Merck

852758C

Avanti

C18(Plasm)-18:1 PE

Avanti Polar Lipids

ログイン組織・契約価格を表示する

別名:
1-O-1′-(Z)-オクタデセニル-2--(9Z-オクタデセノイル)-sn-グリセロ-3-ホスホエタノールアミン、GPEtn(18:0p/18:1(9Z))、110645
実験式(ヒル表記法):
C41H80NO7P
CAS番号:
分子量:
730.05
NACRES:
NA.25

詳細

1-(1Z-octadecenyl)-2-oleoyl-sn-glycero-3-phosphoethanolamine, chloroform

アッセイ

>99% (TLC)

形状

liquid

包装

pkg of 1 × 5 mL (852758C-10mg)
pkg of 1 × 5 mL (852758C-5mg)

メーカー/製品名

Avanti Polar Lipids

濃度

1 mg/mL (852758C-5mg)
2 mg/mL (852758C-10mg)

脂質タイプ

phospholipids
cardiolipins

輸送温度

dry ice

保管温度

−20°C

SMILES記法

[O-]P(OCC[NH3+])(OC[C@]([H])(OC(CCCCCCC/C=C\CCCCCCCC)=O)CO/C=C\CCCCCCCCCCCCCCCC)=O

類似品目との比較

比較内容をすべて表示

相違点を表示

1 of 4

当該品目
852467C852758P850715P
C18(Plasm)-18:1 PE Avanti Polar Lipids

852758C

C18(Plasm)-18:1 PE

C18(Plasm)-18:1 PC Avanti Polar Lipids

852467C

C18(Plasm)-18:1 PC

C18(Plasm)-18:1 PE 1-(1Z-octadecenyl)-2-oleoyl-sn-glycero-3-phosphoethanolamine, powder

852758P

C18(Plasm)-18:1 PE

18:0 PE Avanti Polar Lipids

850715P

18:0 PE

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

storage temp.

−20°C

shipped in

dry ice

shipped in

dry ice

shipped in

dry ice

shipped in

dry ice

packaging

pkg of 1 × 5 mL (852758C-10mg), pkg of 1 × 5 mL (852758C-5mg)

packaging

pkg of 1 × 5 mL (852467C-10mg), pkg of 1 × 5 mL (852467C-25mg), pkg of 1 × 5 mL (852467C-5mg)

packaging

pkg of 1 × 10 mg (852758P-10mg), pkg of 1 × 5 mg (852758P-5mg)

packaging

pkg of 1 × 1 g (850715P-1g), pkg of 1 × 200 mg (850715P-200mg), pkg of 1 × 25 mg (850715P-25mg), pkg of 1 × 500 mg (850715P-500mg)

form

liquid

form

liquid

form

powder

form

powder

concentration

1 mg/mL (852758C-5mg), 2 mg/mL (852758C-10mg)

concentration

1 mg/mL (852467C-5mg), 2 mg/mL (852467C-10mg), 5 mg/mL (852467C-25mg)

concentration

-

concentration

-

詳細

ホスファチジルエタノールアミンはアミノリン脂質です。真核細胞と原核細胞に存在しています。 ホスファチジルエタノールアミンは、生体膜中で最も存在量の多いグリセロリン酸の1つです。 神経組織に存在しています。

アプリケーション

C18(Plasm)-18:1 PEは、液体クロマトグラフィー-質量分析(LC-MS)の最適化において液体標準品として使用されています。

生物化学的/生理学的作用

ホスファチジルエタノールアミンは純粋な脂質構造を形成し、 それが真核細胞において膜流動性を制御します。 ホスファチジルエタノールアミンは、オートファジー、細胞分裂、およびタンパク質フォールディングで重要な役割を果たします。さまざまなタンパク質修飾の合成の前駆体として機能します。ホスファチジルエタノールアミンは、グリセロリン脂質クラスの合成の中間体として機能します。

包装

30 mL琥珀色小口ガラス瓶、スクリューカップ付き(852758C-10mg)
30 mL琥珀色小口ガラス瓶、スクリューカップ付き(852758C-5mg)

よく一緒に購入される製品

製品番号
詳細
価格

ピクトグラム

Skull and crossbonesHealth hazard

シグナルワード

Danger

危険有害性の分類

Acute Tox. 3 Inhalation - Acute Tox. 4 Oral - Carc. 2 - Eye Irrit. 2 - Repr. 2 - Skin Irrit. 2 - STOT RE 1 Oral - STOT SE 3

ターゲットの組織

Respiratory system

保管分類コード

6.1D - Non-combustible, acute toxic Cat.3 / toxic hazardous materials or hazardous materials causing chronic effects

WGK

WGK 3

引火点(°F)

does not flash

引火点(℃)

does not flash


適用法令

試験研究用途を考慮した関連法令を主に挙げております。化学物質以外については、一部の情報のみ提供しています。 製品を安全かつ合法的に使用することは、使用者の義務です。最新情報により修正される場合があります。WEBの反映には時間を要することがあるため、適宜SDSをご参照ください。

ISHL Indicated Name

名称等を表示すべき危険物及び有害物

ISHL Notified Names

名称等を通知すべき危険物及び有害物

JAN Code

852758C-5MG:4.548174018361E12
852758C-10MG:4.548174018354E12


試験成績書(COA)

製品のロット番号・バッチ番号を入力して、試験成績書(COA) を検索できます。ロット番号・バッチ番号は、製品ラベルに「Lot」または「Batch」に続いて記載されています。

以前この製品を購入いただいたことがある場合

過去にご購入いただいた製品に関する文書は、文書ライブラリにまとめられています。是非ご利用ください。

文書ライブラリにアクセスする

製品・ロット/バッチ番号の検索

ウェブサイトの表示では、製品番号に容量/数量が連結しています(例:T1503-25G)。確認してください 製品番号欄には製品番号のみを入力してください (: T1503).

T1503
製品番号
-
25G
容量/数量

その他の例:

705578-5MG-PW

PL860-CGA/SHF-1EA

MMYOMAG-74K-13

1000309185

以下のように入力してください 1.000309185)

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいテクニカルサービス お問い合わせ

ロット番号とバッチ番号は、製品ラベルで「Lot」または「Batch」の言葉に続いて記載されています。

Aldrich製品

  • もしTO09019TOなどのロット番号を見つけた場合は、最初の2文字を除いたロット番号09019TOを入力します。

  • もし05427ES-021などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードの-021を除いたロット番号05427ESを入力します。

  • もしSTBB0728K9などの充てんコード付きロット番号を見つけた場合は、充てんコードのK9を除いたロット番号STBB0728を入力します。

お探しのものが見つかりませんか?

オンラインでCOAを入手できない場合があります。検索してもCOAが見つからない場合は、リクエストできます。

COAをリクエストする

An Introduction to Biological Membranes: Composition, Structure and Function (2016)
The Membranes of Cells (2016)
Geoffrey P Noble et al.
Biochemistry, 54(5), 1180-1187 (2015-01-15)
Misfolding of the prion protein (PrP) plays a central role in the pathogenesis of infectious, sporadic, and inherited prion diseases. Here we use a chemically defined prion propagation system to study misfolding of the pathogenic PrP mutant D177N in vitro.
Nathan R Deleault et al.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 109(28), E1938-E1946 (2012-06-20)
Prions containing misfolded prion protein (PrP(Sc)) can be formed with cofactor molecules using the technique of serial protein misfolding cyclic amplification. However, it remains unknown whether cofactors materially participate in maintaining prion conformation and infectious properties. Here we show that
Fozia Saleem et al.
Prion, 8(2) (2014-05-14)
The conformational conversion of the cellular prion protein (PrP(C)) to the β-rich infectious isoform PrP(Sc) is considered a critical and central feature in prion pathology. Although PrP(Sc) is the critical component of the infectious agent, as proposed in the "protein-only"

ライフサイエンス、有機合成、材料科学、クロマトグラフィー、分析など、あらゆる分野の研究に経験のあるメンバーがおります。.

テクニカルサービス連絡先