)
Clean, reusable and low cost heterogeneous catalyst for amide synthesis
Comerford JW, et al.
Chemical Communications (Cambridge, England), 18(21), 2562-2564 (2009)
Synthesis of 1-tetralones by intramolecular Friedel?Crafts reaction of 4-arylbutyric acids using Lewis acid catalysts
Cui DM, et al.
Tetrahedron Letters, 44(21), 4007-4010 (2003)
The therapeutic effects of 4-phenylbutyric acid in maintaining proteostasis.
Kolb PS, et al.
The International Journal of Biochemistry & Cell Biology, 61, 45-52 (2015)
Yu-Yang Ma et al.
Acta pharmacologica Sinica, 41(3), 404-414 (2019-11-09)
Xanthatin is a natural sesquiterpene lactone purified from Xanthium strumarium L., which has shown prominent antitumor activity against a variety of cancer cells. In the current study, we investigated the effect of xanthatin on the growth of glioma cells in

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先